トップページ > 公募新人賞一覧 > B-PRINCE文庫 新人大賞

B-PRINCE文庫 新人大賞

B-PRINCE文庫 新人大賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第3回2012年(応募総数:227)

小説大賞

優秀賞

奨励賞

奨励賞

奨励賞

第2回2011年(応募総数:223)

小説大賞

モバイル大賞

努力賞

奨励賞

第1回2010年(応募総数:340)

小説大賞

モバイル大賞

努力賞

奨励賞

奨励賞

奨励賞

奨励賞

B-PRINCE文庫 新人大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.8.22 「文藝」創刊号以来86年ぶり異例の3刷 韓国文学に集まる注目

    日韓関係が冷え込む中、日韓の作家の短編競作や対談などを掲載した河出書房新社の季刊文芸誌「文藝2019年秋号」が昭和8年の創刊号以来86年ぶりに2度の緊急増刷をした。同号では「韓国・フェミニズム・日本」を特集。韓国文学界で注目が集まるフェミニズムに焦点を当て、日本文学とのつながりを探っている。韓国文学ブームやフェミニズムへの関心の高まりがヒットの背景にあるとみられる。

  • 2019.8.5 【今週はこれを読め! ミステリー編】麻薬戦争の真の敵に直面する『ザ・ボーダー』

    いつも怒っている。

  • 2019.7.27 作家の読書道 第208回:葉真中顕さん

    日本ミステリー大賞を受賞したデビュー作『ロスト・ケア』でいきなり注目を浴び、今年は『凍てつく太陽』で大藪春彦賞と日本推理作家協会賞を受賞した葉真中顕さん。社会派と呼ばれる作品を中心に幅広く執筆、読書遍歴を聞けば、その作風がどのように形成されてきたかがよく分かります。デビュー前のブログ執筆や児童文学を発表した経緯のお話も。必読です。

B-PRINCE文庫 新人大賞関連つぶやき

inoue_haruo『デンパ男とオトメ野郎』第8回B-PRINCE文庫新人賞小説大賞を受賞したやつ。恋愛に臆病でビッチを演じる鑑識員とスパダリ要素たっぷりなのに天然でぼけてる警察官僚の三十過ぎた男ふたりのお話。初では2010年くらいに書いた『KEE… https://t.co/7JcOU23oEM
mimiko_nohara発売開始されました!健気わんこ甥っ子×偏屈美人の叔父第5回B-PRINCE文庫新人大賞 優秀賞作品の加筆修正版です。ご興味ある方は、是非読んで頂けると嬉しいですそして何か思われましたらレビュー頂けると泣くほど喜びます…… https://t.co/DXXJuEX2Mn
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)