トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 七河迦南

七河迦南

七河迦南さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

七河 迦南(ななかわ かなん)は、日本の小説家、推理作家。東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。2008年、連作短編集『七つの海を照らす星』で東京創元社主催の第18回鮎川哲也賞を受賞しデビューした。
児童養護施設「七海学園」を舞台にしたデビュー作に続くシリーズ第2作の『アルバトロスは羽ばたかない』は、原書房『本格ミステリ・ベスト10』で第5位、宝島社『このミステリーがすごい!』で第9位にランクインした。
デビュー以前に、光文社文庫の公募アンソロジー『新・本格推理』に短編が2度掲載されている。
2006年、東京創元社が主催する第3回ミステリーズ!新人賞(2006年3月末日締切)に短編「その漆黒の翼」を投稿し2次選考通過(最終候補)。この年の2次通過は7名だったが、そのうち受賞者の秋梨惟喬、滝田務雄以外にも、沢村浩輔、南園律がのちにデビューしており、レベルの高い作品がそろった年だった。翌年の第4回ミステリーズ!新人賞(2007年3月末日締切)では、短編「夏の幻の少女」が1次選考通過。この作品を「夏期転住」として織り込んだ連作短編『七つの海を照らす星』で第18回鮎川哲也賞(2007年10月末日締切)を受賞し、2008年10月デビュー。
小学生のときに読んだガストン・ルルーの『黄色い部屋の謎』がミステリにのめり込むきっかけになった。創元推理文庫を中心に、S・S・ヴァン・ダインやエラリー・クイーンなどを読みあさったが、特にジョン・ディクスン・カーの存在は大きく『三つの棺』には大きな影響を受けているという。日本の作品では、中井英夫『虚無への供物』、若竹七海『ぼくのミステリな日常』、芦辺拓『殺人喜劇の13人』を影響を受けた作品として挙げている。

七河迦南新刊

  • 発売日
    2017年11月30日
  • 書名
    アルバトロスは羽ばたかない (創元推理文庫)

受賞歴

七河迦南関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

七河迦南関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

togatoga_同期と技術書見てるはずがいつの間にか七河迦南の布教をしてた。「七つの海を照らす星」と「アルバトロスは羽ばたかない」を買わせた。布教してたら猛烈に小説が読みたくなってきて買った。買った。(訂正)
tami7hi【空耳の森 (ミステリ・フロンティア)/七河 迦南】そうとは書かれていないので、ただの短編集に思えてしまいますが、実は「七つの海を照らす星」「アルバトロスは羽ばたかない」から続くスピンオフ作品で… → https://t.co/yVD4pJJ7Td #bookmeter
yumikmiyuやられた。完全に冒頭から読み直すパターン……過酷な現実、興味深い謎を散りばめながら(しかも主人公が...『アルバトロスは羽ばたかない』七河 迦南 ☆4 https://t.co/ktGEXYuHIg
yakushin88七河迦南さん『七つの海を照らす星』読了。いやーとても面白かった。丁寧で読み心地のよい、良心的な作品集。解説ではデビュー作とは思えないというニュアンスで書かれているが、この生真面目さは逆に新人ならでなのでは、という気もする(続く)
montag7x七河迦南「アルバトロスは羽ばたかない」読了。高校の文化祭で起こった転落事件。関係者は七海学園に住まう子ども達。事件は何故起こったのか?過去と現在が交差する中、驚きの真実が露呈する。張り巡らされた巧妙な数々の仕掛けが素晴らしい。あまりのショックに半ば虚ろな気分で結末を迎える。
kotsubu0509【アルバトロスは羽ばたかない (創元推理文庫)/七河 迦南】を読んだ本に追加 → https://t.co/S7xXD0qpNG #bookmeter
noirse七河迦南さんの七つの星野→アルバトロスのコンボは◯◯な気持ちになるのでお薦め。新人作家でこれやる度胸はすごい。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
七河迦南さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)