トップページ > 公募新人賞一覧 > ジャンプ小説新人賞 > 2012年−2012summer ジャンプ小説新人賞

ジャンプ小説新人賞

2012年−2012summer ジャンプ小説新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

ジャンプ小説新人賞(ジャンプノベルグランプリ、''JUMP Novel Grand Prix'')とは集英社主催の公募新人文学賞である。

2012summer—2012年(応募総数:264(イラスト部門含む))

参考情報:結果発表

金賞

  • 該当なし

特別賞(フリー部門)

その他の回のデータ(全データ一括表示

ジャンプ小説新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

ジャンプ小説新人賞関連つぶやき

monokaki_jp2020年人気記事ベスト4「ジャンプ小説新人賞2020」千葉佳余&福嶋唯大キャラクターの魅力を磨くためには、人に興味を持つことジャンプコミックスのノベライズを刊行する「JUMP j BOOKS」。その編集部が主催する新人… https://t.co/U5XjUilYJU
Beniyama_Shin「未公開」ちょくちょくツイートしていましたが、10年前に書いた小説のリメイクです。ジャンプ小説新人賞に出しているのでこれもタイトル伏せ。
daiki32453650@konsye221 「サイレント・プア」とかドラマでやっていましたけどねー。あとは「健康で文化的な最低限度の生活」もそれなりに話題になりましたが…
radio96radio漫画家の尾田栄一郎さんは、ジャンプの新人賞に準入選してから5年間、書いても書いてもボツになる日々が続き、もうサラリーマンになろうと思ったらしい。アガサ・クリスティも4年間、ずっと小説を出版社に売り込み続けたけど全て無反応だったそう… https://t.co/nWtZbCEnDv
morimoto1o俺の獲ったジャンプ小説新人賞、賞金も嬉しかったけど、ジャンプに見開きで結果載ったのヤバかったな。マンガ描けなくてもジャンプに名前載る裏ワザ
shinshigeru1952真城と高木が高校生のうちにジャンプで連載していた頃、岩瀬も小説を書いて新人賞を受賞してプロデビューしていた。「バクマン。」自体が少年ジャンプという実在する漫画雑誌を舞台としているから、岩瀬が受賞したのも「小説すばる新人賞」という同じ集英社の実在する小説新人賞にしたのだろう。
pondhou_sims4のある芸人で、人間の根本にある、プライドや欲望を自らで理解していて。すごくいい人生の使い方ができている人間たちの姿が好きだった。一気に読み込んだし、終盤は涙が流れた。同じ境遇になくても、共感を呼べる文章の書き方が本当にすごかった。ジャンプ小説新人賞の実力、とくと味わいました
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)