トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北森鴻

北森鴻

北森鴻さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北森鴻 (きたもり こう、本名:新道研治、1961年11月15日 - 2010年1月25日)は日本の推理作家。小学館の編集プロダクションを経て、作家デビュー。骨董や民俗学などの分野を得意とする。
*1961年 - 山口県下関市に生まれる。
*1984年 - 駒澤大学文学部歴史学科卒業。
*1995年 - 『狂乱廿四孝』で鮎川哲也賞受賞。
*1999年 - 『花の下にて春死なむ』で第52回日本推理作家協会賞・短編および連作短編集部門受賞。
*2010年 - 1月25日午前、山口市内の病院で心不全にて死去。1961|11|15|2010|1|25。

受賞歴

北森鴻関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北森鴻関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

fu_joe_s@akasakapatricia うはっ( ゚Д゚)それ、故北森鴻先生バリに頑張んなきゃいけないやつ!「削り出す」ではなく「掘り出す」って……凄い(-_-;)パトさんの表現力♥あざすm(__)m
mfn_kzh現在売り場に設置してる北森鴻作品のPOPは「メイン・ディッシュ」のもののみなので、そのうちまた新しいのも書きたいです。今一番描きたいのは「屋上物語」なんですけども、言葉と絵をどうまとめたらいいものか考え中
damriatt北森鴻は一時好きでよく読んでた。三軒茶屋のビアバーに行ってみたかった。
jojousi56 #土用丑の日はうのつく本を読もう 北森鴻さん「うさぎ幻化行」義兄から『音』のメッセージ。『音風景』を巡り辿る。本読む時って頭の中で自然に映像化するんだけど、『音』があるのでイマジネーション沸き立つ。義兄と『うさぎ』ことリツ子の… https://t.co/8D3hIFipu6
yukika_tsuki北森鴻『桜宵』読了。いい話とアレな話が混在している連作短編だった。そしてお馴染みの食事テロ。かなり余韻が何とも言えない最後の話の「約束」は、似たようなネタはすでにいくつも読んでいるが、作家次第でいくらでも美味しくアレンジできるものだな、と。表題作は雰囲気とラストが好き。
tomiy2_27ブログ更新。ミステリ作家・北森鴻さんの鮎川賞受賞作「狂乱廿四孝」で知った、絵師・河鍋暁斎の展覧会を京都に観に行った話。「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎!展/美術館「えき」KYOTO 2017.6.22」 ⇒ https://t.co/UoY3u0ekQB
O_Co_Me_Pa_Na3.荒川弘 北森鴻 川原泉
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北森鴻さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)