トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北森鴻

北森鴻

北森鴻さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北森鴻 (きたもり こう、本名:新道研治、1961年11月15日 - 2010年1月25日)は日本の推理作家。小学館の編集プロダクションを経て、作家デビュー。骨董や民俗学などの分野を得意とする。
*1961年 - 山口県下関市に生まれる。
*1984年 - 駒澤大学文学部歴史学科卒業。
*1995年 - 『狂乱廿四孝』で鮎川哲也賞受賞。
*1999年 - 『花の下にて春死なむ』で第52回日本推理作家協会賞・短編および連作短編集部門受賞。
*2010年 - 1月25日午前、山口市内の病院で心不全にて死去。1961|11|15|2010|1|25。

北森鴻新刊

  • 発売日
    2018年11月7日
  • 書名
    傑作ミステリーアンソロジー 京都迷宮小路 (朝日文庫)

受賞歴

北森鴻関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北森鴻関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tGhmEoqTB9XEeHv@cattail_siro ブックオフ行きましょう。北森鴻(若くして亡くなった)さんという作家は民俗学者を主人公にして(ファンでたくさん読みました)推理小説を書いておられましたが、文献書は、後ろにズラッと並べておられます。手放した… https://t.co/j6YsJxsu86
CittaSuwaro#名刺代わりのミステリ10選「凶笑面」(北森鴻)「触身仏」(北森鴻)「写楽考」(北森鴻)「福家警部補の挨拶」(大倉崇裕)「福家警部補の再訪」(大倉崇裕)「福家警部補の考察」(大倉崇裕)「小鳥を愛した容疑者」(大倉崇裕)「ペンギンを愛した容疑者」(大倉崇裕)
darkamber44#名刺代わりのミステリ10選『占星術殺人事件』島田荘司『姑獲鳥の夏』京極夏彦『双頭の悪魔』有栖川有栖『十角館の殺人』綾辻行人『夜の蝉』北村薫『ミステリーズ』山口雅也『頼子のために』法月倫太郎『倒錯のロンド』折原一『腕貫探偵』西澤保彦『狂乱廿四孝』北森鴻
tomiy2_27有栖川先生ご夫妻と一緒のバスで、北森鴻先生のミステリを読む、という貴重な体験が出来ました^^;
mys_sus_bot【順番当て】次の作家・北森鴻の「旗師・冬狐堂」シリーズの作品を刊行された順に選びなさい『狐罠』→『狐闇』→『緋友禅』→『瑠璃の契り』
ITUKIYUKI丸善で今日も今日とて予定外の本を買うヽ(゚∀。)ノ買うつもりだった京都ミステリアンソロジー、「京都迷宮小路」、泉下の北森鴻さんの作品を久しぶりに再読し、フフッとなったそのあとに、連城三紀彦さんの作品が来ているもんだから凄い落差だなとまた笑い、そして読んで美しい怖ろしさに震えた
hon_no_hanashi「ちあき電脳探偵社」北森鴻(PHP文芸文庫) https://t.co/SbzbSQqkmc
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北森鴻さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)