トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 高井忍

高井忍

高井忍さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

高井 忍(たかい しのぶ、1975年 - )は日本の小説家、推理作家。京都府生まれ。立命館大学産業社会学部卒業。在学中は推理小説研究会に所属。2005年、短編「漂流巌流島」で東京創元社主催の第2回ミステリーズ!新人賞を受賞しデビューした。本格ミステリ作家クラブ会員。
デビュー以来、歴史上の実際の事件を題材にした歴史ミステリーを中心に発表。
これは出版社からの要請に従ったもので、歴史の検証や突飛な珍説自体に興味はないと断っている。作中で展開する解釈は一部を除いて自身でも信用していない。一方で、歴史ミステリーを含む偽史や歴史系トンデモ説に対しては全般に否定の姿勢であり、強い不快感を表明している。『本能寺遊戯』『蜃気楼の王国』以降は偽史批判の傾向が極めて強い。
歴史ミステリーについては、歴史の真実や検証を掲げていてもこれは建前で、正史は間違いだという前提で歴史上の実際の事件に読者の興味を惹くような結論を作ることが当初から目的の企画であり、本質的には偽史であり、歴史のオカルトなのだと説明する。読者に対しては、本当に歴史の真相に関心があるのなら、専門書や入門書を読むように呼びかけている。
『浮世絵師の遊戯』の巻末に「本書はあくまでフィクションであり、歴史上の実際の出来事の検証を目的とはしておらず、初めから珍奇な解釈をかかげることによって読者の興味を惹こうとの意図から創作されたものである。よって、考証の上の信頼性についてはいっさい責任を負わない」と但し書きをつけた。これに対する批判には「いままでの研究は間違いだ、専門家は信用ができないとでも書いておいたら満足するのだろうか?」「こうしたものをまさか彼らは本気にして読んでいるのだろうか?」と反駁している。
2017年、『ミステリーズ! vol.83』に初の非歴史系ミステリ短編「美術館と夜のアート」を掲載。

受賞歴

高井忍関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

高井忍関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kittodekiru9306高井忍「漂流巌流島」を読む。アンソロジーで読んだのでこの一編のみ読んだ。巌流島の決闘に新解釈を加える歴史ミステリとして面白い。巌流島に関するそれぞれ矛盾する三つの文献から、あの日の巌流島で何が起こったのかを炙り出す話。
jumaean【大前壽生挿絵】東京創元社「ミステリーズ!」[柳生十兵衛 秘剣考シリーズ]高井忍著(全3回)https://t.co/42UVHBJNz2
noda_u『陰謀の日本中世史』読んだ。本当に高井忍だ…となる。
duetrefluss69#名刺代わりの小説10選山田風太郎「八犬伝」高井忍「柳生十兵衛秘剣考」ルース・ スタイルス・ガネット「エルマーの冒険」新美南吉「手袋を買いに」宮沢賢治「注文の多い料理店」小川未明「赤い蝋燭と人魚」続く
mkzk_CRESCENT>RTこの話題に関しては高井忍さんの一連の小説も素晴らしいと思います歴史の「通説」がいかに綿密な考証を経た「手堅い」ものであるか、を常に強調し、異説・新説に関しては「理屈と膏薬はどこにでも付く」というスタンスのまま揺るがない
51st_w_m呉座勇一氏の明智憲三郎説批判が大変面白い。高井忍作品好きにはたまらない。【試し読み】呉座勇一『陰謀の日本中世史』 | カドブン https://t.co/CKWyy0eeLi #カドブン
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
高井忍さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)