トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山室信一

山室信一

山室信一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山室 信一(やまむろ しんいち、1951年(昭和26年)8月23日 - )は、日本の歴史学者・政治学者。専門は近代日本政治史、近代法政思想連鎖史。京都大学人文科学研究所名誉教授。
section=1|date=2017年3月
 山室信一の略歴と著作目録は『人文學報』第112号(京都大学人文科学研究所、2018年6月)に依る。
 最初の著作『法制官僚の時代』で、「模範国」と「準拠理論」という概念を提示して近代日本における国民国家形成と学知の導入の密接な関連性を明らかにして以降、落語や講談などの大衆演芸と法政思想との関連にも光りを当てるなど従来の見解にとらわれない歴史像の展開を試みてきている。
その視点は満洲国を始めとする帝国と植民地とを「異法域結合」の統治空間として統合的に捉える「国民帝国」論の唱導へと広がり、そこでもまた「統治様式の遷移」・「統治人材の周流」、「統合化原理」・「差異化原理」の相反ベクトルなどの分析軸を提唱している。さらに、アジアという空間を思想課題としていかに捉えるかという問題意識の下に、「基軸」・「連鎖」・「投企」という作業仮説を設定して独自の空間学を創り出そうとしており、その体系化に向けて「空間形成」や「空間心性」を主題とした研究を進めている。
山室の研究スタイルは、地を這うような史料の博捜の中から独自の分析概念を案出し、新たな知見の地平を切り拓くという学問的な営為を一貫して維持し続けている点にある。こうした一見すれば地味な作業は、欧米から受容した枠組みや理論を当てはめることが優先される日本の学界や出版界では、必ずしも受け入れられてはいないように見受けられる(ただし、著作の殆どが授賞の対象となっている)。
 しかし、韓国・中国・台湾などではその成果が注目され、韓国では主要著作・論文の殆どが翻訳出版されている(840頁近い『思想課題としてのアジア』のハングル訳は17年の歳月をかけて2018年に刊行。中国語版の翻訳も進んでいる)。台湾でも国民帝国論や思想連鎖論をテーマとした国際シンポジウムが中央研究院や台湾大学などで開催されており、東アジア各国での講演や集中講義も毎年行われている。
なお、『キメラー満洲国の肖像』は台湾に次いで中国で刊行予定。ハングル・中文・英訳版を含め、満洲国に関しての研究において、山室の業績は世界的に見ても共通の前提となって議論が進められている。
また、憲法9条や「安全保障法制」をめぐる雑誌論文がハングルや中文に訳されている。
さらに、近年の第一次世界大戦に関する研究では日本の係わり方を2つの実戦と3つの外交戦の複合戦争として捉える見方を示し、その成果は英語・フランス語・ドイツ語・ハングルなどによって翻訳・刊行されている。
このような幅広い関心をもった研究スタイルを持続できている背景には、京都大学人文科学研究所の共同研究による切磋琢磨が大きく与っているものと考えられる。同研究所のHPによれば、9年間にわたって続けられた「第一次世界大戦の総合的研究」成果は、岩波書店から『現代の起点 第一次世界大戦』全4巻として刊行されたほか、山室の『複合戦争と総力戦の断層』などが人文書院からレクチャー・シリーズとして既刊17冊を数えて、なお続刊が予定されている。人文研が創始し、その「お家芸」とされる共同研究におけるオーガナイザーとして、次世代の研究者と相互啓発のプラス面が出ているのであろう。その第一次世界大戦の共同研究を承けて、現在は「現代/世界とは何かー人文学の視点から」が開催されている(京都大学人文科学研究所HPに依る)。
なお、特筆・追記すべきこととして、明治期の雑誌・飜訳書のマイクロフィルム版史料集成や岩波書店刊行思想大系などの編集・注記そして中野目徹・筑波大学教授と10数年の時日を費やして刊行した岩波文庫版『明六雑誌』全三巻など、史料の蒐集と複刻という事業に永年従事していることも貴重な貢献であると思われる。

受賞歴

山室信一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

山室信一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kunivfreedombot「言葉が醜く、不正確になるのは、我々の考えがばかげているからだ。しかし、我々の言葉の弱さが、ばかげた考えを持つことを容易にしている」(ジョージ・オーウェル)自民党改憲草案を読む(講演者:山室信一・法政思想連鎖史) https://t.co/0fhjsSwQez
zinbunkenbot湛山は、自由主義とは何かという問いに対して、それを「自由討議の精神だ。この精神こそ、今の日本に最も必要、而して最も欠乏しているものの一つである」と喝破した。石橋湛山を読む―自由主義と現実主義の真面目を尋ねて | 山室信一 |… https://t.co/4COlQxEK53
rhb4山室信一という学者さんは何が専門なのだろうなー。とりあえず、第一次世界大戦がらみの本でこの人の名前が入っているモノは避けるようにしているのだけども。(1冊だけ読んでみたけど、あまり面白くなかったので。)
guntaitosite本書は、博士論文がもとですが、じつは伊藤さんは長い間、原稿を手元に置いたままで、最終稿が仕上がらない状況でした。生みの苦しみ。山室信一の惹起文に泪でした、「二世紀の時を超え、遥かアジアの地で、これほどに透徹した対話者が現れるこ… https://t.co/ocAfrcb7AN
youcharist山室信一教授「『健全な民主主義の根幹を支える国民共有の知的資源』であるはずの公文書管理の重要性を国会や国民が認識し、国会図書館と公文書館が収集した資料を元に議員立法が活性化しない限り、『真理がわれらを自由にする』日は訪れないであろ… https://t.co/LxK8j8p4bO
a_lasting_peace三浦英之 @miura_hideyuki 著『五色の虹』を読んだ。「五族協和」を目指し満州国に設置された建国大学の卒業生たちの人生が丁寧な取材で浮かび上がる。「歴史がせり上がってくるには時間が必要なのだ」という山室信一教授の言… https://t.co/layvlizU7j
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山室信一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)