トップページ > 終了・停止した公募新人賞一覧 > ダ・ヴィンチ文学賞 > 2012年−第7回 ダ・ヴィンチ文学賞

ダ・ヴィンチ文学賞

2012年−第7回 ダ・ヴィンチ文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。
ジャンルは参考程度でお考えください。作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

ダ・ヴィンチ文学賞(ダ・ヴィンチぶんがくしょう)は、メディアファクトリーの雑誌『ダ・ヴィンチ』で募集されていた新人文学賞である。400字詰め原稿用紙換算で100枚から200枚の小説を募集した。作品のジャンルは不問。受賞者には賞金100万円が授与され、受賞作(またはそれを含む作品集)がメディアファクトリーから刊行された。
大賞以外の賞金は、優秀賞・読者賞が20万円、編集長特別賞が10万円。
2012年の第7回をもって終了し、後継の賞として募集内容を「本にまつわる物語」に限定したダ・ヴィンチ「本の物語」大賞が設けられた。

第7回—2012年(応募総数:478)

参考情報:結果発表

大賞

  • 該当なし

その他の回のデータ(全データ一括表示

ダ・ヴィンチ文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.7.18 独占インタビュー「ラノベの素」 八目迷先生『夏へのトンネル、さよならの出口』

    独占インタビュー「ラノベの素」。今回は2019年7月18日にガガガ文庫より『夏へのトンネル、さよならの出口』が発売された八目迷先生です。第13回小学館ライトノベル大賞にて「ガガガ賞+審査員特別賞」を同作で受賞し、満を持してデビューされます。「本当に欲しいもの」を手にするために、時空を超える摩訶不思議なトンネルに挑む少年少女の物語を描く本作。駆けた先に待っているものはなんなのか。本作の内容や作品の着想、キャラクターについてもお聞きしました。

  • 2019.7.17 芥川賞に今村夏子さん 直木賞に大島真寿美さん

    第161回芥川賞と直木賞の選考会が東京で開かれ、芥川賞は今村夏子さんの「むらさきのスカートの女」、直木賞は大島真寿美さんの「渦 妹背山婦女庭訓 魂結び」(うず/いもせやまおんなていきん/たまむすび)が、それぞれ選ばれました。

  • 2019.7.17 【今週はこれを読め! エンタメ編】「知る」喜びに満ちた音楽ミステリー〜藤谷治『綾峰音楽堂殺人事件』

    本を読む醍醐味を何に求めるかはさまざまだと思うが、「知らなかったことを知る」を重視する人は多いだろう。本書においても、「知る」喜びは十二分に味わえる。大学教授や作家や音楽家や地方の名士といった登場人物たちの鬱屈を「知る」、クラシック音楽の素晴らしさを「知る」、地方行政あるいは市民運動の仕組みや問題点を「知る」...。そしてもちろん、謎に包まれた事件の真相を「知る」。

ダ・ヴィンチ文学賞関連つぶやき

umudouzen【作家:水沫流人】第1回『幽』怪談文学賞(『ダ・ヴィンチ』『幽』主催)長編部門優秀賞受賞https://t.co/54WhnxFYs1
ichi_twnovelマスターが最終候補になられたのは、第1回創元SF短編賞、第110回文學界新人賞、第10回小松左京賞、第4回 ダ・ヴィンチ文学賞、ホワイトハート新人賞2010年下期の5つの文学賞でございます。
CgFqlYj70Aft4cR朱野帰子さんは、ダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞し作家デビュー。徹底的な取材と軽快な書きぶりによる作風です。 朱野帰子さんの本を紹介します。#朱野帰子#わたし定時で帰ります#おすすめ本⇒… https://t.co/ErTpl2zL7f
eiyowotoro【作家:水沫流人】第1回『幽』怪談文学賞(『ダ・ヴィンチ』『幽』主催)長編部門優秀賞受賞https://t.co/RL142bvX80
kwai_yoo「怪」と「幽」の誌名の決まるまでの流れを、京極さん東さんよりトーク。朱野さんは、ダ・ヴィンチ文学賞でのデビュー以前に『幽』怪談文学賞に応募されていたと!
megaakuakairo恐山さんちゃんと「うれしい、ものですね」って言ってるのほんとうに嬉しいつまり手塚治虫文学賞もダ・ヴィンチ恐山もお歳暮のハムだった...? https://t.co/fBlaDkM3VS
yokillmeンンンンンン(ありがとうダ・ヴィンチちゃんそうだよそれだよほんとそれだよキャスティングした方本当にありがとうございますそうですよね加瀬さんめちゃくちゃ美丈夫な声ですよね分かりますダ・ヴィンチちゃんノーベル文学賞授与ですおめでとうご… https://t.co/n3yOeJvLPQ
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)