トップページ > 作家名一覧 > さから始まる作家名一覧 > 沢村浩輔

沢村浩輔

沢村浩輔さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

沢村 浩輔(さわむら こうすけ、1967年 - )は、日本の小説家、推理作家。大阪府生まれ。阪南大学経済学部卒業。
2007年、短編「インディアン・サマー騒動記」(「夜の床屋」に改題)で東京創元社主催の第4回ミステリーズ!新人賞を受賞。受賞の前年には「『眠り姫』を売る男」で同賞の最終候補に残っている。これら2作を盛り込んだ連作短編集の『インディアン・サマー騒動記』(文庫化にあたり『夜の床屋』に改題)を2011年に刊行しデビューした。
寡作ながら、作品が本格ミステリ作家クラブ選の年刊アンソロジー『本格ミステリ09』に採用されるなど、その実力が評価されている。

沢村浩輔新刊

  • 発売日
    2018年7月13日
  • 書名
    海賊島の殺人 (創元推理文庫)
  • 発売日
    2018年7月12日
  • 書名
    海賊島の殺人 (創元推理文庫)

受賞歴

沢村浩輔関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

沢村浩輔関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

syu_seki沢村浩輔「海賊島の殺人」読了。購入してから三週間ほど寝かせてしまった。前半は宝探し、後半は殺人モノという変わった構成。外国名の小説を読むのが久しぶりだった上、登場人物が多かったため、慣れるまで時間がかかった。推理小説というより、ドラマや映画など映像向きかも。
BIOpark_gandam@sn_0105 長崎バイオパークガンダムです。沢村浩輔の週末探偵 https://t.co/Zb9gOwSLgj
izu_mi_zumi22少年がこくりと頷く。沢村浩輔『夜の床屋』
docodemokun沢村浩輔「夜の床屋」ミステリとしても、幻想小説としても完成度の高い連作短編集。表題作で非常に洗練されたミステリを見せ、後の短編、特に「葡萄荘ミラージュ」から始まる物語は一気に童話の世界に潜り込んだかのよう。 https://t.co/hHSVZBvIij
y_endo13沢村浩輔さん夜の床屋読了「夜の床屋ってそんなタイトル、ある?」って買ってみたやつ。登山をしていたら、迷子になり、どーにかたどり着いたのは無人駅。そこで一夜を明かそうとしたら、一軒だけ灯りがついている店がある。そこはなんと、床屋。っていうところから始まる短篇集。
sasakure22【夜の床屋 (創元推理文庫)/沢村 浩輔】を積読本に追加 → https://t.co/ly4SZ2XaQc #bookmeter
h_ranking_news(8/05) 電子書籍ストアランキング > 文庫 > SF・ミステリー・ホラーランキング15位:沢村浩輔『海賊島の殺人』https://t.co/36ykzYR5L3
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
沢村浩輔さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)