トップページ > 作家名一覧 > やから始まる作家名一覧 > 山室信一

山室信一

山室信一さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

山室 信一(やまむろ しんいち、1951年(昭和26年)8月23日 - )は、日本の歴史学者・政治学者。専門は近代日本政治史、近代法政思想連鎖史。京都大学人文科学研究所名誉教授。
section=1|date=2017年3月
最初の著作『法制官僚の時代』で、「模範国」と「準拠理論」という概念を提示して近代日本における国民国家形成と学知の導入の密接な関連性を明らかにして以降、落語や講談などの大衆演芸と法政思想との関連にも光りを当てるなど従来の見解にとらわれない歴史像の展開を試みてきている。
その視点は満洲国を始めとする帝国と植民地とを「異法域結合」の統治空間として統合的に捉える「国民帝国」論の唱導へと広がり、そこでもまた「統治様式の遷移」・「統治人材の周流」、「統合化原理」・「差異化原理」の相反ベクトルなどの分析軸を提唱している。さらに、アジアという空間を思想課題としていかに捉えるかという問題意識の下に、「基軸」・「連鎖」・「投企」という作業仮説を設定して独自の空間学を創り出そうとしており、その体系化に向けて「空間形成」や「空間心性」を主題とした研究を進めている。
山室の研究スタイルは、地を這うような史料の博捜の中から独自の分析概念を案出し、新たな知見の地平を切り拓くという学問的な営為を一貫して維持し続けている点にある。こうした一見すれば地味な作業は、欧米から受容した枠組みや理論を当てはめることが優先される日本の学界や出版界では、必ずしも受け入れられてはいないように見受けられる(ただし、著作の殆どが授賞の対象となっている)。しかし、韓国・中国・台湾などではその成果が注目され、韓国では主要著作・論文の殆どが翻訳出版されている(840頁近い『思想課題としてのアジア』のハングル訳は14年の歳月をかけて刊行が予告されている)。台湾でも国民帝国論や思想連鎖論をテーマとした国際シンポジウムが中央研究院や台湾大学などで開催されており、東アジア各国での講演や集中講義も毎年行われている。
なお、『キメラー満洲国の肖像』簡体字版の刊行に次いで、『憲法9条の思想水脈』も繁体字による中文訳刊行が予定されている。ハングル・中文・英訳版を含め、満洲国に関しての研究において、山室の業績は世界的に見ても共通の前提となって議論が進められている。
また、憲法9条や「安全保障法制」をめぐる雑誌論文がハングルや中文に訳されている。
さらに、近年の第一次世界大戦に関する研究では日本の係わり方を2つの実戦と3つの外交戦の複合戦争として捉える見方を示し、その成果は英語・フランス語・ドイツ語・ハングルなどによって翻訳・刊行されている。
このような幅広い関心をもった研究スタイルを持続できている背景には、京都大学人文科学研究所の共同研究による切磋琢磨が大きく与っているものと考えられる。同研究所のHPによれば、9年間にわたって続けられた「第一次世界大戦の総合的研究」成果は、岩波書店から『現代の起点 第一次世界大戦』全4巻として刊行されたほか、山室の『複合戦争と総力戦の断層』などが人文書院からレクチャー・シリーズとして既刊17冊を数えて、なお続刊が予定されている。人文研が創始し、その「お家芸」とされる共同研究におけるオーガナイザーとして、次世代の研究者と相互啓発のプラス面が出ているのであろう。その第一次世界大戦の共同研究を承けて、現在は「現代/世界とは何かー人文学の視点から」が開催されている(京都大学人文科学研究所研HPに依る)。
なお、特筆・追記すべきこととして、明治期の雑誌・飜訳書のマイクロフィルム版史料集成や岩波書店刊行思想大系などの編集・注記そして中野目徹・筑波大学教授と10数年の時日を費やして刊行した岩波文庫版『明六雑誌』全三巻など、史料の蒐集と複刻という事業に永年従事していることも貴重な貢献であると思われる。

受賞歴

山室信一関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

関連ニュースが見つかりませんでした。

山室信一関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

kunivfreedombotたとえ今国会で安全保障関連法案が成立し、さらに後から後からと相手が難題を出してきても、一瞬の火花に終わることなく、焦らず、根気づくで歩みを続けていきましょう!!山室信一(京都大学人文科学研究所・教授)賛同者の声 https://t.co/I0E0SKVWMs
nekonoizumi講談社選書メチエ5月。「1910年代~1920年代に現れた大きな転換期「大正」。その元号と重なるように日本・世界が動き出した。…」⇒鷲田清一編著/佐々木幹郎,山室信一,渡辺裕『大正=歴史の踊り場とは何か 現代の起点を探る』 https://t.co/pMhC9OKTa9
wagon701何か満州国は素晴らしかったんや!とかいうのまで出てきたけど、山室信一さんの「キメラ 満州国の肖像」を読めばいいと思う。多くの人が理想を抱いてやってきて、虚栄の実験国家の実態と末路が描かれてるよ。
historyarticles書評 山室信一著『アジアの思想史脈 : 空間思想学の試み』『アジアびとの風姿 : 環地方学の試み』(近現代アジアをめぐる思想連鎖) / 竹元 規人 https://t.co/vlIZaFSyON #rekisinews
MitsuoNakanishi「唱歌の社会史」でご一緒した山室信一先生が共著者のこの本、まことに楽しみです。 https://t.co/B7VuG9495A
skycanceramazonですとこちら. キメラ 満洲国の肖像 [増補版] (中公新書) 山室信一 https://t.co/9H0Anmsjg6 ▼書評を読むとざっくり意味が通じるかなというところ. そもそもはギリシア神話に出てくる仮想の動物の名(怪獣)
gingerale500ml山室信一の「キメラ」は名著。中公新書史上のNo.1と言ってもいいのでは
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
山室信一さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)