トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 水生大海

水生大海

水生大海さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

水生 大海(みずき ひろみ)は日本の小説家、推理作家、元漫画家。女性。三重県鈴鹿郡関町(現・亀山市)生まれ愛知県在住。日本推理作家協会および本格ミステリ作家クラブ会員。
『少女たちの羅針盤』で第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀作を受賞し、2009年に同作でデビューした。
教育系出版社に勤務ののち、派遣社員のかたわら漫画家として1995年に秋田書店からデビューしている。
その後、小説家として亜鷺一の名で2005年に第1回チュンソフト小説大賞に応募、『叶っては、いけない』でミステリー/ホラー部門銅賞受賞。
2008年に水生大海の名で第1回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞に応募、『罪人いずくにか』で優秀作を受賞した。同作は最終選考委員の島田荘司の勧めにより改稿しタイトルを『少女たちの羅針盤』と改めて2009年に原書房より出版され、2011年には成海璃子ら出演で映画化された。
2014年、アンソロジー『エール! 2』に収録されている短編「五度目の春のヒヨコ」が第67回日本推理作家協会賞(短編部門)の候補作になる。

水生大海新刊

  • 発売日
    2019年7月17日
  • 書名
    最後のページをめくるまで

受賞歴

水生大海関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

水生大海関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

oyama_seiichiro水生大海さんの新刊『最後のページをめくるまで』(双葉社)を読了。先を見通せないダークで不安に満ちたサスペンスの果てにどんでん返しが炸裂する、粒揃いの短編集。元彼に押しかけられた若い女性、妻の殺害を通夜の席で回想する中年医師、特殊詐欺の出し子をするまでに追い詰められた男子大学生、
kiichiros【ゲスト水生大海】これからデビューする人へ【鈴木輝一郎小説講座動画ダイジェスト】 命綱を複数持て、という話です。>https://t.co/ijv4H0QEBG
mys_sus_bot【エフェクト】『少女たちの羅針盤』などの作品で知られる推理作家です 『水生大海』→みずきひろみ
shousetsusuiri今月の文芸書新刊、水生大海さんの『最後のページをめくるまで』は驚き5連発の絶品ミステリです。ぜひお読みください!https://t.co/A0UDb5S90U https://t.co/HXKb1YYF0a
daranekos★気になる7月下旬発売予定の新刊★その1★瀬名秀明「小説ブラック・ジャック」(誠文堂新光社16日)★水生大海「最後のページをめぐるまで」(双葉社17日)★黒木渚「呼吸する町」(光文社17日)★鳥飼否宇「天災は忘れる前にや… https://t.co/yhCmpZ8J2t
mysteryNew@mysteryNew [新刊発売] 2019-07-16 最後のページをめくるまで 水生大海 [小説・エッセイ] https://t.co/iUyj1wF0a1 #sinkan
jamyokomizomaya青春ミステリ10選① 死者の学園祭/赤川次郎 記憶の果て/浦賀和宏 殺意は必ず三度ある/東川篤哉 少女たちの羅針盤/水生大海 消失グラデーション/長沢樹
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
水生大海さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)