トップページ > 公募新人賞一覧 > 幽 怪談文学賞(長編) > 2006年−第1回 幽 怪談文学賞(長編)

幽 怪談文学賞(長編)

2006年−第1回 幽 怪談文学賞(長編)の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

第1回—2006年

大賞

優秀賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

幽 怪談文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

幽 怪談文学賞(長編)関連つぶやき

kyo_602【七面坂心中 (幽BOOKS)/水沫 流人】図書館。第1回の『幽』怪談文学賞で長編部門優秀賞を受賞した作品。あまり怪談やホラーぽい作品には感じられなかったが、どこは不思議な感じのある作品で、その… → https://t.co/DShfC7KiWE #bookmeter
umudouzeneiyowotoro: 【作家:水沫流人】第1回『幽』怪談文学賞(『ダ・ヴィンチ』『幽』主催)長編部門優秀賞受賞https://t.co/54WhnxonAt
eiyowotoro【作家:水沫流人】第1回『幽』怪談文学賞(『ダ・ヴィンチ』『幽』主催)長編部門優秀賞受賞https://t.co/RL142bemgs
BaddieBeagle"第1回『幽』怪談文学賞短篇部門大賞受賞作「るんびにの子供」を含む全7篇。宇佐美まことの原点": 宇佐美まこと『るんびにの子供』 https://t.co/ogYwJQZtTI
karakusashuzai#しれっとすごいことを言う見た人もやる『幽』怪談文学賞の最終選考で京極夏彦先生に「この作者は読者を怖がらせるつもりがない」と言われた
shitanagaコロナの影響でカルチャー講師も休業中。並行して三冊の本を読みながら画を描いている。写真・左は絵を描くために作った粘土細工。右、捨てる物の整理をしていて出してみました。捨てません! 因みに是は『幽』怪談文学賞の入賞者に贈られたトロフ… https://t.co/N2Ow6m1KNR
etsuokabe本当に命名が苦手で、小説のタイトルも最後まで決まらず、担当編集者に考えてもらうことも多いのだ。デビュー作となった「枯骨の恋」も、幽怪談文学賞に応募するときにつけたタイトルだけれども、ギリギリまで悩んだ覚えがある。唯一天から降ってきたのは「残花繚乱」だった。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)