トップページ > 作家名一覧 > しから始まる作家名一覧 > 柴崎友香 > ビリジアン

ビリジアン(柴崎友香)

ビリジアン(著者:柴崎友香)の情報(受賞、Twitterでの感想つぶやき、ニュース、インタビュー等)をまとめています。
代表作探し、お薦め探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

書籍情報

  • 書名:ビリジアン
  • 著者:柴崎 友香
  • ページ数:264
  • 出版社:毎日新聞社
  • ISBN-10:4620107654
  • ISBN-13:9784620107653

柴崎友香新刊

  • 発売日
    2018年8月4日
  • 書名
    きょうのできごと、十年後
  • 発売日
    2018年7月31日
  • 書名
    公園へ行かないか? 火曜日に
  • 発売日
    2018年7月5日
  • 書名
    きょうのできごと: 増補新版 (河出文庫)

ビリジアン関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

柴崎友香のその他受賞歴(候補含む)

ビリジアン関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

hiroki_yamamoto書くことが隠喩的なものを経由せずそのまま知覚の問題になるその技術を考えることが19の時の最大の課題で、SFにいったりもしたのだけれども、結局は、当時連載されていた保坂の未明の闘争や、柴崎友香ビリジアン、岡田利規私の場所の複数とかあ… https://t.co/3iAYoFwias
68K_tokyo昨日、柴崎友香『星よりひそかに』読了。本日から何を読もうか悩んだけれど、季節柄、小難しい本も頭に入ってこないだろうから『ビリジアン』をチョイス。登場人物の年齢の低さにたじろぐが、ここでは内面描写にあまり意味はない(なので問題ない)… https://t.co/D7xYwB8iZK
nandelas2柴崎友香「きょうのできごと」読了。大学院生の引越し祝いの飲み会を軸にした群像劇。飲み会よりも、帰路の静けさとけだるさとか、悪酔いしてキレるモテない男のやぶれかぶれ感にフォーカスするところが良い。「ビリジアン」と同じように、学生の無意味な時間の溶かし方を描写するのが本当に巧い。
OkmsOkms11ビリジアン | 柴崎友香 / 記憶が綴られていた。だいたいが過去形だった。妙なところが鮮明で面白かった。どうしようもなく切なくなったのは、記憶の世界には戻ることができなくて、かといって塗り替えることもできないからかと思った。 https://t.co/OHk3AOnEYR
onakagasuitanaa【ビリジアン (河出文庫)/柴崎友香】を読んだ本に追加 → https://t.co/Nq49PV2uO3 #bookmeter
kdxuCheck out this book: "ビリジアン (河出文庫)" by 柴崎友香 https://t.co/D45GtkrAg3 https://t.co/C8anXxWcRe
snmMakeS@emilyoikawa 参考図書というより好きな本なんですが柴崎友香の「ビリジアン」、ひとりの女の子の小学生から予備校かな?くらいまでのある日のできごとを集めた短編集でちょっと変で面白いです。あと大阪弁です。ディストピア少女もの… https://t.co/ijek7L79fj
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)