トップページ > 作家名一覧 > いから始まる作家名一覧 > 石川真介

石川真介

石川真介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

石川 真介|いしかわしんすけ|1953年。
鯖江市立神明小学校、同中央中学校を経て、東京大学法学部卒。1991年に処女小説「不連続線」(光文社文庫)で第2回鮎川哲也賞を受賞。トヨタ自動車に勤務しながら、旺盛な執筆活動を続けている。錯綜したストーリーと堅牢な構成、女性の数奇な運命と斬新な社会テーマ、丹念な現地取材に基づくローカル描写とグルメ、そして奇抜なアリバイ工作を主眼に置いた長編旅情ミステリーを得意にしている。シリーズで活躍する探偵役は、事件記者兼推理作家兼特任捜査官の吉本紀子と愛知県警所属広域捜査官の上島透警部。『女と愛とミステリー(テレビ東京系)』『木曜ミステリー(テレビ朝日系)』でドラマ化。
光文社文庫版を除いて、紙の本は大半が絶版になっていたが、㈱アドレナライズから2018年内に全点が電子書籍化された。さらに、同社を主戦場として、年に3、4タイトルの新作長編を発表していく予定。
2019年1月、㈱アドレナライズから電子書籍初の書き下ろし『南紀十津川殺人ライン』を配信。
同年7月、㈱アドレナライズから電子書籍書き下ろし2作目『シンデレラ名古屋嬢殺人事件』を配信。
2020年3月、㈱アドレナライズから電子書籍書き下ろし3作目『越前海岸・島別荘の恐怖』を配信。
同年8月、㈱アドレナライズから電子書籍書き下ろし4作目『鮎川哲也の女たち』を配信。
福井ふるさと大使。鯖江市ふるさと大使。日本推理作家協会会員。

受賞歴

石川真介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

石川真介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

adrenalizebook石川真介・著『越中八尾、恩讐の殺人』https://t.co/8eQB4hx3Nu推理作家・吉本紀子は週刊誌の依頼で、未解決の不可解な連続死事件を調べるため富山へ向かう。事件の発端は2年前、「風の盆」でにぎわう越中八尾で男が暴… https://t.co/b7aqbTRvfC
MysteryMikawa@mysdance1811 @mys_tra 白井支配さま石川真介です。私は作家や読者との個人的付き合いは少ない方ですが……貴兄の温かいコメントに対する示唆・指摘・共感?案内がいくつか届いております。めったにない吉事でありまして… https://t.co/gwGQosk2DL
jawp_shiritori石川真介 いしかわ しんすけ https://t.co/RMGCGiDLTD は、日本の推理作家。福井県鯖江市生まれ。
mysdance18112021年46冊目、読了。石川真介「不連続線」。第2回鮎川哲也賞受賞作。ミステリの根幹『なぜ?』が大変魅力的で、それが段々と解き明かされ繋がっていく様に大興奮。デビュー作とは思えない筆力、描写力に脱帽しつつも、鮎川哲也愛むき出しの… https://t.co/vKw6W9RnGr
kanicrabooあの世で沢木に詫び続けろ石川真介----ッ!!!(弟は詫びとる)
bepo201908#読了不連続線 石川真介カバン詰めの死体というショッキングな出来事が薄れてしまうくらい、推理の展開や犯人を追い詰めていく過程が見事でした。さすが鮎川哲也賞受賞作!といった一冊です
craboobooノリ悪ぃんだよで軽率に殴られるでしょ、石川真介君は………………………………………………………
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    石川真介さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)