トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山口芳宏

山口芳宏

山口芳宏さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山口 芳宏|やまぐち よしひろ|1973年 - は日本の小説家、推理作家。三重県生まれ。横浜国立大学工学部卒業。ゲームプランナー、シナリオライターとして活躍後、2007年に『雲上都市の大冒険』で東京創元社主催の第17回鮎川哲也賞を受賞しデビューした。
受賞作の創作にあたって直接影響を受けたのは、シャーロック・ホームズ、坂口安吾、海野十三、天藤真、蘭郁二郎、夏目漱石であるという。
初めてミステリーを応募したのは東京創元社の第4回創元推理短編賞で、その時は最終選考に残っている(この時の短編賞は受賞作なし、佳作が大倉崇裕、緑川宝)。
*雲上都市の大冒険 (東京創元社、2007年10月) ISBN 978-4-488-02397-3 - 第17回鮎川哲也賞受賞作、「雲上都市の怪事件」改題
**文庫版- 創元推理文庫、2011年1月 ISBN 978-4-488-41611-9
*豪華客船エリス号の大冒険 (東京創元社、2008年11月) ISBN 978-4-488-02439-0
**文庫版 - 創元推理文庫、2012年2月 ISBN 978-4-488-41612-6
*妖精島の殺人(上下巻) (講談社ノベルス、2009年9月、10月) ISBN 978-4-06-182672-4、ISBN 978-4-06-182673-1
*学園島の殺人(講談社ノベルス、2010年2月) ISBN 978-4-06-182702-8
*100人館の殺人(東京創元社、2010年3月) ISBN 978-4-488-02456-7
*蒼志馬(あおしま)博士の不可思議な犯罪 (創元推理文庫、2011年6月) ISBN 978-4-488-41613-3

受賞歴

山口芳宏関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

山口芳宏関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

ggg_novel『山口芳宏 妖精島の殺人(上) 』読了。大富豪が所有する孤島「竹原島」に不法上陸した男が見たものは、妖精たちの住まう幻想的な世界の出現と、不可解な街の消失現象だった。男の証言を聞き、調査を開始した学生探偵真野原の友人森崎は、孤島に建つ妖精城内で恐るべき殺人事件に遭遇する──。
jamyokomizomayaエロミステリ10選② 隻眼の少女/麻耶雄嵩 幽女の如き怨むもの/三津田信三 学園島の殺人/山口芳宏 虹の歯ブラシ/早坂吝 少女を殺す100の方法/白井智之
Munekyun_Novels「詩織さん、なんで……危険なのはわかってるでしょう」 「それを言ったら、神尾さんも危険ですよね」 「ぼくは妹思いの自分が好きだからしょうがない」 「わたしも妹思いの自分が好きなお兄さんのことが気になって……」【神尾智彦・棚橋詩織/100人館の殺人/山口芳宏】
hmk_bngk_bot「豪華客船エリス号の大冒険」山口芳宏/私が去ろうとすると、真野原は「あ、あの、殿島さん。お願いがあるのですが……」とまた私を引き留めてきた。「良かったらこれを着てほしいのですが」「なんだい、これは……」真野原が手渡してきたのは、女物の白い洋服のようだった。
fDzh4S0yAL1GZYhええ、とても綺麗な女性でしたよ。(山口芳宏『豪華客船エリス号の大冒険』)
tomo_el山口芳宏「妖精島の殺人(下)」読了妖精の島に集った郷原一族の人々が次々と殺されていくそしてようやく島にたどり着いた学生探偵・真野原実在した妖精の国で明かされる犯人解き明かされる驚天動地の真相むちゃくちゃだけど久しぶりの大… https://t.co/HKgLlVX4oF
2009Kamisaku「雲上都市の大冒険」(山口芳宏) 東京創元社 を @amazonから出品しました #かみふくおか作業所 http//:https://t.co/PYGt5L1vZ6
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    山口芳宏さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)