トップページ > 公募新人賞一覧 > 日経小説大賞

日経小説大賞

日経小説大賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日経小説大賞(にっけいしょうせつたいしょう)は、日本経済新聞社と日本経済新聞出版社が共催する公募の文学賞。長編小説を募集する。2006年、日本経済新聞の創刊130年を記念して創設された。2012年の第4回より毎年の実施が予定されている。
原稿用紙換算150枚以上200枚以下の中編小説を募集する「日経中編小説賞」は、
第2回と同時期に実施された。

第3回2011年(応募総数:216)

参考情報:結果発表

大賞

第2回2008年(応募総数:418(日経小説大賞に249篇、日経中編小説賞に169篇))

参考情報:結果発表

大賞

中編賞

第1回2006年

大賞

佳作

日経小説大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

日経小説大賞関連つぶやき

shimomura_saki【第6回日経小説大賞受賞作品】女たちの審判/紺野仲右ヱ門(日本経済新聞出版社) https://t.co/y1AC9lx4bn #女たちの審判 #紺野仲右ヱ門 #日本経済新聞出版社 #日経小説大賞 #刑務官… https://t.co/WzY7jbk9In
manyosouken第8回日経小説大賞受賞の太田俊明氏は東大野球部OB。 #東大野球部 https://t.co/dcULFNw1w1
nikkeipub【3月24日発売予定】上野のお山に日本初の博物館を作った男は、新政府で出世を阻まれた旧薩摩藩士だった。明治150年を前に贈る文化をめぐる維新物語。第7回日経小説大賞を受賞者による受賞第一作!『小説 日本博物館事始め』西山ガラシャ著https://t.co/F00ZLitas6
kokua_photoRetweeted 日本経済新聞出版社 (@nikkeipub):「亡き妻の夢を、この姥捨て村で叶えたい」定年目前で認知症となり早期退職した男は、ダム建設に揺れる過疎の村で理想郷を見つけた。第8回日経小説大賞受賞作!... https://t.co/sQuqs9We2K
hisatuneブログ4549日目。2017-03-13太田俊明「姥捨て山繁盛記」(第8回日経小説大賞受賞作)。受賞インタビューでは、60歳の定年後、日経小説大賞をターゲットにして毎一作づつ書いていこうと決めたと語っている。https://t.co/rBlaKWhfSj
ikegami990▼3月26日(日)午後2時より「山形小説家・ライター講座」(山形市遊学館)。講師は吉村龍一氏(小説現代長編新人賞作家)。司会は紺野仲右ヱ門(日経小説大賞作家)※ともに講座出身作家です。大人2000円、大学生半額。高校生以下無料。予約不要。次回4月23日の講師は梯久美子氏。
kbc_koganei【新刊】『けものになること』坂口恭平(河出書房新社)「おれはドゥルーズだ」『姥捨て山繁盛記』太田俊明(日本経済新聞出版社)日経小説大賞受賞『コロナブックス 佐野洋子』(平凡社) https://t.co/uUq989auGb
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)