トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三津田信三

三津田信三

三津田信三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三津田 信三(みつだ しんぞう)は、日本の小説家、推理作家、ホラー作家。元編集者。2010年、『水魑の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞する。
奈良県生まれ。編集者としての主な企画には、「ワールド・ミステリー・ツアー13」シリーズ、「日本怪奇幻想紀行」シリーズ、ホラージャパネスク叢書などがある。2001年、『ホラー作家の棲む家』で小説家デビューを果たす。以降もホラー色の濃いミステリ小説を発表。2010年、『水魑の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞する(同時受賞は歌野晶午『密室殺人ゲーム2.0』)。
子供の頃は、江戸川乱歩の「少年探偵」シリーズやジュール・ヴェルヌのジュブナイルものなどを読んでおり、やがてガストン・ルルー『黄色い部屋の秘密』とA・A・ミルン『赤い館の秘密』を読んだのをきっかけとして、アガサ・クリスティーやディクスン・カー、ヴァン・ダイン、エラリー・クイーンなどの海外の本格ミステリに熱中し、中学生・高校生の時も愛読していた。
代表的な著作として、作者と同名の作家を登場人物とした作家三部作と、流浪の幻想小説家を語り手とした刀城言耶シリーズがある。作家三部作はメタ構造をもった幻想怪奇小説であることが多いが、刀城言耶シリーズは最後のページを読むまでその作品が推理小説なのか怪異譚なのかわからないという構造が特徴的である。密室からの人間消失や、閉鎖空間での連続殺人(いわゆるクローズド・サークル)に代表される本格ミステリあるいは新本格ミステリのテイストと、土俗的・民俗学的な怪異譚の融合を図った作風をもつ。死相学探偵シリーズは、累計18万部を突破している。著作は中国語や韓国語などに翻訳されている。

三津田信三新刊

  • 発売日
    2018年3月15日
  • 書名
    誰かの家 (講談社文庫)
  • 発売日
    2017年12月21日
  • 書名
    魔邸
  • 発売日
    2017年11月25日
  • 書名
    凶宅 (角川ホラー文庫)

受賞歴

三津田信三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

三津田信三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raisen_bot_qmaNo.20 次の文字列を組み合わせて作家・三津田信三の作品のタイトルにしなさい⇒山魔の如き―嗤うもの、厭魅の如き―憑くもの、水魑の如き―沈むもの、首無の如き―祟るもの、凶鳥の如き―忌むもの
kkkyhr三津田信三『どこの家にも怖いものはいる』と、恩田陸『私の家では何も起こらない』、続けて読んでみたいな。ただ題名から妄想しているだけだけど。
glorificatio三津田信三の怪談小説作者自身が古い本や日記などを見つけてくる体で進んでいくパターンが多いそれがむっちゃ怖い子供目線の本も多い子供故にできることも限られ、無謀なこともしがちで、それが怪異への抵抗手段が限定されてしまうので怖さが際立つのだろうな総じて賢い子が多いけど
omi6eqKPLHAzF98三津田信三の世界だわさ((( ;゚Д゚))) https://t.co/LGRfF5zbDW
QMA_horror_bot【暁】【順番当て】次の作家・三津田信三の「死相学探偵シリーズ」の作品を刊行された順に選びなさい 『十三の呪』→『四隅の魔』→『六蠱の躯』→『五骨の刃』
toko_bkbk三津田信三「怪談のテープ起こし」ホラー。自殺者の残したテープを聞く、という話から始まる、数珠のようにつながった短編集。「黄雨女」怖かった…。#読書記録 #読了 #読書
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三津田信三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)