トップページ > 公募新人賞一覧 > 日経小説大賞 > 2008年−第2回 日経小説大賞

日経小説大賞

2008年−第2回 日経小説大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日経小説大賞(にっけいしょうせつたいしょう)は、日本経済新聞社と日本経済新聞出版社が共催する公募の文学賞。長編小説を募集する。2006年、日本経済新聞の創刊130年を記念して創設された。2012年の第4回より毎年の実施が予定されている。
原稿用紙換算150枚以上200枚以下の中編小説を募集する「日経中編小説賞」は、
第2回と同時期に実施された。

第2回—2008年(応募総数:418(日経小説大賞に249篇、日経中編小説賞に169篇))

参考情報:結果発表

大賞

中編賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

日経小説大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

日経小説大賞関連つぶやき

rekinavi【講演】11月4日、大分県豊後高田市の戴星学園体育館で、郷土文化魅力UPシンポジウム開催。の戦国武将「吉弘一族」を題材にした歴史小説で日経小説大賞を受賞した赤神諒氏による講演会と交流会。参加無料https://t.co/D8HpKsIWZn
okumuraosaka弁護士、大学教員……多彩な顔をもつ著者が作家を目指した理由とは? 日経小説大賞受賞作『大友二階崩れ』 | カドブン https://t.co/b3DcZBjNjG #カドブン
jpub_news弁護士、大学教員……多彩な顔をもつ著者が作家を目指した理由とは? 日経小説大賞受賞作『大友二階崩れ』 https://t.co/bxgMWj3rSr
yuki_pri『義と愛と』で日経小説大賞受賞してかつ大友ものだと聞いてずっと気になっててブログとかも拝見させて頂いてるのにまだ本買えてないの読者としてどうかと言うかまだ読者としてカウントされて良いはずがないので落月記の発売日に揃えたいですね。うぅ。
tadatakahアメブロを更新しました。 『日経小説大賞受賞者赤神諒氏から二冊目の本「大友の聖将(ヘラクレス)」の贈呈を受けた』 https://t.co/NZwiyKCaTN
allreviewsjp【本日のピックアップ】【第9回(2017年)日経小説大賞】「「義」に忠実な家臣の家督をめぐる攻防戦」『大友二階崩れ』(日本経済新聞出版社) - 著者:赤神 諒 - 本郷 和人@diamondfloor41による書評 ALL RE… https://t.co/FpYzZ8fSK2
_5newspaper[日経]両陛下が映画鑑賞 東京・六本木 https://t.co/CcURf8Pys6 天皇、皇后両陛下は24日、東京・六本木の映画館で開かれた映画「羊と鋼の森」の特別試写会に出席された。2016年に本屋大賞を受賞した宮下奈都さん… https://t.co/CP2vJsh5Qu
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)