トップページ > 作家名一覧 > なから始まる作家名一覧 > 七河迦南

七河迦南

七河迦南さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

七河 迦南(ななかわ かなん)は、日本の小説家、推理作家。東京都出身。早稲田大学第一文学部卒業。2008年、連作短編集『七つの海を照らす星』で東京創元社主催の第18回鮎川哲也賞を受賞しデビューした。
児童養護施設「七海学園」を舞台にしたデビュー作に続くシリーズ第2作の『アルバトロスは羽ばたかない』は、原書房『本格ミステリ・ベスト10』で第5位、宝島社『このミステリーがすごい!』で第9位にランクインした。
デビュー以前に、光文社文庫の公募アンソロジー『新・本格推理』に短編が2度掲載されている。
2006年、東京創元社が主催する第3回ミステリーズ!新人賞(2006年3月末日締切)に短編「その漆黒の翼」を投稿し2次選考通過(最終候補)。この年の2次通過は7名だったが、そのうち受賞者の秋梨惟喬、滝田務雄以外にも、沢村浩輔、南園律がのちにデビューしており、レベルの高い作品がそろった年だった。翌年の第4回ミステリーズ!新人賞(2007年3月末日締切)では、短編「夏の幻の少女」が1次選考通過。この作品を「夏期転住」として織り込んだ連作短編『七つの海を照らす星』で第18回鮎川哲也賞(2007年10月末日締切)を受賞し、2008年10月デビュー。
小学生のときに読んだガストン・ルルーの『黄色い部屋の謎』がミステリにのめり込むきっかけになった。創元推理文庫を中心に、S・S・ヴァン・ダインやエラリー・クイーンなどを読みあさったが、特にジョン・ディクスン・カーの存在は大きく『三つの棺』には大きな影響を受けているという。日本の作品では、中井英夫『虚無への供物』、若竹七海『ぼくのミステリな日常』、芦辺拓『殺人喜劇の13人』を影響を受けた作品として挙げている。

受賞歴

七河迦南関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

七河迦南関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

reading_starsアルバトロスは羽ばたかない/七河迦南真相を知り読んだ2周目、泣きました。巧妙な構成と筆力、鮮やかにひっくり返されました。お見事。本作の前には是非『七つの海を照らす星』を読んで下さい。終盤。とある問いかけに対して、さらり… https://t.co/X7eIgfbByJ
BLUEMOON1802【アルバトロスは羽ばたかない/七河 迦南】を読んだ本に追加 → https://t.co/ZSwSkNHyEU #bookmeter
jamyan_botなんか罠かな→七河迦南
555Bawd『君の話』三秋縋『刹那の夏』七河迦南『夜と海』郷本夏の作品に出会う作品は、何となく普段わたしが選ぶ作品とは雰囲気が違うような気がします。夏の空気がそうさせるのでしょうか…『夜と海』は漫画なのですが、不思議と惹かれるものが… https://t.co/nD13Gf2BNR
gssmboy七河迦南 七つの海を照らす星 読んだ。鮎川哲也賞受賞作素晴らしい。ミステリとして精巧かつ緻密なものを目の当たりにすると美しいと思う。これがまさにそれだ。更に言うならば人は死なず、青春小説のような甘さ苦さといった胸にせまるような… https://t.co/MqRgU1LXlG
tapensuミステリーズ! vol.90から、七河迦南の「刹那の夏」を読了。みずみずしいボーイミーツガール短編ミステリ。手記から得られる情報をもとに、過去の事件を推理する。ある種の散文的冷たさをもった真相と、少女が……を……るという幻想的な情景の対比が美しい。大変好みのテイスト。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
七河迦南さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)