トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三津田信三

三津田信三

三津田信三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三津田 信三(みつだ しんぞう)は、日本の小説家、推理作家、ホラー作家。元編集者。2010年、『水魑の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞する。
奈良県生まれ。編集者としての主な企画には、「ワールド・ミステリー・ツアー13」シリーズ、「日本怪奇幻想紀行」シリーズ、ホラージャパネスク叢書などがある。2001年、『ホラー作家の棲む家』で小説家デビューを果たす。以降もホラー色の濃いミステリ小説を発表。2010年、『水魑の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞する(同時受賞は歌野晶午『密室殺人ゲーム2.0』)。
子供の頃は、江戸川乱歩の「少年探偵」シリーズやジュール・ヴェルヌのジュブナイルものなどを読んでおり、やがてガストン・ルルー『黄色い部屋の秘密』とA・A・ミルン『赤い館の秘密』を読んだのをきっかけとして、アガサ・クリスティーやディクスン・カー、ヴァン・ダイン、エラリー・クイーンなどの海外の本格ミステリに熱中し、中学生・高校生の時も愛読していた。
代表的な著作として、作者と同名の作家を登場人物とした作家三部作と、流浪の幻想小説家を語り手とした刀城言耶シリーズがある。作家三部作はメタ構造をもった幻想怪奇小説であることが多いが、刀城言耶シリーズは最後のページを読むまでその作品が推理小説なのか怪異譚なのかわからないという構造が特徴的である。密室からの人間消失や、閉鎖空間での連続殺人(いわゆるクローズド・サークル)に代表される本格ミステリあるいは新本格ミステリのテイストと、土俗的・民俗学的な怪異譚の融合を図った作風をもつ。死相学探偵シリーズは、累計18万部を突破している。著作は中国語や韓国語などに翻訳されている。

三津田信三新刊

  • 発売日
    2019年4月12日
  • 書名
    白魔の塔
  • 発売日
    2019年3月8日
  • 書名
    黒面の狐 (文春文庫)
  • 発売日
    2019年1月18日
  • 書名
    怪談のテープ起こし (集英社文庫)

受賞歴

三津田信三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

三津田信三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

QMA_Mys_Bot2[エフェ]三津田信三のミステリー小説に登場する幻想小説家「刀城言耶」 → とうじょうげんや ※三津田信三=みつだしんぞう。QMA7の検定初期に「刀白言耶」と誤植されたままエフェ問題になっていたが後に修正された(… https://t.co/jimyfY1fwq
un774三津田信三『作者不詳 ミステリ作家の読む本』読了。前作に比べてオーソドックスな本格ミステリだが、ホラーテイストの本格ミステリという訳ではなく、かといってミステリ要素のあるホラーと云い切ってしまうこともできない、得体の知れない霧の中を進むような、不気味で魅力的な連絡短編でした。
srkm02本が届いた。今日はいい日だ。(©北原先生)三津田信三『生霊の如き重るもの』『禍家』飛鳥部勝則『殉教カテリナ車輪』平成最後の本のお届けかもしれないです
kozi_metall@_sutn_ 三津田信三さんの本はかなり評判が良いから自分も読むの楽しみだった。これは探偵物だけどガチの心霊ホラー系でも有名な作者やね
fuyukikaede三津田信三『白魔の塔』(文藝春秋)読了!面白かった。灯台守となった波矢多は轟ヶ埼灯台へ向けて進むのだが、到着までに遭遇する怪異の嵐。ゾクゾクする怖さを楽しめた。三津田ホラーの本領発揮!そして轟ヶ埼灯台へ辿り着いてからの真相究明と明らかになる事実。やられました。最高です。
iz7894GWは三津田信三先生の刀城言耶シリーズを1日1冊ずつ読めばいい感じで過ごせます。 https://t.co/xKUnA3T4av
jamyan_botミシン通だぞ→三津田信三
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三津田信三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)