トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 藤沢周平

藤沢周平

藤沢周平さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

藤沢 周平(ふじさわ しゅうへい、1927年(昭和2年)12月26日 - 1997年(平成9年)1月26日)は、日本の小説家。山形県鶴岡市出身。本名、小菅 留治(こすげ とめじ)。
江戸時代を舞台に、庶民や下級武士の哀歓を描いた時代小説作品を多く残した。とくに、架空の藩「海坂藩(うなさかはん)」を舞台にした作品群が有名である。
長女遠藤展子は、エッセイスト。2010年4月29日、出身地の鶴岡市に「鶴岡市立藤沢周平記念館」が開館した。
=
山形県東田川郡黄金村大字高坂字楯ノ下(現在の鶴岡市高坂)に生まれる。父小菅繁蔵と母たきゑの第四子(兄弟は順に繁美、このゑ、久治、留治、てつ子、繁治)。実家は農家で、藤沢自身も幼少期から家の手伝いを通して農作業に関わり、この経験から後年農村を舞台にした小説や農業をめぐる随筆を多く発表することになる。郷里庄内と並んで農は、作家藤沢周平を考えるうえで欠くことのできない要素である。
1934年(昭和9年)、青龍寺尋常高等小学校入学(在学中に黄金村国民学校に改称。現在の鶴岡市立黄金小学校)。小学校時代からあらゆる小説、雑誌の類を濫読し、登下校の最中にも書物を手放さなかった。また、6年生の頃には時代物の小説を書いた。1938年(昭和13年)、11歳の時ひどい吃音に悩まされる。1942年(昭和17年)、15歳の時、黄金村国民学校高等科を卒業し、山形県立鶴岡中学校(現在の鶴岡南高校)夜間部入学。昼間は印刷会社や村役場書記補として働いた。
1945年(昭和20年)、18歳、「8月15日の終戦のラジオ放送を、わたしは役場の控え室で聞いた。……喜びもかなしみもなく、私はだだっぴろい空虚感に包まれていた。しばらくして、これからどうなるのだろうと思ったが、それに答えるひとは誰もいないこともわかっていた。」(第七巻月報)
1946年に中学校を卒業後、山形師範学校(現在の山形大学)に進む。一級上に無着成恭がいた。入学後はもっぱら文芸に親しみ、校内の同人雑誌『砕氷船』に参加した(このときの同人は蒲生芳郎、小松康裕、土田茂範、那須五郎、丹波秀和、松阪俊雄、小菅留治の7人、最初は自筆原稿の回覧、ポーの評伝を発表)。この時期の思いでは自伝『半生の記』に詳しく記されており、また小説作品にしばしば登場する剣術道場同門の友情などにも形を変えて描かれている。小菅は、二年生の夏と三年生の冬の二回肺炎になりかけた。二回目の時には意識不明の状態に陥っている。

受賞歴

藤沢周平関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

藤沢周平関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

lucubrate_bot「それが出来なかったことを、それがし、生涯の悔いとしております」「うれしい。でも、きっとこういうふうに終わるのですね。この世に悔いを持たぬ人などいないでしょうから。はかない世の中…」藤沢周平『蝉しぐれ』文春文庫 https://t.co/DoomaGOIVp
ykoike417@uwf1984 鶴岡市の中心地にある「すき焼き大河原」さん。庄内神社や藤沢周平記念館の近くです。藤沢周平記念館も、とても良かったですよ。じっくり見入ってしまいました
ituneshit盲目剣谺返し (藤沢周平) が、iTunesオーディオブックランキング24時間で、圏外⇒3位に急浮上しました。https://t.co/YVnHgRracN
Cinemas370藤沢周平より更に遡ると誰が時代小説の大家になるか・・・山本周五郎か?読んだ事ないんだよなあ。子母澤寛まで行くともう読む気も起きんな。
cafenekonoya今週末11/18(日)の閉店後に猫廼舎日曜読書会の第2回がありますが、まだ2, 3名分空いてます。課題図書は藤沢周平の『たそがれ清兵衛』です。入手しやすく読みやすいので、いまから買って読んでもたぶん間に合います。詳細はfacebo… https://t.co/6cWUPTby54
Azuma_Matsu東山紀之が藤沢周平を演じた『ふつうが一番 作家・藤沢周平 父の一言』は良作なので是非。Amazonプライムで観れます。https://t.co/fPWJ2sFvch
blhaiku1「庫内灯 3」エッセイ「至極私的な百合俳句読み」なかやまなな  「藤沢周平句集」より9句を引用して、百合読みの奥深さに迫ります! https://t.co/a2KEpbigKz
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
藤沢周平さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)