トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北森鴻

北森鴻

北森鴻さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北森鴻 (きたもり こう、本名:新道研治、1961年11月15日 - 2010年1月25日)は日本の推理作家。小学館の編集プロダクションを経て、作家デビュー。骨董や民俗学などの分野を得意とする。
*1961年 - 山口県下関市に生まれる。
*1984年 - 駒澤大学文学部歴史学科卒業。
*1995年 - 『狂乱廿四孝』で鮎川哲也賞受賞。
*1999年 - 『花の下にて春死なむ』で第52回日本推理作家協会賞・短編および連作短編集部門受賞。
*2010年 - 1月25日午前、山口市内の病院で心不全にて死去。1961|11|15|2010|1|25。

受賞歴

北森鴻関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北森鴻関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

toriko_ko『大密室』より不帰屋/北森鴻先生と助手みたいなのが好きだし民族的なほの暗い昔の話も好き。あと昔ドラマやってた??
k_sgr_n民俗学的な要素が大好きなので横溝正史先生や北森鴻先生、二階堂黎人先生ももちろん好き。ただ、私の好きな作家さんは何分普段読書しない人には薦め難い
12842987北森鴻『暁英 贋説・鹿鳴館』(徳間書店)読了。イギリスからやって来た建築家、ジョサイア・コンドルの見た明治の日本。とても面白く読んだが、著者急逝のため完成しなかったのが本当に残念。#北森鴻 #徳間書店 #ジョサイア・コンドル
rote_traume写楽といえばミステリの題材になることもあって、いろいろ読んだのだけれど北森鴻さんのイメージが強いし、舞台だと扉座のイメージがあるので、どうしても最初に通ったものの印象が刻まれがち。あのあたりの浮世絵師の話はすごい好きなんだよなあ。
Ghialla500g@xiaoron1003 北森鴻の冬狐堂シリーズのようなスリルがありますね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北森鴻さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)