トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 沢村浩輔

沢村浩輔

沢村浩輔さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

沢村 浩輔(さわむら こうすけ、1967年 - )は、日本の小説家、推理作家。大阪府生まれ。阪南大学経済学部卒業。
2007年、短編「インディアン・サマー騒動記」(「夜の床屋」に改題)で東京創元社主催の第4回ミステリーズ!新人賞を受賞。受賞の前年には「『眠り姫』を売る男」で同賞の最終候補に残っている。これら2作を盛り込んだ連作短編集の『インディアン・サマー騒動記』(文庫化にあたり『夜の床屋』に改題)を2011年に刊行しデビューした。
寡作ながら、作品が本格ミステリ作家クラブ選の年刊アンソロジー『本格ミステリ09』に採用されるなど、その実力が評価されている。

受賞歴

沢村浩輔関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

沢村浩輔関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ymst_sosaku「思った通り、ドッペルゲンガーが階段を上がってきたから、飛びかかってやった」長谷川くん(沢村浩輔『夜の床屋』創元推理文庫、2014)
mintocotoco夜の床屋/沢村浩輔(一冊ちゃんと朗読してみました) https://t.co/lfpqx8TnmI
re_vurgo沢村浩輔7月に文庫が出るって?うぇーい!買わなきゃ!( °∀°)この人の本ほんと好きだ。読みやすいし登場人物に好感持てる。雰囲気も良い。その前に北半球の南十字星読みたい。
BaddieBeagle東京創元社メールマガジンより7月予定文庫『世界推理短編傑作集1』江戸川乱歩編『晴れ時々、食品サンプル ほしがり探偵ユリオ』青柳碧人『海賊島の殺人』沢村浩輔『猫の姫、狩りをする 妖怪の子預かります6』廣嶋玲子『トリフィド時代【新訳版】』ジョン・ウィンダム/中村融
honzuki_jp背表紙の紹介文(「夜は空いてなかったのに、深夜に営業している床屋」)という内容のを読んで、日常の謎解きと思って読み始めたら…、構成の妙に驚かされる奇跡の連作短編集。 『夜の床屋/沢村浩輔/東京創元社』 https://t.co/oMPjrU37rV #本が好き
popopojazz沢村浩輔さんの「夜の床屋」を読んだ。ミステリ短編集でこんなに最後ワクワクしたのはいつ以来だろう。もっと読みたいなー。
sogen_bot@wada_syamugame 『夜の床屋』沢村浩輔/第四回ミステリーズ!新人賞受賞作収録、新鋭による不可思議でチャーミングな連作短編集。 https://t.co/z1F9MmaiFy
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
沢村浩輔さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)