トップページ > 作家名一覧 > ちから始まる作家名一覧 > 知念実希人

知念実希人

知念実希人さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

知念 実希人|ちねん みきと|1978年10月12日。東京都在住、東京慈恵会医科大学医学部医学科卒業。
沖縄県南城市で生まれるが、1歳にも満たないうちに東京へ戻り、池袋で育つ。子供の頃から江戸川乱歩の少年探偵団や、コナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズに親しみ、「ストーリーを作る側になってみたい」という思いを持つが、実際には祖父や父と同じ医師への道に進む。高校生のときに鮎川哲也が編者を務める公募アンソロジー『本格推理』に本名で投稿し、掲載される。
2004年に医師国家試験に合格し、内科医として勤務。4年間働き内科医の認定医となってから本格的に小説の執筆にとりかかり、以来医師の父親が開業する西東京市の医院で診療活動をしながら執筆活動を続けている。2011年、『誰がための刃 レゾンデートル』(応募時のタイトルは「レゾン・デートル」)で第4回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞。選考委員の島田荘司は「背後に存在する深い医学的知見に都度圧倒される」と評した。2012年、同作で作家デビュー。Twitterでは医療系のトリビアをつぶやいている。

受賞歴

知念実希人関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

知念実希人関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

yasmine_puzzle@yamamusubi 知念実希人さんの『祈りのカルテ』と言う本は、研修医がいろんな科を回ってどの科がいいかな~と迷うお話でした。文庫もあります。いろんな科が垣間見られた印象を持ちました。
aBCaJBAQbSwc3PGネタバレ注意 知念実希人の『硝子の塔の殺人』月夜は巴さんを殺害したことは明言したが、老田さんや神津島さんを殺害したと言っていない。そして一条先生が最後に検死ししたときにどちらの表現でも使われていたゴムのような感触...この二人は死んでいないのでは?
sero_neroすごいですね。実際にこの知念実希人氏の『硝子の塔の殺人』は、読み直してなお仕掛けに唸らされる作品でした。人間模様も面白いし……同じ7月30日に作品を世に出した身としての羨ましさもありますが、それ以前に一読者として引き込まれました。 https://t.co/34aNYLTCkQ
tonsoku586知念実希人「硝子の塔の殺人」読了。中盤までは普通のミステリーで、何てことのない物語だが、後半はビックリ、そうきたか!!!と非常に楽しめた作品だった。
KrN0bNiInEMPMjA@uRakiH77 少女とNのためには自分も読みました!特にNのためには最後に全て回収された感じで、鳥肌が立ったのを覚えてます笑知念実希人さんは最近本屋でよく見かけるので気になってました!ぜひ読んでみようと思います!
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
知念実希人さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)