トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 沢村浩輔

沢村浩輔

沢村浩輔さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

沢村 浩輔(さわむら こうすけ、1967年 - )は、日本の小説家、推理作家。大阪府生まれ。阪南大学経済学部卒業。
2007年、短編「インディアン・サマー騒動記」(「夜の床屋」に改題)で東京創元社主催の第4回ミステリーズ!新人賞を受賞。受賞の前年には「『眠り姫』を売る男」で同賞の最終候補に残っている。これら2作を盛り込んだ連作短編集の『インディアン・サマー騒動記』(文庫化にあたり『夜の床屋』に改題)を2011年に刊行しデビューした。
寡作ながら、作品が本格ミステリ作家クラブ選の年刊アンソロジー『本格ミステリ09』に採用されるなど、その実力が評価されている。

受賞歴

沢村浩輔関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

沢村浩輔関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Izumi_Aizawaいやー、何とも不思議な読後感。タイトルからしてお仕事物のライトミステリーかと思ったら、全然違った表題作。...『夜の床屋 (創元推理文庫)』沢村 浩輔 https://t.co/vV2zvR4i4n
RYOJU0151#名刺代わりの小説10選アクロイド殺し / アガサクリスティ白砂 / 鏑木蓮夜の床屋 / 沢村浩輔いなくなれ、群青 / 河野裕その白さえ嘘だとしても / 河野裕ひきこもりの弟だった / 葦舟ナツ告白 / 湊かなえさ… https://t.co/v370wo47iM
takafamブログ更新しました: 街なかに潜む不思議な味わいの「謎」の短編集。(と思いきや・・) ー 沢村浩輔「夜の床屋」(創元推理文庫) https://t.co/PtU1A4ZfXp
book54854230沢村浩輔 夜の床屋7編から成る短編集という裏書すらもトリックの一部になっている秀逸なミステリ。最後の一編を読むまで、短編集だと思ってしまう。一編毎に一応の解決があるせいで、貫徹して横たわる大きな謎を見落としていることに気づかないまま最終章で感嘆した。
longeterrorist《3位》沢村浩輔「夜の床屋」ミステリばっかり読んでるとミステリを嗅ぎ分ける鼻が良くなり、知らない作家の普通っぽいタイトルの本でもピンとくるようになります 偶然手に取った本がおもしろいと嬉しさも倍余計な情報なしに読んでほしい作品 これがデビュー作とは!!#うん子読書2018
tokka16g『週末探偵』沢村浩輔読了前半は読んでて、ちょうどいいミステリ、、いや笑、人生が楽しくなる幸せのミステリ?って感じやなぁって思ったけど「夏の蝉」でおっ!となり、後半の予想外の展開にグイッと引き込まれた
patari66【読了】『夜の床屋 (創元推理文庫)』沢村 浩輔 ☆3 https://t.co/lek9fPXyHT #booklog
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
沢村浩輔さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)