トップページ > 作家名一覧 > すから始まる作家名一覧 > 須賀敦子

須賀敦子

須賀敦子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

須賀 敦子(すが あつこ、1929年1月19日(戸籍上は2月1日) - 1998年3月20日)は、日本の随筆家・イタリア文学者。 従兄弟には、考古学者で同志社大学名誉教授の森浩一がいる。
20代後半から30代が終わるまでイタリアで過ごし、40代はいわゆる専業非常勤講師として過ごす。50代以降、イタリア文学の翻訳者として脚光を浴び、50代後半からは随筆家としても注目を浴びた。2014年には、イタリア語から日本語への優れた翻訳を表彰する須賀敦子翻訳賞が創設された。
大手の水道工事業者、須賀工業経営者の家に生まれる。カトリック系の学校に通い、後にカトリックに入信。教会での活動に打ち込みながら聖心女子大学で学んだ後、自分の進路を決めかねていたが、1年後慶應義塾大学大学院社会学研究科の修士課程に進学。フランスの神学にあこがれてパリ大に留学するために慶應を中退するも、パリの雰囲気が肌に合わず、次第にイタリアに惹かれるようになる。1954年の夏休みにはペルージャでイタリア語を学び、イタリアへの傾倒を決定的なものとする。26歳の時に一旦日本に戻るが、29歳の時に奨学金を得てローマに渡る。この頃からミラノのコルシア書店関係の人脈に接するようになる。
1960年、後に夫となるジュゼッペ・リッカ(ペッピーノ)と知り合う。この年の9月にはペッピーノと婚約し、翌年11月にウディネの教会で結婚。ミラノに居を構え、ペッピーノとともに日本文学のイタリア語訳に取り組む。しかし1967年にはペッピーノが急逝。1971年にはミラノの家を引き払って日本に帰国する。
帰国後は慶大の嘱託の事務員を務めながら上智大学などで語学の非常勤講師を務める。専業非常勤講師の状況は1979年、50歳になるまで続く。1979年に上智大学専任講師、1981年に慶大にて博士号取得。1985年、日本オリベッティ社の広報誌にてイタリア経験を題材としたエッセイを執筆。以降はエッセイストとしても知られる存在となっていく。1997年に卵巣腫瘍の手術。翌年3月、心不全のため死去。

受賞歴

須賀敦子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

須賀敦子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shiganohanazono『須賀敦子全集 第3巻』の初めは「ユルスナールの靴」。ここにきて一段と磨きのかかった感のある作品。うまいなあ。漱石の『二百十日・野分』を読んだ直後だから、なおさらそう感じるのかも。ユルスナールの作品漁りをはじめてしまいそう。
yumicomachi【緋の舟/志村ふくみ他】誠実な筆致で綴られる深い叡智の対話。シュタイナーやリルケ、ロダン、ゲーテ、須賀敦子、石牟礼道子、柳宗悦、小林秀雄などの言葉が有機的に関わりながら読者に手渡される。書簡とい… → https://t.co/ZXKOJc9bpw #bookmeter
seitaro4終戦の年に西宮に住んでいた須賀敦子と野坂昭如、小松左京 「本工場から運ばれてきた材料を期日までに仕上げ、ほっとしたあとは、一階だったから全員が窓から抜け出して、学校の裏のゴルフ場に遊びに行って物議をかもしたこともあった...… https://t.co/RB36kW0Uq3
elavita_12須賀敦子さんのエッセイに書かれた北イタリアがあまりに綺麗で……「乳母車をおいたアマレーナの木の下は、小さな日陰になっていて、私は本を読みながら、太陽がまわるにつれて、乳母車を手ですこしずつうごかせばよかった」、なんて幸福で美しい日常の一場面なの
cannaxx120明日からイタリア。ミラノで須賀敦子の遠い背中を追う。彼女が落とした長い影を記録するのは、Rolleiflex 2.8F。 https://t.co/UFz24wVCCX
gwho0501星野道夫、須賀敦子、辻邦生、日野啓三、米原万里…といった面々と精神の星座を形づくり、そして一人また一人、彼岸へと見送りながら、たゆまず世界の重さ、深さと対峙しつづてきた池澤夏樹さんの長い旅路を想う夜。
a_ranking_news(3/25) honto 電子書籍ストアランキング > エッセイ・自伝・ノンフィクション > 紀行・旅行記ランキング8位:大竹昭子『須賀敦子の旅路 ミラノ・ヴェネツィア・ロー...』https://t.co/jXYpY9oHSp
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
須賀敦子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)