トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 海堂尊 > チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光(海堂尊)

チーム・バチスタの栄光(著者:海堂尊)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:チーム・バチスタの栄光
  • 著者:海堂 尊
  • ページ数:375
  • 出版社:宝島社
  • ISBN-10:4796650792
  • ISBN-13:9784796650793

海堂尊新刊

  • 発売日
    2018年6月14日
  • 書名
    死因不明社会2018 (講談社文庫)
  • 発売日
    2018年4月6日
  • 書名
    玉村警部補の巡礼
  • 発売日
    2018年3月15日
  • 書名
    スリジエセンター1991 (講談社文庫)

チーム・バチスタの栄光関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.4 【今週はこれを読め! エンタメ編】男の心情が描かれた作品集〜山内マリコ『選んだ孤独はよい孤独』

    どちらかというと私は"男だから○○""女だから□□"という分け方に関心がなく、"結局は個人差ではないか"と考えているが、そうはいっても男女の違いというものが存在することは理解しているつもりである。以前ある作家による"完全に男子しかいない空間において、異性の目を意識していない彼らがどんなことをしゃべっているかを聞いてみたい"といった内容のエッセイを読んだことがあるけれども、ひとりでも異性が含まれる場においては確かに自分も無意識に話す内容を変えているのかも、と思い至った。

  • 2018.6.13 【今週はこれを読め! エンタメ編】免許自主返納ドライバーの挑戦〜中澤日菜子『Team383』

    「人生五十年」の時代であれば、自分はもう完全に余生に突入している。しかし、現実には3人の息子たちはまだ誰ひとり社会人になっていないし、末っ子の三男に至ってはまだ高校生。同い年の夫とともに、とてもおちおち死んではいられない状況である。世の中では「終活」が話題に

  • 2018.4.24 【今週はこれを読め! SF編】インディーズならではの雰囲気、キノコのようにひっそり犇めいて

    キノコをテーマにした怪奇・幻想小説のアンソロジー。原書は一巻本だが、邦訳は二分冊で本書はその第二巻。第一巻は、以前に紹介した。新しいアンソロジーを読むひとつの楽しみは未知の作家との出逢いだが、『FUNGI』はその度合いが甚だしく、ぼくが知っていたのは第一巻ではジェフ・ヴァンダミア、ラヴィ・ティドハー、W・H・パグマイア、第二巻ではニック・ママタスぐらい。

海堂尊のその他受賞歴(候補含む)

チーム・バチスタの栄光関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rairen_bot1:2008年映画化 2:舞台は東城医学部付属病院 3:海堂尊のシリーズ小説第一弾 4:心臓手術に関わる殺人事件 A:チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタ→ナイチンゲール→ジェネラル・ルージュ→イノセント・ゲリラの順。覚え方はちなJ(ジェイ)
nobunobuak【新装版 チーム・バチスタの栄光 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)/海堂 尊】 再読のため、新装版を購入。上下巻で読んだ時とは印象がだいぶ違う。医療、医大の現場における闇は、我が職場にも… → https://t.co/YUUJ5MVmby #bookmeter
chelseas39【本棚登録】『チーム・バチスタの栄光』海堂 尊 https://t.co/uT8gV4jliK
ogW7XiwLM7fqKg1@poyon5_poyo 海堂尊さんは、ニノがやってるブラックペアンの原作者です。チーム・バチスタの栄光なども。医師です。
kokura_kau_bot玉村警部補の巡礼/海堂尊 「チーム・バチスタ」シリーズに登場する、加納&玉村コンビが、お遍路道中で難事件を解決!本格ミステリを期待すると肩透かしを食らいますが、2人の掛け合いが楽しい短編集です。
Meizu_iintyouチーム・バチスタの栄光、いわゆる海堂尊さんの田口白鳥シリーズ読んでるんだけど、ドラマと見た目が凄え違うんだなって。
tanteisanbotさっき言ったこのミス大賞っていうのは、正式名称を「このミステリーがすごい!大賞」と言う、宝島社の新人賞だよ。本格推理小説というより、エンターテイメント性の高いミステリが集まる賞だな。過去の受賞作には海堂尊の「チーム・バチスタの栄光」などがあるよ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)