トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中山可穂 > 白い薔薇の淵まで

白い薔薇の淵まで(中山可穂)

白い薔薇の淵まで(著者:中山可穂)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:白い薔薇の淵まで
  • 著者:中山 可穂
  • ページ数:200
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:408775281X
  • ISBN-13:9784087752816

中山可穂新刊

  • 発売日
    2018年7月24日
  • 書名
    娘役 (角川文庫)
  • 発売日
    2018年3月24日
  • 書名
    男役 (角川文庫)

白い薔薇の淵まで関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

中山可穂のその他受賞歴(候補含む)

白い薔薇の淵まで関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

VOICEofLGBT友達に借りた中山可穂サグラダ・ファミリアから、同作者猫背の王子→深爪→白い薔薇の淵まで→東野圭吾片思いとセクマイが出てくる小説読みが止まらない。今日もこんな時間まで…起きられるかなー…まだまだ読みたいのでどなたかお勧めあるよと言うかたは是非紹介を…
fa_ge94全人類に見てほしい映画がキャロルで、中山可穂の猫背の王子と白い薔薇の淵までが大好き人間なので……私の百合観は察してください。あと、お嬢さんは神だった。強かった……。
rainbowyuuuu中山可穂さんの「感情教育」 読了。(ネタバレ注意!)濃い話すぎて最初の方はぶっちゃけ読むのが苦痛だった…壮絶すぎる半生を描いた主人公達に感情移入できなかったし…うーん、「白い薔薇の淵まで」の方が個人的には読み応えあったなー
fujihideyuki百合好きとしては、ラノベもいいけど、中山可穂さんとか推しておきたい。男と関係があったりしても、最後に出会う運命の相手は女性だとかもあるし。白い薔薇の淵までは傑作だし、泣ける小説でもある。女性の関係が遊びも含めて、リアルな世界を捉えているのは、本人が当事者でもあるからか。
shizukatachiban中山可穂さんの「白い薔薇の淵まで」を読みました。めっちゃ泣きました。哀しい結末やけど、優しい気持ちになれました。 https://t.co/RmNNZclixy
oblivion_ms中山可穂の「白い薔薇の淵まで」が届いた。
kodoku_na_boku中山可穂は「深爪」「マラケシュ心中」「感情教育」「サグラダ・ファミリア」「花伽藍」「サイゴン・タンゴ・カフェ」の6冊と、小説以外では「熱帯感傷紀行」も読んだけどこの「白い薔薇の淵まで」が一番好きかもしれない。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)