トップページ > 作家名一覧 > くから始まる作家名一覧 > 日下圭介

日下圭介

日下圭介さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

日下 圭介(くさか けいすけ、1940年1月21日 - 2006年2月12日)は、日本の小説家、推理作家。江戸川乱歩賞作家である。
和歌山県に生まれる。1962年早稲田大学商学部出身。1975年、朝日新聞社整理部記者であった時に応募した『蝶たちは今…』が江戸川乱歩賞を受賞。1982年に『木に登る犬』および『鶯を呼ぶ少年』が日本推理作家協会賞を受賞。1984年から作家業に専念。
初期の作風は中間小説的な推理小説であったが、1980年代後半から『黄金機関車を狙え』『チャップリンを撃て』など昭和初期の歴史に題材をとってミステリーを多く執筆する。
2006年2月12日、誤嚥性肺炎のため千葉市の病院で死去。享年66。

受賞歴

日下圭介関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

日下圭介関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Piaemoman日下圭介『蝶たちは今・・・・(講談社文庫)』、結城昌治『死体置場は空の下(講談社文庫)』、嵯峨島昭『札幌夫人(光文社文庫)』、山田正紀『妖鳥(幻冬舎ノベルス)』、清水義範『CM殺人事件(光文社文庫)』
adrenalizebook日下圭介・著『鶯を呼ぶ少年』https://t.co/cFdiPQlGen「正夫に死体の話をしたのは、あくまで、でまかせでした。正夫が、あの山に登るのが恐ろしかった。山には忌わしい記憶があるのです。私と、正夫の母の…」あの山に… https://t.co/mCdOfq1cYn
sengyotei日下圭介『女怪盗が盗まれた』(光文社文庫)読了。本格ミステリーを7編収録した文庫オリジナル短編集。やりすぎたラストが仇となり傑作になり損ねた鉄道ミステリ「旅の密室」、懸賞出題(賞金総額30万円)された犯人当て小説の表題作の2作がベスト。
mys_tra日下圭介「旅の密室」・初出=『オール讀物』1982年12月号・収録書=『女怪盗が盗まれた』[1994年4月刊]・再録書=日本推理作家協会編『生首コンテスト』(文庫版タイトル『戦慄のプログラム 日本ベストミステリー選集13』)https://t.co/Zpwyy2lJiB
wanpie47ころす・の・よ日下圭介こういう短編集がすき。通学、通勤の電車の中で読むのが最高でした。#ひろしや本舗#日下圭介#文庫本が好き#本好きな人と繋がりたい#本好きの人と繋がりたい https://t.co/hrvupt0ro2
hibinovel新保に犯人解を依頼する。そんな多忙な日常を送っていたある日、照浜のもとに照浜を含めた各教室に依頼が舞い込んでくる。日下圭介訳の四字熟語。センバツ代表格×CEO探偵×歴史研究家プル五年前×大阪夏の陣
ibuki_cafe『RT感謝!その記事再登場』(11673) 『ミステリー』(80)『蝶たちは今…』日下圭介著、講談社旅先で間違えた他人のバッグから出てきた一通の手紙。それは女から男にあてたものだった。バッグを返すべく手紙の差出人を訪ねてみ… https://t.co/0jt1GpOEG5
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
日下圭介さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)