トップページ > 作家名一覧 > よから始まる作家名一覧 > 吉田恭教

吉田恭教

吉田恭教さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

吉田 恭教(よしだ やすのり、1960年。島根県大田市在住。桃山学院高等学校卒業。
30歳まで東京で写真製版業に従事するが、病気を患い医者の勧めで島根県で一本釣りの漁師となる。2010年、『変若水(をちみづ)』(応募時のタイトルは「変若水 月神の遺産」)が第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の優秀作に選ばれる。選考委員の島田荘司は「作中にある世界の完成度は、その大きさ、異形の度あいも含め、この作が最も高い」と評した。2011年、同作で本格的に作家デビューする。推理作家になろうと思ったきっかけについて、「時化で海に出られないときに、小説でも書いてみようと思い立ち、島田荘司が好きだったのでミステリ小説を書くことにした」と語っている。

吉田恭教新刊

  • 発売日
    2018年10月4日
  • 書名
    凶眼の魔女 (実業之日本社文庫)

受賞歴

吉田恭教関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

吉田恭教関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gemi3020【可視(み)える (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)/吉田恭教】前から読みたい本に登録してあったこの作品。初読みの作家さん。んー…正直求めていた物とは全然違った。まぁ警察小説としても、まぁ… → https://t.co/aYNuR8SJ9U #bookmeter
moon098111今年に入って読んだ本の中で、吉田恭教氏の『変若水』(光文社)がいちばん面白かったかな。でも、この作家先生の本をあまり本屋さんで見かけない。やすのりの漢字が難しいから?
FourthNavi#読了『変若水(をちみづ)』吉田恭教著横溝正史作品を思わせる世界観に現代医学が融合。探偵でも刑事でもない少々チャラい(失礼!)青年が、大胆な推理と地道な調査で一歩一歩真相に近付いて行く様は読み応えアリ。[以下ネタバレありです][未読の方は⚠!] ↓
mysdance18112019年27冊目、読了。吉田恭教「凶眼の魔女」。これはすごい作品、衝撃でした。狂気に満ちた事件のエグさ、恐怖感、嫌悪感が凄くて挫けそうになったけど、解決に向かうまでの展開が面白くて最後まで読む事が出来た。この作品を読み切れたのは… https://t.co/CMlVF0VDA5
punimi4【化身の哭く森/吉田恭教】#読了7年前に消息不明になった祖父の遺骨を探す為に入らずの山に入った大学生達が次々と死を遂げる。これは祟りなのか。それとも。シリーズ途中から読んでしまいましたが問題なく楽しめました。が、改めて1から読みたいと思います。ハマりました。
kawaiga【可視(み)える (本格ミステリー・ワールド・スペシャル)/吉田恭教】を読んでいる本に追加 → https://t.co/6Zz9UZsjLK #bookmeter
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
吉田恭教さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)