トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 北森鴻

北森鴻

北森鴻さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

北森鴻 (きたもり こう、本名:新道研治、1961年11月15日 - 2010年1月25日)は日本の推理作家。小学館の編集プロダクションを経て、作家デビュー。骨董や民俗学などの分野を得意とする。
*1961年 - 山口県下関市に生まれる。
*1984年 - 駒澤大学文学部歴史学科卒業。
*1995年 - 『狂乱廿四孝』で鮎川哲也賞受賞。
*1999年 - 『花の下にて春死なむ』で第52回日本推理作家協会賞・短編および連作短編集部門受賞。
*2010年 - 1月25日午前、山口市内の病院で心不全にて死去。1961|11|15|2010|1|25。

受賞歴

北森鴻関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

北森鴻関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

mcrlover6北森鴻「写楽・考」那智さんシリーズ。民俗学とミステリの融合で、研究はミステリみたいなものだよなあと今回も思った。狐目の事務員さんが良い。非常に良い。写楽出てこねーじゃん!と思ってたら出てきた。
ririnndesu『白い久遠』浅野里沙子著 東京創元社から税別1,800円陶製人形、萩焼の茶碗、櫛、未発表の絵画…持ち込まれる質草を巡る謎「人の思い」と「もの」が交わる「質屋」目利きの元学芸員が織りなす優美な連作ミステリ北森鴻「蓮丈那智シ… https://t.co/9IEkLStbck
12842987北森鴻『メイン・ディッシュ』(集英社)を一気に読了。良質な料理を味わった思い。推理小説の醍醐味を堪能した。この著者にしては珍しいハッピーエンドで読後感がとてもよかった。#北森鴻 #集英社
suikou2004昨日は北森鴻さんの56回目の誕生日であり「花の下にて春死なむ」の初版発行日(1998年)でもありました。その北森さんを偲びながら北森トークで盛り上がる第8回酔鴻忌の案内はこちらhttps://t.co/8bN9h1GxxN多くの方の参加をお待ちしてます!#北森鴻 #酔鴻忌
tomiy2_27北森鴻先生は毎年命日にファンが集まってますが、誕生日にも、集まってみてはいかがでしょう?より、楽しく語り合える会になるかもなと。 https://t.co/hPTujfBXxi
syamon_cat岡本綺堂大下宇陀児笹沢左保小林久三内田康夫篠田真由美北森鴻今日(11月15日)誕生日の人がうらやましい!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
北森鴻さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)