トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 井上堅二

井上堅二

井上堅二さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

井上 堅二(いのうえ けんじ、1980年 - )は、日本のライトノベル作家、漫画原作者である。東京都出身、北海道札幌市育ち。第8回エンターブレインえんため大賞編集部特別賞を『バカとテストと召喚獣』で受賞してデビュー。同作品第5巻のあとがきで、小説を書く傍ら設計士をしていることを明らかにした。
設計士として仕事をする際に高校で習う数学を覚えていなかったことが仕事の妨げとなった場面に遭遇し、「友達とテストの点数を競うゲームでもしていれば、もう少し真面目に勉強をしたかもしれない」と思ったことが『バカとテストと召喚獣』のプロットを編み出した。なお同作品に登場する試験召喚システムに関しては、「ただテストの点数を比べるだけでは絵面が地味」なことから無理矢理付け足したものであると発言しており、作者本人も「正直無理があるかもしれない」ことを認めている。
『バカとテストと召喚獣4』のあとがきで、電車内において男性から痴漢に遭ったことを公表した。
『始まりは謝罪から』と銘打った自身のブログを開設した理由は、その名の通り著作『バカとテストと召喚獣5』でのバカテストコーナーの間違いに対する謝罪である。そしてそのブログ開設時の紹介で知人作家のブログにて、美少女である事が明かされた。このこともあり、当該のブログ内に設置されているweb拍手には主に男性からの求婚メッセージが多く寄せられているという。
『バカとテストと召喚獣』は『このライトノベルがすごい!』に2008年度は作品部門で第8位、男性キャラクター部門で木下秀吉が第4位、2009年度は作品部門で第3位、男性キャラクター部門で木下秀吉が第1位、吉井明久が第8位、女性キャラクター部門で木下秀吉が第10位、島田美波が第26位、2010年度は作品部門1位、男性キャラクター部門で木下秀吉が1位、女性キャラクター部門で木下秀吉が8位となった。さらに、2010年1月から同年4月にかけテレビアニメ化された。
ちなみに木下秀吉は第三の性別である「秀吉」という設定を持っている。

受賞歴

井上堅二関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

井上堅二関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

wruvalgainvon私が読み終えた本"ぐらんぶる(16) (アフタヌーンコミックス)"(井上堅二, 吉岡公威 著)を読んでみてください: https://t.co/ebNv1eXRSq https://t.co/QQyxYDu9Jc
narvall_59【定期】好きな作家様(小説編):西尾維新さん・山田悠介さん・鏡貴也さん・矢吹ましろさん・成田良悟さん・松野秋鳴さん・西野かつみさん・星新一さん・井上堅二さん など。
oic_omochiあっぐらんぶるの原作って井上堅二やったんか今更しった
C_N_Lundiぐらんぶる(16) (アフタヌーンコミックス) 井上堅二 https://t.co/70O6hBIVaZ @amazonJPより オチが斜め上いったなあ。
nanapiyo76ぐらんぶる16巻読んで、改めて井上堅二はヤバいなってなった。
rankingko最安値の「バカとテストと召喚獣 7 /エンタ-ブレイン/井上堅二」の価格比較ランキングを更新しました。最安値は3円です。https://t.co/502AJig7Ky
Collectbook《Amazonブラックフライデー&サイバーマンデー》青年マンガ部門8位(11月29日)<ぐらんぶる(16) (アフタヌーンコミックス)> 井上堅二 著 https://t.co/inANXPsWfz
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
井上堅二さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)