トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 藤沢周平

藤沢周平

藤沢周平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

藤沢 周平(ふじさわ しゅうへい)
| birth_name = 小菅 留治(こすげ とめじ)
| birth_date = 1927年(昭和2年)12月26日
| birth_place = ・山形県東田川郡黄金村大字高坂字楯ノ下(現・鶴岡市)
| death_date = 1927|12|26|1997|01|26
| death_place = ・東京都新宿区戸山
(国立国際医療センター)
| resting_place = ・都営八王子霊園
| occupation = 小説家
| language = 日本語
| nationality =
| ethnicity =
| citizenship =
| education =
| alma_mater = 山形師範学校
| period =
| genre = 時代小説
| subject =
| movement =
| debut_works =
| notable_works = 『暗殺の年輪』(1973年)
『たそがれ清兵衛』(1983年)
『海鳴り』(1984年)
『白き瓶』(1985年)
『蝉しぐれ』(1988年)
| spouse = 小菅 悦子(1959年 - 1963年)
小菅 和子(1969年 - )
| partner =
| children = 遠藤展子(先妻悦子の間に産まれた長女)
| relations =
| production =
| influences =
| influenced =
| awards = オール讀物新人賞(1971年)
直木三十五賞(1973年)
吉川英治文学賞(1986年)
芸術選奨(1989年)
菊池寛賞(1989年)
朝日賞(1994年)
紫綬褒章(1995年)
山形県県民栄誉賞(1997年)
鶴岡市特別顕彰(1997年)
| signature =
| years_active =
| website =
| footnotes =
藤沢 周平(ふじさわ しゅうへい、1927年(昭和2年)12月26日 - 1997年(平成9年)1月26日)は、日本の小説家。山形県鶴岡市出身。本名、小菅 留治(こすげ とめじ)。
江戸時代を舞台に、庶民や下級武士の哀歓を描いた時代小説作品を多く残した。とくに、架空の藩「海坂藩(うなさかはん)」を舞台にした作品群が有名である。
長女遠藤展子は、エッセイスト。2010年(平成22年)4月29日、出身地の鶴岡市に「鶴岡市立藤沢周平記念館」が開館した。
__TOC__
=
山形県東田川郡黄金村大字高坂字楯ノ下(現在の鶴岡市高坂)に生まれる。父小菅繁蔵と母たきゑの第四子(兄弟は順に繁美、このゑ、久治、留治、てつ子、繁治)。実家は農家で、藤沢自身も幼少期から家の手伝いを通して農作業に関わり、この経験から後年農村を舞台にした小説や農業をめぐる随筆を多く発表することになる。郷里庄内と並んで農は、作家藤沢周平を考えるうえで欠くことのできない要素である。
1934年(昭和9年)、青龍寺尋常高等小学校入学(在学中に黄金村国民学校に改称。現在の鶴岡市立黄金小学校)。小学校時代からあらゆる小説、雑誌の類を濫読し、登下校の最中にも書物を手放さなかった。また、6年生の頃には時代物の小説を書いた。1938年(昭和13年)、11歳の時ひどい吃音に悩まされる。1942年(昭和17年)、15歳の時、黄金村国民学校高等科を卒業し、山形県立鶴岡中学校(現在の鶴岡南高校)夜間部入学。昼間は印刷会社や村役場書記補として働いた。
1945年(昭和20年)、18歳、「8月15日の終戦のラジオ放送を、わたしは役場の控え室で聞いた。……喜びもかなしみもなく、私はだだっぴろい空虚感に包まれていた。しばらくして、これからどうなるのだろうと思ったが、それに答えるひとは誰もいないこともわかっていた。」(第七巻月報)
1946年(昭和21年)に中学校を卒業後、山形師範学校(現在の山形大学)に進む。一級上に無着成恭がいた。入学後はもっぱら文芸に親しみ、校内の同人雑誌『砕氷船』に参加した(このときの同人は蒲生芳郎、小松康裕、土田茂範、那須五郎、丹波秀和、松阪俊雄、小菅留治の7人、最初は自筆原稿の回覧、ポーの評伝を発表)。この時期の思いでは自伝『半生の記』に詳しく記されており、また小説作品にしばしば登場する剣術道場同門の友情などにも形を変えて描かれている。小菅は、二年生の夏と三年生の冬の二回肺炎になりかけた。二回目の時には意識不明の状態に陥っている。

受賞歴

藤沢周平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2020.7.25 作家の読書道 第219回:今村翔吾さん

    2017年に『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』を刊行してデビュー、翌年『童神』(刊行時に『童の神』と改題)が角川春樹小説賞を受賞し、それが山田風太郎賞や直木賞の候補になり、そして2020年は『八本目の槍』で吉川英治文学新人賞を受賞と、快進撃を続ける今村翔吾さん。新たな時代小説の書き手として注目される今村さんは、いつ時代小説に魅せられ、何を読んできたのか? 軽快な語り口調でたっぷり語ってくださいました。

  • 2018.4.19 【書評】『玄鳥さりて』葉室麟 - 横丁カフェ

    この作品は、純愛と、そして自由とは何かを描いた小説だ──。

  • 2017.1.22 藤沢周平の小説草稿発見 一茶を題材、「遊びの精神」も

    「たそがれ清兵衛」「蟬(せみ)しぐれ」などで知られる時代小説作家で、今月26日に没後20年を迎える藤沢周平(1927~97)の未発表小説の草稿が見つかった。

藤沢周平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

meito510510明日は「名東文化朗読舎 朗読会」藤沢周平作品の朗読は、毎年好評。照明・音響効果にもこだわった迫力ある朗読劇を、ぜひ劇場でお楽しみください。10/28(水)13:30~<入場無料・当日先着170名>新型コロナウィルス感染拡大… https://t.co/vPPUN13jSp
t1ub1a昔は群れの中の1匹の羊であるより、 孤独なオオカミでありたいとひそかに思った男たちが、 あちこちやたらにいたような気がする。- 藤沢周平 -
tQu2XvJPetDfnxG東京女子流 山邊未夢 デビッド?ウッドリー 永井龍 西政治 エミ 桃山晴衣 榊邦彦 サンピエール島?ミクロン島 久々城 小林卓也 佐野嘉幸 倉原彩果 野妻まゆみ 塩竈神社 大和田真史 田村心 ふつうが一番 —作家?藤沢周平 父の一… https://t.co/XxnXg5oMEv
kei9744確か藤沢周平とか時代小説の挿絵を描いておられた方だった。そうかー今日がご命日なんだ。 https://t.co/wRHYYjqksd
9nJi5VIUshWzrUY市塵(下) (講談社文庫)https://t.co/Ijt9GiNNbq藤沢周平,市塵(下) (講談社文庫),講談社 https://t.co/ELgHh7M8ao
KJmjmdkt3gYACPt決闘の辻 (講談社文庫)https://t.co/vAd02jYU2U藤沢周平,決闘の辻 (講談社文庫),講談社 https://t.co/BgedzHWaSs
DZOJC30l3wCHy5s@englishcafe225 漆の実のみのる国  藤沢周平。上杉鷹山のことが書いてある本。諸葛孔明      陳舜臣。など、おすすめです。お安くお求めができるとおもいます。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
藤沢周平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)