トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 須賀敦子

須賀敦子

須賀敦子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

須賀 敦子(すが あつこ、1929年1月19日(戸籍上は2月1日) - 1998年3月20日)は、日本の随筆家・イタリア文学者。 従兄弟には、考古学者で同志社大学名誉教授の森浩一がいる。
20代後半から30代が終わるまでイタリアで過ごし、40代はいわゆる専業非常勤講師として過ごす。50代以降、イタリア文学の翻訳者として脚光を浴び、50代後半からは随筆家としても注目を浴びた。2014年には、イタリア語から日本語への優れた翻訳を表彰する須賀敦子翻訳賞が創設された。
大手の水道工事業者、須賀工業経営者の家に生まれる。カトリック系の学校に通い、後にカトリックに入信。教会での活動に打ち込みながら聖心女子大学で学んだ後、自分の進路を決めかねていたが、1年後慶應義塾大学大学院社会学研究科の修士課程に進学。フランスの神学にあこがれてパリ大に留学するために慶應を中退するも、パリの雰囲気が肌に合わず、次第にイタリアに惹かれるようになる。1954年の夏休みにはペルージャでイタリア語を学び、イタリアへの傾倒を決定的なものとする。26歳の時に一旦日本に戻るが、29歳の時に奨学金を得てローマに渡る。この頃からミラノのコルシア書店関係の人脈に接するようになる。
1960年、後に夫となるジュゼッペ・リッカ(ペッピーノ)と知り合う。この年の9月にはペッピーノと婚約し、翌年11月にウディネの教会で結婚。ミラノに居を構え、ペッピーノとともに日本文学のイタリア語訳に取り組む。しかし1967年にはペッピーノが急逝。1971年にはミラノの家を引き払って日本に帰国する。
帰国後は慶大の嘱託の事務員を務めながら上智大学などで語学の非常勤講師を務める。専業非常勤講師の状況は1979年、50歳になるまで続く。1979年に上智大学専任講師、1981年に慶大にて博士号取得。1985年、日本オリベッティ社の広報誌にてイタリア経験を題材としたエッセイを執筆。以降はエッセイストとしても知られる存在となっていく。1997年に卵巣腫瘍の手術。翌年3月、心不全のため死去。

須賀敦子新刊

  • 発売日
    2018年8月10日
  • 書名
    須賀敦子全集別巻 [対談・鼎談篇] (河出文庫 す)
  • 発売日
    2018年7月12日
  • 書名
    須賀敦子エッセンス2 本、そして美しいもの

受賞歴

須賀敦子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

須賀敦子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

Labrad28@mustard_nao @nyankovx 私もです!「大司教~」とかまだ読めていない須賀敦子の本棚も早目に読みたい~!
miyokosroom『ソーシャルワークマインド: 障害者相談支援の現場から』『ビジュアル版世界人権宣言』『どうして肌の色が問題になるの? (国際化の時代に生きるためのQ&A)』『嘘と魔法 上・下(須賀敦子の本棚)』『十字路(江戸川乱歩文庫)』『白髪鬼(江戸川乱歩文庫)』
_nordlichter最近は仕事が忙しくて、きちんと本も読めていなかった。途中のまま置いていた大好きな一冊で、読書生活を再開。『須賀敦子全集〈第3巻〉』 須賀敦子 https://t.co/zkjh2jgRXi
gelsomino712知らなかった…ずるい。高校生のうちに須賀敦子さんの作品に出会えるなんて(TT)。 https://t.co/E2CMoHjRM8
sika_girl@sika_girl 【新刊お知らせ】エルサ・モランテ『嘘と魔法 下 (須賀敦子の本棚 5)』 https://t.co/UJuniCgb5F #ブクログ新刊
triparaaceIstituto Italiano di Cultura Tokyo「第三回須賀敦子翻訳賞授賞式」今年須賀敦子翻訳賞を受賞したのは、ジョルジョ・アガンベンの著書『哲学とはなにか』を翻訳した東京外国語大学名誉教授の上村忠男さんに決… https://t.co/J1rKqRXgP9
p2357111317ガロアがもうすぐ死ぬ死はこんなにも近いのに、永遠に遠いものだ。The Radio Dept.と須賀敦子。あまりにも遠い風景。ここにある記憶のなんと遠いことか。日記F https://t.co/0v45cgvN6t
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
須賀敦子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)