トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉田恭教

吉田恭教

吉田恭教さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉田 恭教(よしだ やすのり、1960年。島根県大田市在住。桃山学院高等学校卒業。
30歳まで東京で写真製版業に従事するが、病気を患い医者の勧めで島根県で一本釣りの漁師となる。2010年、『変若水(をちみづ)』(応募時のタイトルは「変若水 月神の遺産」)が第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の優秀作に選ばれる。選考委員の島田荘司は「作中にある世界の完成度は、その大きさ、異形の度あいも含め、この作が最も高い」と評した。2011年、同作で本格的に作家デビューする。推理作家になろうと思ったきっかけについて、「時化で海に出られないときに、小説でも書いてみようと思い立ち、島田荘司が好きだったのでミステリ小説を書くことにした」と語っている。

吉田恭教新刊

  • 発売日
    2018年10月4日
  • 書名
    凶眼の魔女 (実業之日本社文庫)

受賞歴

吉田恭教関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉田恭教関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

MYBRARY_JP吉田恭教さんの「亡霊の柩 (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)」発売中をMYBRARYの「ほしい」に追加しました。https://t.co/fILkUD0DDi
0209Japan恵中瞳ちゃんの『エア✴︎歌舞伎』素晴らしい!必見です
junie_mそしてママは毎日本読んでるけど、今日はどんなの読んだの?と聞かれて、朝からおどろおどろしい内容(吉田恭教:鬼を纏う魔女)だったので説明が難しかった(苦笑)「ママはけーさつの好きだよね」だそうだ。うん、大好き!
haniwako555吉田恭教「可視る」読了。近年読んだ本の中で一番強烈で面白かった。犯人の残忍さでは最高レベルかも。でも先が気になってあっという間に読み終えてしまった。本作に出てくる幽霊画があるなら実際に見てみたいけど、精神的にも弱い私は生きてられないかもしれないなぁ......
4i6r6e吉田恭教著の「ネメシスの契約」を読んでいる。裁判官や判事を狙った犯罪について緻密に書かれている。判事のような仕事をする人にとって、仕事の達成感のようなものは感じられるのだろうか。どんな判決と出したとしても満足されない人が存在するの… https://t.co/qiEo6wWHzp
bara50こんばんは!文化の日いかが過ごされましたでしょうか?私は文化の日にふさわしく(笑)本を読んで過ごしました。今日読みおえた本は後日ブログにて紹介しますね。今日のブログでは吉田恭教さんの「亡霊の柩」を紹介しました。… https://t.co/N91odE6pZg
12842987吉田恭教『化身の哭く森』(講談社)読了。7年前に行方不明になった祖父を探しに「入らずの山」に足を踏み入れた大学生の周辺で次々に起こる殺人事件。手に汗握る展開で一気に読み終えた。#吉田恭教 #講談社
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉田恭教さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)