トップページ > 公募新人賞一覧 > 幽 怪談文学賞(短編) > 2006年−第1回 幽 怪談文学賞(短編)

幽 怪談文学賞(短編)

2006年−第1回 幽 怪談文学賞(短編)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第1回—2006年

その他の回のデータ(全データ一括表示

幽 怪談文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

幽 怪談文学賞(短編)関連つぶやき

eiyowotoro【作家:水沫流人】第1回『幽』怪談文学賞(『ダ・ヴィンチ』『幽』主催)長編部門優秀賞受賞https://t.co/RL142bvX80
umudouzen【作家:水沫流人】第1回『幽』怪談文学賞(『ダ・ヴィンチ』『幽』主催)長編部門優秀賞受賞https://t.co/54WhnxFYs1
ifgsisterキーワード再び「自助努力」(「幽」文学賞や怪談実話からは他の出版社でも活躍できる人が現れた、というお話)
kwai_yoo「怪」と「幽」の誌名の決まるまでの流れを、京極さん東さんよりトーク。朱野さんは、ダ・ヴィンチ文学賞でのデビュー以前に『幽』怪談文学賞に応募されていたと!
ayaka_nyaa5あ。ふる怪……。先日、他県のラジオを聴いていたら宇佐美まこと先生がふるさと怪談トークライブ・幽文学賞の話・人喰観音の紹介をなさってて、ビックリ&ふふふ……。って(*´ω`*)✨なりましたす。RT>
hanabusakannon「幽」怪談文学賞に応募した、短編&長編小説の原稿も残ってるけど、恐ろしくて(内容がひどすぎて)ファイルを開ける気にもならない。永遠に封印します……。
shinotamaki_発売中の『幽』のブックレビュー「『幽』怪談文学賞出身作家たちの活躍」に書評をいただいております。『人喰観音』を「人喰い版『ポーの一族』とも言うべき傑作」とご紹介いただき、目がうるうるしてしまいました。千街晶之さん、どうもありが… https://t.co/Baz3MLi05n
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)