トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高井忍

高井忍

高井忍さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高井 忍(たかい しのぶ、1975年 - )は日本の小説家、推理作家。京都府生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。2005年、短編「漂流巌流島」で東京創元社主催の第2回ミステリーズ!新人賞を受賞しデビューした。本格ミステリ作家クラブ会員。
デビュー以来、歴史上の実際の事件を題材にした歴史ミステリーを中心に発表。
これは出版社からの要請に従ったもので、歴史の検証や突飛な珍説自体に興味はないと断っている。作中で展開する解釈は一部を除いて自身でも信用していない。一方で、歴史ミステリーを含む偽史や歴史系トンデモ説に対しては全般に否定の姿勢であり、強い不快感を表明している。『本能寺遊戯』『蜃気楼の王国』以降は偽史批判の傾向が極めて強い。
歴史ミステリーについては、歴史の真実や検証を掲げていてもこれは建前で、正史は間違いだという前提で歴史上の実際の事件に読者の興味を惹くような結論を作ることが当初から目的の企画であり、本質的には偽史であり、歴史のオカルトなのだと説明する。読者に対しては、本当に歴史の真相に関心があるのなら、専門書や入門書を読むように呼びかけている。
『浮世絵師の遊戯』の巻末に「本書はあくまでフィクションであり、歴史上の実際の出来事の検証を目的とはしておらず、初めから珍奇な解釈をかかげることによって読者の興味を惹こうとの意図から創作されたものである。よって、考証の上の信頼性についてはいっさい責任を負わない」と但し書きをつけた。これに対する批判には「いままでの研究は間違いだ、専門家は信用ができないとでも書いておいたら満足するのだろうか?」「こうしたものをまさか彼らは本気にして読んでいるのだろうか?」と反駁している。

受賞歴

高井忍関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

高井忍関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ysdeer1023高井忍の『漂流巌流島』を読む歴史ミステリーだが、奇想天外な真実が明らかになるものではなく、よく考えてみればなんだか不思議だなぁといった些細な謎から目から鱗の真実が見えてくる作品居酒屋で喧々囂々会話する内容なので取っ付き難さは無い凄く調べられていて面白かった
amiamiamiiii「京都東山 美術館と夜のアート」(高井忍)読了。
20JPN18高井忍『妖曲羅生門 御堂関白陰陽記』光文社闇深き京の怪事を、貴公子が断つ!平安王朝華やかにして、魑魅魍魎の跋扈する京の都。若き日の御堂関白・藤原道長と、源頼光、坂田公時、渡辺綱たちの前に次々に現れる妖しき謎の真相とは…(帯より)#読了 #高井忍
amano_yutaka高井忍さん「京都東山 美術館と夜のアート」。警備の仕事から浮世絵や刀剣に至るまで凄い量の情報を煉瓦の如く積み上げ、そこに俗説への厳しい目線や「持ち時間」という言葉に象徴される学問の世界の厳しさ等を挟み込む真摯な作り。圧倒されます。その一方で、宝船の絵の顛末など心に染みる場面も。
kittodekiru9306荒山徹先生が柳生ものを封印し、高井忍先生が柳生十兵衛秘剣考の続きを書かなくなってしまったら、いったい誰が柳生ものの新作時代小説を書き継ぐのだ。
T_Moriyama高井忍『蜃気楼の王国』感想:https://t.co/Lbopb0pc4Y 大好き。大好きという言葉では足りないくらい大好き。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高井忍さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)