トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 宮下奈都

宮下奈都

宮下奈都さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

宮下 奈都(みやした なつ、1967年 - )は日本の小説家。福井県福井市生まれ。福井県立高志高等学校卒業。上智大学文学部哲学科卒業。2004年、3人目の子供を妊娠中に執筆した「静かな雨」が第98回文學界新人賞佳作に入選し、小説家デビュー。2010年、「よろこびの歌」が第26回坪田譲治文学賞の候補となる。2012年、『誰かが足りない』が第9回本屋大賞で第7位を受賞する。2013年より1年間、北海道新得町に家族5人で山村留学を経験。2016年、『羊と鋼の森』で第154回直木三十五賞候補、第13回本屋大賞受賞。幼い頃に読んだ本で、特に好きだったものは、佐藤さとる『だれも知らない小さな国』だという。
=
*『スコーレNo.4』(2007年1月、光文社 ISBN 9784334925321 光文社文庫 ISBN 9784334746780)書き下ろし
*『遠くの声に耳を澄ませて』(2009年3月、新潮社 ISBN 9784103139614 新潮文庫 ISBN 9784101384313)
**「旅」新潮社 連載
*『よろこびの歌』(2009年10月、実業之日本社 ISBN 9784408535609)
**「月刊ジェイ・ノベル」実業之日本社 2007/11 - 2009/9 不定期連載
*『太陽のパスタ、豆のスープ』(2010年1月、集英社 ISBN 9784087713329)
**「青春と読書」集英社 2008/6 - 2009 連載(連載時表題『ドリフターズ・リスト』)
*『田舎の紳士服店のモデルの妻』(2010年10月、文藝春秋 ISBN 9784163297101)
**「別冊文藝春秋」2009/7 - 2010/5 連載
*『メロディ・フェア』(2011年1月、ポプラ社 ISBN 9784591122334)
**「asta」ポプラ社 2009年10月号 - 2010年8月号連載
*『誰かが足りない』(2011年10月、双葉社 ISBN 9784575237412)
**「小説推理」双葉社 2010/12 - 2011/8 隔月連載
*『窓の向こうのガーシュウィン』(2012年5月、集英社 ISBN 9784087714500)
**「小説すばる」集英社 2011/1 - 2012/2 連載
*『つむじダブル』小路幸也との共著(2012年9月、ポプラ社 ISBN 9784591130698)
**「asta」ポプラ社 2011/8 - 2012/7 連載
*『終わらない歌』(2012年11月、実業之日本社 ISBN 9784408536156)
**「紡」実業之日本社 2011 Winter - 不定期連載
*『はじめからその話をすればよかった』(エッセイ集、2013年10月、実業之日本社 ISBN 9784408536323)
*『ふたつのしるし』(2014年9月、幻冬舎 ISBN 9784344026346)
**「GINGER L。」幻冬舎 9号(2011 Winter) - 15号(2014 Summer)連載
*『たった、それだけ』(2014年11月、双葉社 ISBN 9784575238808 )
*『神さまたちの遊ぶ庭』(エッセイ、2015年1月、光文社 ISBN 9784334978075 )
*『羊と鋼の森』(2015年9月、文藝春秋 ISBN 9784163902944)
*『静かな雨』(2016年12月、文藝春秋 ISBN 9784163905716)
**『文學界』文藝春秋2004年6月号所収

宮下奈都新刊

  • 発売日
    2017年4月11日
  • 書名
    ふたつのしるし (幻冬舎文庫)
  • 発売日
    2017年1月12日
  • 書名
    たった、それだけ (双葉文庫)

受賞歴

宮下奈都関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

宮下奈都関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

114kir@omk_margaret 音楽をテーマにした作品では、宮下奈都さんの「よろこびの歌」「終わらない歌」も好きです。こちらも、「この曲知ってたらなぁ
yoshida45スティーヴン・キング『書くことについて』(小学館文庫)を読了。自らの生い立ちと小説作法について語ったもの。こないだの宮下奈都さんと岸政彦さんとの対談と共通することが書いてあって面白かった。キングのファンはもちろん小説作法として良書。 https://t.co/0KAnukGTah
kuronekokum好きな作家、宮下奈都さんの小説「ふたつのしるし」を買いました。 https://t.co/0rQF0YwdHI
gentoshap宮下奈都 『ふたつのしるし』https://t.co/s7EkZrWcwd二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
mea4318@mea4318 「スコーレNo.4/宮下奈都」多分この歳で読んだからこそ、響いた作品なんだと思う。麻子と歳も近そうだからかな??特別派手な事件が起こる訳でもなく、緩やかに終わるんだけど不思議と心に残る作品。宮下先生は何でもない日常の描写が素敵。
AwardAuthorゆるされている。世界と調和している。それがどんなに素晴らしいことか。言葉で伝えきれないなら、音で表せるようになればいい。ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説。本屋大賞受賞作『羊と鋼の森』宮下奈都
oremurasawa宮下奈都『二つのしるし』アリの行列が面白かった。ただじっと眺めていると、風に吹かれて舞い上がってしまいそうな胸の中の何かが元の場所へ収まるよう感じた。奴も、ただ何かを 眺めている時がある。僕が失ってしまった何かを奴は大事に持っている。その何かを大事にしたいと思う。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
宮下奈都さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)