トップページ > 作家名一覧 > おから始まる作家名一覧 > 大谷羊太郎

大谷羊太郎

大谷羊太郎さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

大谷 羊太郎(おおたに ようたろう、1931年2月16日 - )は、日本の小説家、推理作家。本名、大谷一夫。東大阪市生れ、埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和区)出身。埼玉県立浦和高等学校卒、慶應義塾大学国文科中退。
大学在学中にプロミュージシャンとしてデビュー。後、「秀和プランニング」で克美しげるのマネージャー。1966年、『四つのギター』が第12回江戸川乱歩賞候補(本名で投稿)。1968年、第15回乱歩賞候補の『死を運ぶギター』(『美談の報酬』改題)でデビュー。翌年には『虚妄の残影』で再び乱歩賞候補、その翌年に『殺意の演奏』で第16回乱歩賞を受賞。
芸能界での生活を活かし、芸能界を舞台とした密室もので広く読者を獲得。八木沢警部補という名探偵を創り出した。共同覆面作家・鷹見緋沙子の一員(ほかは草野唯雄、天藤真)。代表作に、『真夜中の殺意』『悪人は三度死ぬ』など。
小説家に憧れていた母親によって、子供のころから新聞小説を読まされていたが、当初は小説家になる気は起きなかったという。大学時代は純文学に傾倒。終戦後、アメリカ音楽に心酔し、スチールギターを弾くようになる。父の破産後はバンドマンとなり、芸能界入り。
だが、「浮草稼業」から脱却するため、江戸川乱歩賞に応募するようになる。三回落選の後、『殺意の演奏』でようやく受賞。社会派ミステリーが全盛で、トリック主体のものが冷遇されていた中で、森村誠一、斎藤栄らとともに謎解き中心の作品群を発表した。その後、サスペンスに転じ、現在は旅情ミステリーものを主に書いている。
現在、さいたま文藝家協会賞選考委員を務める。また、さいたま市スポーツ文学賞(旧「浦和スポーツ文学賞」)では1994年の賞創設当時から選考委員を続けている。

受賞歴

大谷羊太郎関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

大谷羊太郎関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

adrenalizebook大谷羊太郎・著『殺人の二重罠(ダブル・トラップ)』https://t.co/rqwLFCYOYc池袋の雑居ビル。長い夜を過ごすガードマンたちが、ドスン、という地響きの音を聞いた。慌てて現場に駆けつけると、窃盗犯が墜落死していた… https://t.co/DFTzkZzWHq
otaniyotaro飛び交うタバコ入れ ~八十年前に見た芝居の興奮、今も鮮やかに~人生旅日記・飛び交うタバコ入れ/大谷羊太郎 - カクヨム https://t.co/t8Pgu7QIVD「小説家になろう」にも投稿していますhttps://t.co/Gn9LnAfhzV
naox_toku【#購入本覚え】20200208(1)#ブックオフイオンモール成田店 『夏目漱石 青春の旅』半藤一利編 文春文庫ビジュアル版『猫の文学史』熊井明子 朝日文庫『殺意の演奏』大谷羊太郎 講談社文庫『異形コレクション 妖女』井上雅彦監修 光文社文庫
aNmiNreNtaN私が子供の頃に「多重解決」という語を初めてみかけたのは、確か大谷羊太郎の『殺意の演奏』について書かれた文章だったと思います。その文章がなんだったのか、筆者は誰だったのかも、今となっては忘却の彼方ですが、そこでは「多重解決」が限定的な意味で用いられていたことは確かです。
JPmysteryBD大谷 羊太郎(おおたに ようたろう、1931年2月16日 - )『殺意の演奏』『真夜中の殺意』『悪人は三度死ぬ』
blackbox_toyo本日2月16日は推理作家、大谷羊太郎先生のお誕生日です!代表作は『殺意の演奏』『完全犯罪学講義』など。学生時代はプロミュージシャンとしても活躍されていました。
dewausao大谷羊太郎先生のエッセイを読むのを忘れていた。帰ってパソで読もう。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
大谷羊太郎さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)