トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 七河迦南

七河迦南

七河迦南さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

七河 迦南(ななかわ かなん)は、日本の小説家、推理作家。東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。2008年、連作短編集『七つの海を照らす星』で東京創元社主催の第18回鮎川哲也賞を受賞しデビューした。
児童養護施設「七海学園」を舞台にしたデビュー作に続くシリーズ第2作の『アルバトロスは羽ばたかない』は、原書房『本格ミステリ・ベスト10』で第5位、宝島社『このミステリーがすごい!』で第9位にランクインした。
デビュー以前に、光文社文庫の公募アンソロジー『新・本格推理』に短編が2度掲載されている。
2006年、東京創元社が主催する第3回ミステリーズ!新人賞(2006年3月末日締切)に短編「その漆黒の翼」を投稿し2次選考通過(最終候補)。この年の2次通過は7名だったが、そのうち受賞者の秋梨惟喬、滝田務雄以外にも、沢村浩輔、南園律がのちにデビューしており、レベルの高い作品がそろった年だった。翌年の第4回ミステリーズ!新人賞(2007年3月末日締切)では、短編「夏の幻の少女」が1次選考通過。この作品を「夏期転住」として織り込んだ連作短編『七つの海を照らす星』で第18回鮎川哲也賞(2007年10月末日締切)を受賞し、2008年10月デビュー。
小学生のときに読んだガストン・ルルーの『黄色い部屋の謎』がミステリにのめり込むきっかけになった。創元推理文庫を中心に、S・S・ヴァン・ダインやエラリー・クイーンなどを読みあさったが、特にジョン・ディクスン・カーの存在は大きく『三つの棺』には大きな影響を受けているという。日本の作品では、中井英夫『虚無への供物』、若竹七海『ぼくのミステリな日常』、芦辺拓『殺人喜劇の13人』を影響を受けた作品として挙げている。

受賞歴

七河迦南関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

七河迦南関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

nyapoonaアルバトロスは羽ばたかない - 七河迦南|東京創元社 https://t.co/lTZdIjhrlI
BaddieBeagle"養護施設・七海学園の保育士、北沢春菜の慌ただしくも穏やかな日々に、ある高校で起きた転落事故が影を落とす──五つの物語が最後に描き出す驚愕の真相。鮎川哲也賞第一作":七河迦南『アルバトロスは羽ばたかない』 https://t.co/KnRRc2WSZ7
konomysmatome【このミス2017】第29位『わたしの隣の王国』七河迦南https://t.co/KQYUPUwpPq#このミスhttps://t.co/Qd3fkFv7t1
Namimagazine七河迦南著『わたしの隣の王国』の評者は千街晶之さん!/本格ファン必読、“夢の国”のミステリ(波2016年10月号)https://t.co/T46mnrbwex
IttulaNArGA【アルバトロスは羽ばたかない/七河 迦南】を読んだ本に追加 → https://t.co/SJcTw3w8Yk #bookmeter
miltutu創元推理文庫では、決定版だという大岡昇平「事件」が気になります。あと、文句なしの傑作である七河迦南「アルバトロスは羽ばたかない」が待望の文庫化ですね。海外ミステリでは「シャーロック・ホームズの栄冠」が創元推理文庫に入るとは…。これは嬉しい。
razio_daisuki東京創元社のメルマガ見て手が震えた……。七河迦南先生の『アルバトロスは羽ばたかない』文庫化きたああぁ!!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
七河迦南さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)