トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉田恭教

吉田恭教

吉田恭教さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉田 恭教(よしだ やすのり、1960年。島根県大田市在住。桃山学院高等学校卒業。
30歳まで東京で写真製版業に従事するが、病気を患い医者の勧めで島根県で一本釣りの漁師となる。2010年、『変若水(をちみづ)』(応募時のタイトルは「変若水 月神の遺産」)が第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の優秀作に選ばれる。選考委員の島田荘司は「作中にある世界の完成度は、その大きさ、異形の度あいも含め、この作が最も高い」と評した。2011年、同作で本格的に作家デビューする。推理作家になろうと思ったきっかけについて、「時化で海に出られないときに、小説でも書いてみようと思い立ち、島田荘司が好きだったのでミステリ小説を書くことにした」と語っている。

吉田恭教新刊

  • 発売日
    2018年3月14日
  • 書名
    亡霊の柩 (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)

受賞歴

吉田恭教関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉田恭教関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

0209Japan注目のミステリー作家✍️〜吉田恭教〜『鬼を纏う魔女』(南雲堂刊)は、ミステリー史上に残る傑作‼️流麗な文体✴︎芳醇で濃密な謎✴︎洗練されて驚愕の展開✴︎意外性と感動の結末‥全国の書店で絶賛発売中
novelist_debut●吉田恭教 『変若水』 (2011年10月) ※『若水 -月神の遺産-』を改題
tsurubaそういえばバタバタで告知しそびれてしまったのですが、先日の「図書新聞」6月9日号に吉田恭教さん『亡霊の柩』の書評を寄せました。槙野・東條シリーズ四作目の本作もびっくりトリックは健在です。https://t.co/XS3Z0SjJU9
ozukka_208ナイス 【亡霊の柩 (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)/吉田恭教】前作までのオカルト、怪奇ミステリが好みだったので、今作は読み進まなかった。方向転換したのでしょうか?もちろん話としては面白… → https://t.co/iCxHYV8JSX #bookmeter
hasugon1841ナイス 【亡霊の柩 (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)/吉田恭教】シリーズ最新刊に追いついた。疲れていたからか、なかなか進まなかったのか、いつものオカルト風味が無くて進まなかったのか。ある… → https://t.co/KNakwfYPZV #bookmeter
toshoshimbun【目次④】西尾勝彦『歩きながらはじまること』七月堂(田中庸介)、西加奈子『おまじない』筑摩書房(八木寧子)、吉田恭教『亡霊の柩』南雲堂(蔓葉信博)、R・H・ベンソン『テ・デウムを唱いながら』未知谷(野谷啓二)、山口佳紀『伊勢物語を読み解く』三省堂(西一夫)
amyu_myu吉田恭教『化身の哭く森』、椹野道流『最後の晩ごはん 海の花火とかき氷』、北大路公子『すべて忘れて生きていく』読了。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉田恭教さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)