トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山田彩人

山田彩人

山田彩人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山田 彩人(やまだ あやと、1967年 - )は、日本の小説家、推理作家。東京都生まれ。千葉県柏市在住。東京都立墨田川高等学校中退。
20代半ばのころにシナリオライター養成講座に通い、その後アニメのシナリオライターとしてデビューする。そのアニメがゲーム化された際にはゲーム版のシナリオも担当した。その後もシナリオライターを続けていたが、集団のなかではなく自分一人で書きたいものを書いてみたいという思いが次第に高まっていき、小説家を志す。
2011年、『眼鏡屋は消えた』で第21回鮎川哲也賞を受賞して小説家デビュー。選考委員の島田荘司は「本格ミステリとして素晴らしいうえに、ユーモアを交えた文章力があった」と評した。
=
眼鏡屋は消えた(2011年10月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02483-3 / 2014年9月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-44011-4)
幽霊もしらない(2012年9月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02308-9)
少女は黄昏に住む(2013年3月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02713-1)
*収録作品:ボールが転がる夏 / 毒入り缶コーヒー事件 / たぶんポオに捧ぐ / 吹雪のバスの夜に / 密室の鍵は口のなか
今宵、喫茶店メリエスで上映会を(2014年8月 角川文庫 ISBN 978-4-04-101628-2)

山田彩人新刊

  • 発売日
    2018年11月28日
  • 書名
    皆殺しの家 (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)
  • 発売日
    2018年8月8日
  • 書名
    忍者大戦 黒ノ巻 (光文社時代小説文庫)

受賞歴

山田彩人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

山田彩人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

longfish801山田彩人『皆殺しの家』(南雲堂/2018年11月)読了。両親と妹、家族三人を殺害した容疑で指名手配されている久能光爾。久能と親友だった兄の遺志を継ぎ、警視庁の刑事でありながら小倉亜季は久能を地下室に匿っていた。口の堅い久能に探りを入れるべく、未解決事件について語りあうことに。≫
kisaragi2221本屋いったら山田彩人の新作出てた!!!最高!キャラミスでありながら、しかりとしたトリックと論理展開で鮎川哲也賞を受賞して、角川レーベルでびみょーな人が死なないミステリを書いてから2年か3年。本格の新刊が出るなんて思ってなかったから嬉しすぎる。はーよむのたのしみー
QMA_Mys_Bot2[エフェ]2011年に『眼鏡屋は消えた』で鮎川哲也賞を受賞(大意)「山田彩人」 → やまだあやと
yukimiomura南雲堂の編集者Hさんから届いた新刊見本。山田彩人さんの「皆殺しの家」。カバーが雰囲気を出していて、「なにか起こりそう…」という不気味感を出してます。全六話、地下牢にいる殺人犯と刑事の鉄格子越しの推理合戦。それぞれの謎を解くのは楽し… https://t.co/CnnKMjNTEq
mysteryEQ山田彩人「皆殺しの家」読了。夏の海に浮かぶ氷付けの死体、真っ白な雪原に浮かぶ妖精の足跡、開けた採石場跡地で発見された奇妙な転落死体……警視庁の刑事である亜季が話す不可思議な事件の数々を亡き兄の親友であり家族三人を殺害した容疑で指名手配中の久能が亜季の双子の妹・羽瑠と共に推理する。
oyama_seiichiro南雲堂さんからは、山田彩人さんの新著『皆殺しの家』(解説・羽住典子さん)もご恵贈いただきました。どうもありがとうございます。洋館の地下牢にかくまわれている、指名手配中の殺人容疑者。彼が、警視庁刑事のヒロインが持ち込む奇妙な不可能犯… https://t.co/Qzv6T2krkU
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山田彩人さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)