トップページ > 作家名一覧 > かから始まる作家名一覧 > 笠井潔

笠井潔

笠井潔さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

笠井 潔(かさい きよし、1948年11月18日 - )は、日本の小説家、推理作家、SF作家、文芸評論家。
中央公論社の編集者で思想家の矢代梓(笠井雅洋)は実兄。息子の笠井翔はゲームクリエイター。
東京都生まれ。和光大学除籍。学生運動に関わり、構造改革派系の共産主義労働者党の学生組織であるプロレタリア学生同盟のイデオローグだった。 当時「黒木龍思」の筆名を使用しており、「黒木」はルカーチ主義者の福本和夫が日本共産党内で用いていた変名に由来する。その後、連合赤軍事件をはじめとして新左翼各派が内ゲバに転じていくのに失望し、思想的に転向する。
1974年から2年間のパリ滞在を経て、その期間中に草稿を書いた『バイバイ、エンジェル』を1979年に発表。同作が第6回角川小説賞を受賞し、小説家としてデビューする。小説執筆と平行して、SF・ミステリー小説への評論活動をする一方で、『ユリイカ』などへの寄稿も行っている。
小説家としての仕事と平行して思想家・哲学者としての仕事も旺盛に展開する。
『テロルの現象学』でマルクス主義と完全に決別し、以後「マルクスに依拠しない左翼思想」を模索しつづけ、思想史には「マルクス葬送派」(小阪修平、長崎浩)と呼ばれる思潮に属する。この思潮を発展させ、1995年の『国家民営化論』では、反資本主義ではなく、逆に資本主義を徹底化させて国家を解体させるというアナルコ・キャピタリズムの思想を明確に打ち出した。
また、1990年代から「純文学の終焉」を唱え、これに反対する立場の笙野頼子からの反発を招いた。1980年代のポストモダン思潮の中心人物であった蓮實重彦の物語批判論を厳しく批判したことでも知られる。
新本格ミステリ勃興後は、その運動に共鳴して「本格ミステリ第三の波」と呼び、高く評価。それと平行して本格ミステリ評論活動を活発に行い、「本格ミステリの大量死体験理論」(本格ミステリが発生するには、その国が、直前に人間性を無視した、総力戦による『大量死』を経験する必要がある、という理論)を提唱する。
また、当時ライトノベルを中心に書いていた米澤穂信や桜庭一樹らを、新本格派ミステリー作家を多く輩出する東京創元社に紹介するなど、後進の育成にも取り組んでいる。
美少女ゲームにも関心があり、シナリオライターである奈須きのこの小説『空の境界』の解説を手がけている。他には、『ヴァンパイヤー戦争』・『サイキック戦争』の(講談社文庫版の)イラストは、主に美少女ゲームを手がけるイラストレーター(武内崇・中央東口)が起用されている。また息子の笠井翔は美少女ゲームのクリエイターや制作会社の代表となっている。
また、若手の本格ミステリ評論家たちと「探偵小説研究会」を結成。しかし、『容疑者Xの献身』を巡る論争において、自身が「標準的な出来栄えの初心者向け本格」と評する同作を高く評価する他の評論家たちを批判。また、同会の選出による2007年の「探偵小説評論賞」優秀作に、山本悠『「戦後」探偵小説論批判』が選ばれたことに抗議して退会。以後は、ジャンルを超えた若手批評家たちとの「限界小説研究会」に参加している。
かつては日本SF作家クラブ会員でもあり、笠井の提案によりSF評論の新人賞「日本SF評論賞」が創設されたが、のちに退会。
スキーが趣味であり、ミステリー作家を誘ってスキー合宿をしていた他、スキーのインストラクターが主人公の小説やスキーに関する書籍もある。

受賞歴

笠井潔関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

笠井潔関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

asaba_memo→全学連の活動家だった西部邁・長崎浩・柄谷行人らと、その後輩にあたる、栗本慎一郎・笠井潔らが、当時の本音を(左翼的建前から脱却して)論理化できるにはあと二〇年を待たねばならなかった。
mys_sus_bot【連想】『バイバイ、エンジェル』で登場ナディア・モガールとともに活躍宿敵はニコライ・イリイチ笠井潔が生んだ名探偵→矢吹駆
terorphenomenon【定期自動送信】笠井潔『新版 テロルの現象学』(作品社)の内容を呟くbotです! 『テロルの現象学』の内容を自動送信していきます!
hal_cielモブサイコ、いつ読むのがええんかな。高校時代に笠井潔のサマー・アポカリプス読んで自分の卑小さとか凡庸さに気付くきっかけを得たけど、それでもまだまだ肥大しがちな自我と格闘する毎日だし…ほんま、モブサイコ最高なんだってばさ。
planetb1998041aどことなく笠井潔先生風の読み口。何処が?と聞かれたら、何となく、としか言えないけど。とにかくパッと浮かんだのがそれだから、何となくは何となくなのだ。
aritan笠井潔はなんか山本七平の空気の話を引用してたっけ。わたしは山本は読んだことないわ。
QMA_Mys_Bot1[順当て]次の探偵・矢吹駆を主人公とした笠井潔の小説を刊行された順に → 『バイバイ、エンジェル』→『サマー・アポカリプル』→『薔薇の女』→『哲学者の密室』→『オイディプス症候群』(→『吸血鬼の精神分析』→『煉獄の時』) ※()内は未確認。第0作目という位置づけの作品もあるらしい
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
笠井潔さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)