トップページ > 公募新人賞一覧 > 女による女のためのR-18文学賞 > 2005年−第4回 女による女のためのR-18文学賞

女による女のためのR-18文学賞

2005年−第4回 女による女のためのR-18文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

女による女のためのR-18文学賞(おんなによるおんなのためのアールじゅうはちぶんがくしょう)は、新潮社が主催する公募新人文学賞である。単にR-18文学賞ともいわれる。

第4回—2005年(応募総数:433)

参考情報:受賞作品/選評

大賞

読者賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

女による女のためのR-18文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2017.9.13 【今週はこれを読め! エンタメ編】不穏な影と少女たちの危うい感情〜雛倉さりえ『ジゼルの叫び』

    バレエのような美麗で華やかなものとは縁遠い生活を送ってきたけれども、観客の目に映る美しさだけで語りきれない世界であることはうすうす気づいていた。

  • 2017.5.7 【手帖】R-18文学賞に白尾悠さん

    R-18文学賞に白尾悠さん 「第16回 女による女のためのR-18文学賞」(新潮社主催)の贈賞式が4月、東京都内であった。「アクロス・ザ・ユニバース」で、大賞と読者賞の2冠となった、白尾悠さんが、喜びを語った。

  • 2016.7.22 作家の読書道 第174回:彩瀬まるさん

    2010年に「女による女のためのR‐18文学賞」読者賞を受賞、2013年に長篇小説『あのひとは蜘蛛を潰せない』で単行本デビューを果たした彩瀬まるさん。確かな筆致や心の機微をすくいとる作品世界が高く評価される一方、被災体験をつづった貴重なノンフィクション『暗い夜、星を数えて 3・11被災鉄道からの脱出』も話題に。海外で幼少期を過ごし、中2から壮大なファンタジーを書いていたという彼女の読書遍歴は?

女による女のためのR-18文学賞関連つぶやき

moon_cocoa_728読了青空チェリー/豊島ミホ第1回女による女のためのR-18文学賞の読者賞だそうです。文体がポップでフランクな感じな受賞作の『青空チェリー』。私がおおって思ったのは『ハニィ、空が灼けているよ。』でした。日本に戦火が降り注いで東京… https://t.co/3dwedkPFrw
kako_cur女による女のためのR-18文学賞 | 新潮社 というものを知ってふぉー!?⤴️とテンション上がり調べましたところ11回からは性以外のテーマも取り扱ってるとのことでふぉぉぉん⤵️となりましたとさhttps://t.co/pGfchbJ2XE
tankasyou#公募: 第17回 女による女のためのR-18文学賞【2017年10月31日締切】 https://t.co/wFDXPK9ZtY
enmt本日の「現代日本文学の作品を読む」では、小説家の雛倉さりえさんをお招きして特別授業を行います。女による女のためのR- 18文学賞に応募されたデビュー前夜の状況や、デビュー作『ジェリー・フィッシュ』(新潮社)と、今年上梓された『ジゼ… https://t.co/lKh0JOxv6P
akihik0810「女による女のためのR-18文学賞」受賞作家の蛭田亜紗子氏が、同書と、その舞台となった江戸時代の廓(くるわ)への思いを語った。 / “男目線の「夢妄想」を取り除いたら、遊郭は単なる「生き地獄」だった(蛭田 亜紗子) | …” https://t.co/sOUDnjvu6x #風俗
_grounded町田そのこ『夜空を泳ぐチョコレートグラミー』読了。第15回「女による女のためのR-18文学賞」大賞受賞作の「カメルーンの青い魚」をふくむ5篇を収録した短篇集。各篇の登場人物にゆるいリンクはあるものの、いずれも独立して読める。収録作にはミステリ的技法が用いられたものもあるが、(続)
shihologram『ミクマリ』が「女による女のためのR-18文学賞」ということを解説で知り、もう納得であった。私は比較的性描写が苦手なんだけど、ミクマリに関してはリビューなどで言われてるほどではないなと感じたのである。女性のための官能小説のサイトとかあるからね。官能小説は無問題なのね。爆
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)