トップページ > 作家名一覧 > きから始まる作家名一覧 > 岸田るり子

岸田るり子

岸田るり子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

岸田 るり子(きしだ るりこ、1961年3月1日 -)は、日本の小説家・推理作家。京都府京都市生まれ。日本文藝家協会会員、日本推理作家協会会員、本格ミステリ作家クラブ会員。父親はインターフェロン研究のパイオニアで医学博士、ラブレ乳酸菌の発見者である岸田綱太郎。
京都市立御室小学校卒業。13歳から父親の仕事の都合で渡仏。パリ第7大学理学部卒業。2004年、『密室の鎮魂歌』(応募時のタイトルは「屍の足りない密室」)で第14回鮎川哲也賞を受賞しデビュー(神津慶次朗『鬼に捧げる夜想曲』と同時受賞)。2013年、「青い絹の人形」で第66回日本推理作家協会賞(短編部門)の候補になる。
=

受賞歴

岸田るり子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

岸田るり子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

damesyain【Fの悲劇【徳間文庫】/岸田るり子】題名の由来が気になる本です。「すべてがFになる」や、「Xの悲劇」なんかが連続されましたが全く関係ないみたいです。凄く面白いとは思わなかったですが、読んで損した… → https://t.co/5r74u52cOe #bookmeter
gohan_bo_n_to母がサンマの塩焼きと、里芋の煮っころがしをテーブルに並べ始めた。母はごく自然に茶の間の風景に溶け込んでいる。いや、溶け込んでいるかのようだ。(『血の色の記憶』岸田るり子)
amisenru岸田るり子著 味なしクッキー を読み始めた。いくつかの短編集で構成されていて、1話目のみ読了。とっても黒い。勧善懲悪の世界が好きな方にはお勧めしないけれど、私は完全犯罪とか大好きなので非常にスッキリした(*´ω`*)岸田さんは初読みだけれど、読みやすくてサクサク読める。
surfcity30【月のない夜に/岸田るり子】なるほどねって感じ。上手く出来ているというか、井川喜代の悪事がメインといった小説だったけど、確かに井川卓隆という存在は、謎の部分が多かった。誰よりも一枚上手だったって… → https://t.co/AmhlMnZBcd #bookmeter
koba500【密室の鎮魂歌(レクイエム)/岸田 るり子】トリックよりも、女性同士の人間関係が微妙なのが面白かった。話の展開も面白かった、意外と楽しめた。 →https://t.co/QmFVTqGqDK #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
岸田るり子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)