トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高井忍

高井忍

高井忍さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高井 忍(たかい しのぶ、1975年 - )は日本の小説家、推理作家。京都府生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。2005年、短編「漂流巌流島」で東京創元社主催の第2回ミステリーズ!新人賞を受賞しデビューした。本格ミステリ作家クラブ会員。
デビュー以来、歴史上の実際の事件を題材にした歴史ミステリーを中心に発表。
これは出版社からの要請に従ったもので、歴史の検証や突飛な珍説自体に興味はないと断っている。作中で展開する解釈は一部を除いて自身でも信用していない。一方で、歴史ミステリーを含む偽史や歴史系トンデモ説に対しては全般に否定の姿勢であり、強い不快感を表明している。『本能寺遊戯』『蜃気楼の王国』以降は偽史批判の傾向が極めて強い。
歴史ミステリーについては、歴史の真実や検証を掲げていてもこれは建前で、正史は間違いだという前提で歴史上の実際の事件に読者の興味を惹くような結論を作ることが当初から目的の企画であり、本質的には偽史であり、歴史のオカルトなのだと説明する。読者に対しては、本当に歴史の真相に関心があるのなら、専門書や入門書を読むように呼びかけている。
『浮世絵師の遊戯』の巻末に「本書はあくまでフィクションであり、歴史上の実際の出来事の検証を目的とはしておらず、初めから珍奇な解釈をかかげることによって読者の興味を惹こうとの意図から創作されたものである。よって、考証の上の信頼性についてはいっさい責任を負わない」と但し書きをつけた。これに対する批判には「いままでの研究は間違いだ、専門家は信用ができないとでも書いておいたら満足するのだろうか?」「こうしたものをまさか彼らは本気にして読んでいるのだろうか?」と反駁している。

高井忍新刊

  • 発売日
    2019年1月25日
  • 書名
    京都東山 美術館と夜のアート (創元推理文庫)
  • 発売日
    2019年1月21日
  • 書名
    京都東山 美術館と夜のアート (創元推理文庫)

受賞歴

高井忍関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

高井忍関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

eq2144高井忍『京都東山 美術館と夜のアート』読了学芸員志望の新人女子警備員が遭遇する謎と事件。前半は物足りない印象があったのだが、後半写楽がらみの事件が起きると、真っ当すぎる歴史ミステリ作家である作者らしい切り口で楽しめた。一方で折角の職員たちのキャラを本筋にも生かしてほしかった。
yuzuno1721高井忍『京都東山美術館と夜のアート』創元推理文庫読了。
YOKO4014「京都東山美術館と夜のアート」高井忍著読了。美術の蘊蓄はほぼ浮世絵(特に上方浮世絵)で占められていた。途中で話の筋を追えなくなってきて、だれが主人公なんだかよくわからなくなってきた。蘊蓄を語らせるのに無理やり舞台設定とキャラクタ… https://t.co/NvXv2Jvxcp
simiteru8150ウチのミス研は(高井忍先生の存在を除けば)さほど有名ではないし、創作に燃える人や古典名作を片っ端から濫読する人もそれほど見ない、隅っこのゆるいサークルですが、もしもそんな所に来てくれた奇特な新入生に、レジュメ一つで新しい読書世界を提示できたら、それはとても素敵なことだよね。たぶん
tsundokulib高井忍『浮世絵師の遊戯』を読んでるが、歴女子高生たちのもっともらしい仮説構築バトルにまじって歴史小説(?)ふうの短編もはさまっていて、徳島に少年時代の八切止夫がやってきて木村鷹太郎・小谷部全一郎と邪馬台国バトルする短編がハチャハチャSFぽくて面白い。
a_ranking_news(4/4) honto 電子書籍ストアランキング > 文庫 > SF・ミステリー・ホラーランキング12位:高井忍『京都東山 美術館と夜のアート』https://t.co/zfOM8iP0rI
utatane_fukurou高井忍の『柳生十兵衛秘剣考』シリーズが絶版になってプレミアが付いてる。何故だ。「柳生十兵衛が登場するクトゥルフ神話」の参考資料として推そうと思っていたのに。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高井忍さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)