トップページ > 作家名一覧 > たから始まる作家名一覧 > 田辺青蛙

田辺青蛙

田辺青蛙さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

田辺 青蛙(たなべ せいあ、女性、1982年 - )は、日本の小説家。大阪市都島区在住。ペンネームは、京田辺市と蛙に由来する。岡山県の刀鍛冶、備前長船の末裔。
大阪府生まれ。十代後半をニュージーランドオークランドで過ごす。オークランド工科大学卒業。 2006年、第4回ビーケーワン怪談大賞で「薫糖」が佳作となり、『てのひら怪談』に掲載作家中で最多の5作品が収録される。2007年「吸血鬼/ヴァンパイア文学800・アート」夜想賞:今野裕一・選を『杏の血』、『七つの子』で受賞。2008年、第15回日本ホラー小説大賞短編賞を「生き屏風」で受賞。2010年「みちのく怪談コンテスト」高橋克彦賞を「映写眼球」で受賞。同年、「一休とんち大賞」の審査員に就任。2011年「みちのく怪談コンテスト」受賞。第13回Sense of Gender賞 候補『あめだま ――青蛙モノノケ語り』,「大阪てのひら怪談」企画者、審査員:酉島伝法、牧野修雅夫、山下昇平

受賞歴

田辺青蛙関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

田辺青蛙関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

HighIshikiKaeru田辺青蛙が人間だと知ったときは、ちょっとショックでした。
masaya_maruyama田辺青蛙さんのご主人である円城塔さんの芥川賞受賞も嬉しかったな。なんか勝手に身近に思っていて申し訳ありませんけど。
maxim_reading唐突ですが、ホラー好きな人は田辺青蛙さんオススメです。苦手な人も『魂追い』『生き屏風』『皐月鬼』の三作は楽しんで読めるはず。
watakonQMA【ライエフェ】2010年に作家・円城塔(えんじょうとう)と結婚した女流ホラー作家です(田辺青蛙)→たなべせいあ正解率26%。福山雅治とキモオタを足して2でわったイケメン寄りの顔
AKariHaruna『生き屏風』『魂追い』『皐月鬼』『人魚の石』『読書で離婚を考えた』田辺青蛙 著#いいねされた数自分の本棚にある本を記載する見た人もする https://t.co/2Sxqhqbq01
ytmwn田辺青蛙 著『魂追い』読了。★★★☆☆和風ファンタジーあやかし珍道中・突然のタヒ。設定が逐次追加されていく感じの連作で、結構唐突というか行き当たりばったり感。最後もいきなり河童をアレして急展開のち想定外の結末。最初の目的なんて飾りだった。食事の描写にはこだわるが、つづく
ganymede10217)『人魚の石』田辺青蛙どのタイミングで突っ込もうかと思ってそわそわしてる本。読むの楽しみです。 https://t.co/0xYlkBvQBN
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
田辺青蛙さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)