トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉田恭教

吉田恭教

吉田恭教さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉田 恭教(よしだ やすのり、1960年。島根県大田市在住。桃山学院高等学校卒業。
30歳まで東京で写真製版業に従事するが、病気を患い医者の勧めで島根県で一本釣りの漁師となる。2010年、『変若水(をちみづ)』(応募時のタイトルは「変若水 月神の遺産」)が第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の優秀作に選ばれる。選考委員の島田荘司は「作中にある世界の完成度は、その大きさ、異形の度あいも含め、この作が最も高い」と評した。2011年、同作で本格的に作家デビューする。推理作家になろうと思ったきっかけについて、「時化で海に出られないときに、小説でも書いてみようと思い立ち、島田荘司が好きだったのでミステリ小説を書くことにした」と語っている。

吉田恭教新刊

  • 発売日
    2019年5月24日
  • 書名
    警視庁特殺 使徒の刻印 (角川文庫)

受賞歴

吉田恭教関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉田恭教関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

harousumisu1『FGO』基本設定からして知らないのですがイケるんでしょうか? 『Fate/stay night』の最初のアニメと『プリズマ☆イリヤ』しかわからん。吉田恭教の新刊も買った。 https://t.co/uN6PMqLSGN
mysdance18112019年90冊目、読了。吉田恭教「警視庁特殺 使徒の刻印」。「面白かった」と作品の感想を述べる事すら不謹慎なのではないかと思ってしまうくらい、強烈な事件が描かれた物語でした。 …でも、すみません。事件も、謎も、登場人物達のキャラ… https://t.co/LoMroiwl6k
mysteryEQ吉田恭教「警視庁特殺 使徒の刻印」読了。警視庁捜査一課来生班のエース・佐倉智孝は強引な捜査手法で物議を醸す若手刑事だ。元同僚で犯罪ジャーナリストの有働佳祐は危うげな彼が心配で仕方ない。ある日、手首を鎖で繋がれた焼死体が発見される。その背中には使徒を意味する焼印が押されていた――。
imaibooks_hama吉田恭教さんの新刊「警視庁特殺 使徒の刻印」(角川文庫)の感想を書きました。いっきに読ませる面白さ!編集さんから熱いメッセージの入ったPOPも届きました。ありがとうございます!https://t.co/9dwHQt20Nu https://t.co/8HPegX2C7l
ShinkanRemind@monde_belle 吉田恭教 さんの新刊が見つかりました! 警視庁特殺 使徒の刻印 (角川文庫) https://t.co/j7iMNV5hqN
kinokuniyanew警視庁特殺 使徒の刻印 (角川文庫) (吉田恭教) の、紀伊國屋電子書籍版が予約開始されました。金曜配信。https://t.co/KFxCb57asY
kanosyobo_1216ほわあああ( ゚Å゚;)ゲラを読ませて頂いて、感想をお送りしただけなのに見本誌をいただいてしまった…!担当さん、吉田恭教(@ipponturi)先生、ありがとうございます! https://t.co/v3yaTdumD9
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉田恭教さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)