トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 中山可穂 > 白い薔薇の淵まで

白い薔薇の淵まで(中山可穂)

白い薔薇の淵まで(著者:中山可穂)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:白い薔薇の淵まで
  • 著者:中山 可穂
  • ページ数:208
  • 出版社:集英社
  • ISBN-10:408775281X
  • ISBN-13:9784087752816

中山可穂新刊

  • 発売日
    2018年9月21日
  • 書名
    銀橋
  • 発売日
    2018年7月24日
  • 書名
    娘役 (角川文庫)

白い薔薇の淵まで関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

中山可穂のその他受賞歴(候補含む)

白い薔薇の淵まで関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tomo_mi_nagi中山可穂作品は『白い薔薇の淵まで』からですね、あとは『マラケシュ心中』といくつかの短編集、『天使の骨』を読んでますね。
aCUzzzHVBQqQDlG深夜なので唐突におすすめの小説載せるね
hobochuritsu4.「白い薔薇の淵まで」中山可穂中山可穂先生の百合小説。結構前ですけど色々な作品を読んでいました。これが一番好きかもです。「天使の骨」、「感情教育」、「マラケシュ心中」とかも面白かったですけどね。
ankake_soba中山可穂「白い薔薇の淵まで」女性同士の恋愛の話。というと簡単すぎる。どうしようもない、善人とは言えないだろう二人の女性が進む先を追わせる文章。とにかく感情がうまく、中山可穂作品の中でもこれは物語と感情が本当に噛み合っている作品の一つだと思う。どろどろの感情が好きな人は是非
karasudaniiiii十代の頃は紙の本が好きで、中山可穂の白い薔薇の淵まで、が好きで、阿片窟という言葉をそこで知ったなあ、たぶん今読むと、塁が痛々しくて、もっと冷めた目で読んでしまうだろうから、風の音が声に聞こえるうちに読んでおけてよかったよ(BGM:森へおいで)
Borzoi108#あけましておめでとうの頭文字でオススメの本のタイトルいってみようか【前半】あ 蒼い狼_井上靖け 獣の奏者_上橋菜穂子ま マロニエ王国の七人の騎士_岩本ナオし 白い薔薇の淵まで_中山可穂て 天顕祭_白井弓子
liebetiger2中山可穂「白い薔薇の淵まで」あぁ^~いぃ~。おっぱい吸わせはしちゃるけどもう別れよ…みたいな女性が体を差し出すけど内心冷めてるみたいな描写はDTの男には絶対書けない境地だと思われる。百合は流行りじゃない。恋愛なのだ
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)