トップページ > 作家名一覧 > あから始まる作家名一覧 > 浅尾大輔

浅尾大輔

浅尾大輔さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

浅尾 大輔(あさお だいすけ、1970年5月8日 - )は、日本の小説家。
愛知県新城市出身。母・えいこは前・同市議会議員。また、新城市の隣の豊川市市議会議員の安間寛子は実姉。
名古屋大学法学部在学中の1992年、日本共産党創立70年記念の文芸作品募集に応募し、小説「ストレンジ・デイズ」が佳作入賞する。この作品は1993年に雑誌『文化評論』に掲載された。その後、しんぶん赤旗記者や日本共産党職員として勤務。その後は国公労連のオルグとしても活動した。1995年には第1回民主文学新人賞に応募、小説「ラウンド・ツウ」が佳作入賞。1997年、小説「ボンネットバス」で第1回伊豆文学賞優秀賞受賞。日本民主主義文学会に所属し、いくつかの作品を発表する。
2003年、小説「家畜の朝」が第35回新潮新人賞を受賞する。その後、評論家大澤信亮や画家増山麗奈らとともに、かもがわ出版から雑誌『ロスジェネ』を発行、2010年の終刊まで編集長をつとめる。
2009年、第1創作集『ブルーシート』を、朝日新聞出版から刊行。

受賞歴

浅尾大輔関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

浅尾大輔関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

akahatabunka【今日の赤旗文化面】映画評「ラッカは静かに虐殺されている」https://t.co/aRXhjUr5ey(アメリカ)「ISに抗する市民記者」(評者:浅尾大輔さん)朝の風「多喜二が好きだった曲」
peace_ojisan小林多喜二の絶筆「右翼的偏向の諸問題」を現代日本に重ねて考えた作家・浅尾大輔さんのエッセー。『目を開け!耳を澄ませ!研ぎあげた言葉で紡げ!』これは私たち市民への激励の言葉でもある━日常に流されないで、情勢の根幹をつかみ、良く考えた言葉で周囲に・社会に働きかけよう━。
takakimiko@ichida_t 昨年、治安維持法の学習会で写真を見て涙する方がおられました。浅尾大輔さんの文章、身が引き締まる思いです。涙!
nakamasa02252月20日は小林多喜二の命日。今日の「しんぶん赤旗」から2つの記事を紹介する。浅尾大輔さんの「時代に向かう研ぎあげた言葉を/小林多喜二没後85年/絶筆から届く声」、近畿のページで「大阪多喜二祭 暴力と戦争許さない 今も生きる決意」 https://t.co/sN6iI26iRO
takijidakkan今日のしんぶん赤旗に多喜二の命日、2月20日にふさわしい浅尾大輔さんの文章が載りました。まさにその通りです。さあ、頑張らなきゃ!#多喜二祭、#多喜二 https://t.co/oKeTCUPSY9
asa_mimie赤旗 文化面 浅尾大輔さん小林多喜二 没後80年「子どもたちの苛烈ないじめ、フリーターの孤独、職場の暴力的支配、介護現場のすさまじさ、名護市の新基地建設の資材搬入口前の緊迫、路上に響くヘイトスピーチと対決するカウンター勢の闘… https://t.co/KaKsf2FKZT
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
浅尾大輔さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)