トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 芦辺拓

芦辺拓

芦辺拓さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

芦辺 拓(あしべ たく、1958年5月21日 - )は、日本の推理作家。本名小畠 逸介(こばた としゆき)。大阪府大阪市出身。妻の風呂本佳苗はピアニストで、風呂本武敏・風呂本惇子夫妻の娘。
大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎、同志社大学法学部卒。読売新聞大阪本社の校閲部・文化部記者として勤務する傍ら、中井英夫・澁澤龍彦の讃をうける。1990年、芦辺拓名義での『殺人喜劇の13人』で第1回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。1994年に専業作家となる。
シリーズものの著作としては、作者いわく「日本一地味な探偵」森江春策が時空や虚実までも越えた謎に挑む「森江春策の事件簿シリーズ」。他には単発ものとして歴史上の人物を探偵役に据えたり、パスティーシュとして過去の名探偵を客演させたりすることも少なくない。
学術からサブカルチャーまで多方面にわたる知識、ミステリ・SF・冒険小説などへのオマージュ、メタフィクション、本格ミステリへの問題意識からくるラディカルな試みなどを渾然一体とさせた作風で知られる。
2009年、NHKの「探偵Xからの挑戦状!」のために「森江春策の災難」を書き下ろした。

芦辺拓新刊

  • 発売日
    2018年10月29日
  • 書名
    新・二都物語

受賞歴

芦辺拓関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

芦辺拓関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hisanhirokalove光文社文庫「奇譚を売る店」芦辺拓著。思ってた以上に怖かったです。怖い上に引きずり込まれて迷ってしまう、ずっとこの感じが続きます。魅力的な一冊でした。(まさしく表紙の世界でした)#文庫の会(仮)#文庫の会(仮)twitter読書会
akawigusCONTINUE Vol.58表紙のブラメロ衣装(チェンジ後)の梨子ちゃん
Hondaryuichi3/29ライブワイヤー操觚の会は「歴史考証」がお題。司会ですが、これは本当に聞きたい。芦辺拓先生、谷津矢車先生、蒲原二郎先生という、プロ中のプロが語ってくれるのですから。歴史小説を執筆する方、ファンの方、みなさん、必見です。予約受… https://t.co/eNLhCqDCnm
TAK_MORITA推理作家の芦辺拓先生に推薦のお言葉を戴きました!商品ページ→ https://t.co/epox31Jej0https://t.co/bAgX5PH0Ah
nakatsu_s@ashibetaku いえいえ、そんなことないです。というか、明治・大正などの歴史モノの源流を辿られている芦辺拓さんなら、とてもおもしろがれるコンテンツだと思います。
liferens黒崎緑/白峰良介/芦辺拓/有栖川有栖 → 同志社大学出身の推理作家
nakano00k本の雑誌4月号 本の雑誌社。ネットにて。昭和ミステリー秘宝館の題に魅かれて。巻頭の特集もよかったが芦辺拓氏の読書ガイドはありがたい。読みたい本があった。服部文祥氏の書評も読めてよかった。 https://t.co/EpXrrJC8ii
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
芦辺拓さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)