トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 芦辺拓

芦辺拓

芦辺拓さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

芦辺 拓(あしべ たく、1958年5月21日 - )は、日本の推理作家。本名小畠 逸介(こばた としゆき)。大阪府大阪市出身。妻の風呂本佳苗はピアニストで、風呂本武敏・風呂本惇子夫妻の娘。
大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎、同志社大学法学部卒。読売新聞大阪本社の校閲部・文化部記者として勤務する傍ら、中井英夫・澁澤龍彦の讃をうける。1990年、芦辺拓名義での『殺人喜劇の13人』で第1回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。1994年に専業作家となる。
シリーズものの著作としては、作者いわく「日本一地味な探偵」森江春策が時空や虚実までも越えた謎に挑む「森江春策の事件簿シリーズ」。他には単発ものとして歴史上の人物を探偵役に据えたり、パスティーシュとして過去の名探偵を客演させたりすることも少なくない。
学術からサブカルチャーまで多方面にわたる知識、ミステリ・SF・冒険小説などへのオマージュ、メタフィクション、本格ミステリへの問題意識からくるラディカルな試みなどを渾然一体とさせた作風で知られる。
2009年、NHKの「探偵Xからの挑戦状!」のために「森江春策の災難」を書き下ろした。

芦辺拓新刊

  • 発売日
    2017年8月20日
  • 書名
    名探偵・森江春策 (創元推理文庫)

受賞歴

芦辺拓関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

芦辺拓関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

jojousi56芦辺拓さん「十三番目の陪審員」法廷ミステリ。鷹見瞭は冤罪の実態を取材する為、架空殺人を演出して『人工的に』冤罪を作り、その犯人として『予定通り』に捕まった。何故か『実際に』犯行を犯した殺人犯として。DNAトリックとでも言おうか、… https://t.co/4KhPszGGU7
YUKI_N_100b037: 殺人喜劇の13人(芦辺拓/講談社文庫/ミステリ) 古びたアパート「泥濘荘」へ転がり込んだミニ・コミ誌仲間の13人が、縛り首、毒殺、密室、連続殺人でひとりずつ殺されていく。名探偵・森江春策の推理がうなる。
mys_sus_bot【連想】『殺人喜劇の13人』『綺想宮殺人事件』『三百年の謎匣』『紅楼夢の殺人』→芦辺拓
hopper_magritte芦辺拓『奇譚を売る店』を読んで。同じような趣向の物語なのかどうか。読んでみたい。 → https://t.co/0nsPR6c7wM #bookmeter
tartetatin20東京創元社 芦辺拓著「綺想宮殺人事件」読了。東京創元社 小林泰三著「アリス殺し」「クララ殺し」再読了。
previn_mania今日の休日、芦辺拓さん「千一夜の館の殺人」。残されていた、シリーズ未読の最後の作品に、遂に手を付けてしまいました。芦辺・森江ワールド満載の、文句無しに楽しい作品で楽しませてもらいましたが、未読の森江シリーズが無くなった淋しさに、冬の寒さが染みて来ます。
vulgarrockjunk1今日の買い物蜉蝣/LaputaMONSTER MUSIC/ZIGZOVISUAL ROCK PERFECT DISC GUIDE 500グラン・ギニョール城/芦辺拓 https://t.co/cm3bgxEEkn
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
芦辺拓さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)