トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 蒼井上鷹

蒼井上鷹

蒼井上鷹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

蒼井 上鷹(あおい うえたか、1968年 - )は、日本の推理作家。千葉県生まれ。
大学を卒業した後、会社勤務を経て、執筆活動を開始する。2004年、短編「キリング・タイム」で第26回小説推理新人賞を受賞し、小説家デビューを果たす。2005年、短編「大松鮨の奇妙な客」が第58回日本推理作家協会賞短編部門の候補作に選ばれる。2008年、短編「堂場警部補とこぼれたミルク」が第61回日本推理作家協会賞短編部門で候補作に選ばれる。質の高い推理短編を書く作家としてその実力を認められている。
=
九杯目には早すぎる(2005年11月 フタバノベルス / 2009年2月 双葉文庫)
*収録作品:大松鮨の奇妙な客 / においます? / 私はこうしてデビューした / 清潔で明るい食卓 / タン・バタン! / 最後のメッセージ / 見えない線 / 九杯目には早すぎる / キリング・タイム
出られない五人 酩酊作家R・Hを巡るミステリー(2006年9月 祥伝社ノン・ノベル / 2010年10月 祥伝社文庫)
二枚舌は極楽へ行く(2006年10月 フタバノベルス / 2009年3月 双葉文庫)
*収録作品:野菜ジュースにソースを二滴 / 値段は五千万円 / 青空に黒雲ひとつ / 天職 / 世界で一つだけの / 待つ男 / 私のお気に入り / 冷たい水が背筋に / ラスト・セッション / 懐かしい思い出 / ミニモスは見ていた / 二枚舌は極楽へ行く
ハンプティ・ダンプティは塀の中(2006年12月 東京創元社ミステリ・フロンティア)
*収録作品:古書蒐集狂は罠の中 / コスプレ少女は窓の外 / 我慢大会は継続中 / アダムのママは雲の上 / 殺人予告日は二日前
俺が俺に殺されて(2007年6月 祥伝社ノン・ノベル / 2010年6月 祥伝社文庫)
ホームズのいない町 13のまだらな推理(2008年3月 フタバノベルス / 2011年6月 双葉文庫)
*収録作品:六本のナポレオン? / 被害者は二人 / あやしい一輪車乗り / ペット探偵帰る / 第二の空き地の冒険 / 赤い○ / 五つも時計を持つ男 / 吐く人 / 四つのサイン入り本 / 銀星ちゃんがいっぱい / まだらのひもで三kg / 覆面の依頼人 / もう一本の緋色の糸
まだ殺してやらない(2008年6月 講談社ノベルス)
最初に探偵が死んだ(2008年11月 実業之日本社ジョイ・ノベルス / 2011年8月 実業之日本社文庫)
これから自首します(2009年5月 祥伝社ノン・ノベル)
堂場警部補の挑戦(2010年2月 創元推理文庫)
*収録作品:堂場警部補とこぼれたミルク / 堂場巡査部長最大の事件 / 堂場刑事の多難な休日 / 堂場IV/切実
11人のトラップミス(2010年5月 フタバノベルス)
*【改題】ロスタイムに謎解きを(2014年5月 双葉文庫)
**収録作品:イエローカード / トラップミス / ハンド / オウンゴール / インターセプト / アシスト / フリーキック / ヘディング / ロスタイム / レッドカード / マノン
人生相談始めました(2010年11月 PHP研究所)
*【改題】人生相談は真夜中のバーで(2013年11月 PHP文芸文庫)
バツリスト(2010年12月 祥伝社)
4ページミステリー(2010年12月 双葉文庫)
あなたの猫、お預かりします(2013年6月 実業之日本社文庫)
「幽霊」が隣で聞いている(2013年10月 祥伝社)
4ページミステリー 60の奇妙な事件(2015年 3月 双葉文庫)
動物珈琲店ブレーメンの事件簿(2015年6月 実業之日本社文庫)

蒼井上鷹新刊

  • 発売日
    2019年2月13日
  • 書名
    殺しのコツ、教えます (双葉文庫)

受賞歴

蒼井上鷹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

蒼井上鷹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Munekyun_Novels「いや、ええと――大丈夫ですよ」 「何が『大丈夫』なんだよ。訳わかんねえこと言うな。それからそのキモい笑いも禁止」 峰は絶句した。【峰成之・八角/出られない五人/蒼井上鷹】
WildDrake「殺しのコツ、教えます」(蒼井上鷹)読みました。ミステリ好きも、これから好きになる人も楽しめる内容です。オススメ。 https://t.co/e0p6HxyKrA
1oocz三十代の頃は何もかもが上手くいっていた。乗りに乗っていた。周囲も協力的だった。殆ど疲れを知らなかった。飲み仲間だった蒼井上鷹さんがプロデビューし将来への見通しは明るかった。協力的でなかったのは親ぐらいのものだった。十年あまりが経過した。さあ、やろう。
nasupiyochan今年29冊目の読了本は蒼井上鷹さんの出られない五人。廃墟同好会と偽り廃ビルの地下に集まった五人。何故か六人に増え、死体が二体出てきた。こんな状況なのになぜ誰も外に出たがらないのか。 https://t.co/7OCoEoy8B9
Y_ao_M蒼井上鷹『殺しのコツ、教えます』ミステリー作家・世古氏が、行きつけの飲み屋で大学生バイト・ガク君に実践的なトリック談義を行う話。エピソードそのものも楽しめるけれど、古典ミステリー作品を使った解説がとても分かりやすく、解説本とし… https://t.co/zKOobUvpme
PHPeb【Kindleストア】 『人生相談は真夜中のバーで』(蒼井上鷹) https://t.co/Oh8ia0Xw1G 小さなショットバーを営むモーさん。常連客の身の上話にのるうちに人生相談を始めることに。思わぬ結末が後を引くユーモアミステリー。 #Kindleストア
sengaiakiyuki発売中の「本の雑誌」6月号の書評欄で、皆川博子『夜のアポロン』(早川書房)、酒本歩『幻の彼女』(光文社)、蒼井上鷹『殺しのコツ、教えます』(双葉文庫)、ひずき優『推定失踪 まだ失くしていない君を』(集英社オレンジ文庫)、(続く)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
蒼井上鷹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)