トップページ > 作家名一覧 > とから始まる作家名一覧 > 鳥羽亮

鳥羽亮

鳥羽亮さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

鳥羽 亮(とば りょう、1946年8月31日 - )は、日本の小説家・作家。埼玉県出身。
1946年、埼玉県長瀞町に生まれる。埼玉大学教育学部卒業。1990年『剣の道殺人事件』で第36回江戸川乱歩賞を受賞(阿部陽一の『フェニックスの弔鐘』と2作同時受賞)。応募前は小学校教員と教育関連の仕事についていた。その後、サスペンス・推理小説として『警視庁捜査一課南平班』(講談社刊)シリーズなどがある。剣豪小説にミステリーの要素を加えた『三鬼の剣』から時代小説を書き始めた。宮本武蔵や柳生十兵衛などの実在の剣豪を描いた作品のほか、狩谷唐十郎(『鬼哭の剣』シリーズ)、島田宗五郎(『天保剣鬼伝』シリーズ)、蓮見宗二郎(『深川群狼伝』シリーズ)、毬谷直二郎(『三鬼の剣』、『隠猿の剣』等)などの架空の剣豪ヒーローを多数生み出しており、近年では『剣客春秋』シリーズ、『闇の用心棒』シリーズ、『八丁堀剣客同心』シリーズ、『まろほし銀次捕物帳』シリーズ、『はぐれ長屋の用心棒』シリーズ、『首売り長屋日月譚』シリーズ、『剣客同心 鬼隼人』シリーズ、『流想十郎蝴蝶剣』シリーズ、『御助宿控帳』シリーズ、『隠目付江戸日記』シリーズ、『影与力嵐八九郎』シリーズ、『剣客旗本奮闘記』シリーズ、『影目付仕置帳』シリーズ、『火盗改鬼与力』シリーズ、『子連れ侍平十郎』シリーズ、『わけあり円十朗江戸暦』シリーズ、『さむらい』シリーズ、『八丁堀吟味帳』(鬼彦組)シリーズなど、剣術(秘剣)ミステリーや、江戸時代の絆と人情の厚さ(町人の長屋、武士の組屋敷などの生活環境のつながりによる人情)を描いた作品も書いている。また、時代推理小説として『波之助推理日記』シリーズがある。2007年6月には、著書100冊突破を記念して、『剣豪たちの関ヶ原』を出版した。2012年に第1回歴史時代作家クラブ賞「シリーズ賞」を受賞。2017年2月下旬の時点で、著作数は300冊を超えている。

鳥羽亮新刊

  • 発売日
    2018年9月4日
  • 書名
    八丁堀「鬼彦組」激闘篇 奇怪な賊 (文春文庫)
  • 発売日
    2018年8月7日
  • 書名
    用心棒たちの危機-はぐれ長屋の用心棒(43) (双葉文庫)
  • 発売日
    2018年7月13日
  • 書名
    鶴亀横丁の風来坊 (講談社文庫)

受賞歴

鳥羽亮関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

鳥羽亮関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

rekishikouro鳥羽亮『用心棒血戦記 上州密殺旅』「~十三郎は、小者の茂平や兵法者の神林弥五郎たちと共に、江戸から国許に向かった四人の藩士を護り、血路を斬りひらくのだった。」https://t.co/3hitDKwj4f達眼老練の四〇〇字 #書評【書物目利所】― 細谷正充
PHPeb【iBooks】『奇剣 稲妻落し』(鳥羽亮) https://t.co/DCa2P9N679 直心影流の遣い手で“わけあり”の円十郎。二人の牢人仲間と共に気ままに過ごしている彼のところに、新たな依頼が。待望のシリーズ第三弾。 #iBooks
qma_jidaigeki_bNo.20 (スロ)「直心影流 毬谷直次郎」や「覇剣 武蔵と柳生兵庫助」などの時代小説で知られる江戸川乱歩賞も受賞した作家は?⇒鳥羽亮
Tokuma_Bungei【徳間文庫7月新刊】『新まろほし銀次捕物帳 鬼の隠れ簔』(鳥羽亮)裕福な商家の子女を狙った誘拐事件が相次いだ。町には「剣鬼」と恐れられる浪人の噂が。岡っ引き銀次の一角流十手術 “まろほし”が一閃する!書下し人気シリーズ最新作。 https://t.co/0WKEspOg4v
y_ranking_news(7/14) 歴史、時代小説ランキング20位:剣客春秋 遠国からの友 幻冬舎時代小説文庫/鳥羽亮【著】https://t.co/3gD6uagcBM
kinokuniyasale鬼剣 影与力嵐八九郎 (鳥羽亮) が、紀伊國屋電子書籍で特価で180円引き70ポイント増の416円(30%OFF)、75ポイント還元になりました。https://t.co/i9Hdy54dUb
pottyariR18@125da_urihiro 意識のハテに鳥羽亮見ましたか?前立腺の成れハテが愛
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
鳥羽亮さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)