トップページ > 作家名一覧 > つから始まる作家名一覧 > 津村巧

津村巧

津村巧さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

津村 巧(つむら たくみ)は、日本の小説家、SF作家、推理作家。1970年代生まれ。千葉県出身。日本ホラー小説大賞や小松左京賞への応募歴がある。荻生亘名義で公募アンソロジー『本格推理』(光文社文庫)に短編が掲載される。2001年、SF長編小説『DOOMSDAY -審判の夜-』で講談社が主催する第22回メフィスト賞を受賞し、小説家デビューを果たす(投稿時の題名は『SURVIVOR - 生存者』)。北アメリカを転々とした後、デビュー当時は広島県に在住していた。
;単行本
DOOMSDAY -審判の夜- (講談社ノベルス、2001年9月)ISBN 978-4-06-182199-6
;短編
荻生亘(おぎう たかし/わたる)名義
*SNOW BOUND -雪上の足跡- (『本格推理10 独創の殺人鬼たち』鮎川哲也編、光文社文庫、1997年7月) - 公募アンソロジー
*DEATH OF A CROSS DRESSER -女装老人の死- (『本格推理12 盤上の散歩者たち』鮎川哲也編、光文社文庫、1998年7月) - 公募アンソロジー

受賞歴

メフィスト賞

第22回2001年

メフィスト賞

津村巧関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

津村巧関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hit4boy津村巧『DOOMSDAY』米国の地方都市に突然降り立った二体の異星人がひたすら住民たちを殺戮するというお話。次々にたおれていく人々には、悲惨さも感じなければ、破滅的な可笑しさも伝わりません。そもそも異星人の目的が想像がつくのですよね。https://t.co/wkg9nVzA3c
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
津村巧さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)