トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山田彩人

山田彩人

山田彩人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山田 彩人|やまだ あやと|1967年 - は、日本の小説家、推理作家。東京都生まれ。千葉県柏市在住。東京都立墨田川高等学校中退。
20代半ばのころにシナリオライター養成講座に通い、その後アニメのシナリオライターとしてデビューする。そのアニメがゲーム化された際にはゲーム版のシナリオも担当した。その後もシナリオライターを続けていたが、集団のなかではなく自分一人で書きたいものを書いてみたいという思いが次第に高まっていき、小説家を志す。
2011年、『眼鏡屋は消えた』で第21回鮎川哲也賞を受賞して小説家デビュー。選考委員の島田荘司は「本格ミステリとして素晴らしいうえに、ユーモアを交えた文章力があった」と評した。
=
*眼鏡屋は消えた(2011年10月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02483-3 / 2014年9月 創元推理文庫 ISBN 978-4-488-44011-4)
*幽霊もしらない(2012年9月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02308-9)
*少女は黄昏に住む(2013年3月 東京創元社 ISBN 978-4-488-02713-1)
**収録作品:ボールが転がる夏 / 毒入り缶コーヒー事件 / たぶんポオに捧ぐ / 吹雪のバスの夜に / 密室の鍵は口のなか
*今宵、喫茶店メリエスで上映会を(2014年8月 角川文庫 ISBN 978-4-04-101628-2)
*皆殺しの家(2018年11月 南雲堂)

受賞歴

山田彩人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

山田彩人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kikubon_jp【第21回鮎川哲也賞受賞作】部室で目覚めると、8年間の記憶が失われ高校時代に逆戻り。どうやら母校で教師をしているらしい。おまけに親友の実綺が高二の文化祭前に亡くなっているなんて!?『眼鏡屋は消えた』(著者:山田彩人 朗読:土師… https://t.co/pk9Ar5tpxs
_goyaku【14-18冊目】柴崎友香『百年と一日』少年アヤ『僕の宝ばこ』相澤いくえ『モディリアーニにお願い 5巻』山田彩人『眼鏡屋は消えた』小手鞠るい『素足の季節』#今年読んだ本 https://t.co/mQE1wQ6t6K
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
    現在話題の賞ランキング
    山田彩人さんと同じ賞の受賞作家
    最新小説ニュース
    (外部リンク)
    ブログ(更新履歴等)