トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三津田信三

三津田信三

三津田信三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三津田 信三(みつだ しんぞう)は、日本の小説家、推理作家、ホラー作家。元編集者。2010年、『水魑の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞する。
奈良県生まれ。編集者としての主な企画には、「ワールド・ミステリー・ツアー13」シリーズ、「日本怪奇幻想紀行」シリーズ、ホラージャパネスク叢書などがある。2001年、『ホラー作家の棲む家』で小説家デビューを果たす。以降もホラー色の濃いミステリ小説を発表。2010年、『水魑の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞する(同時受賞は歌野晶午『密室殺人ゲーム2.0』)。
子供の頃は、江戸川乱歩の「少年探偵」シリーズやジュール・ヴェルヌのジュブナイルものなどを読んでおり、やがてガストン・ルルー『黄色い部屋の秘密』とA・A・ミルン『赤い館の秘密』を読んだのをきっかけとして、アガサ・クリスティーやディクスン・カー、ヴァン・ダイン、エラリー・クイーンなどの海外の本格ミステリに熱中し、中学生・高校生の時も愛読していた。
代表的な著作として、作者と同名の作家を登場人物とした作家三部作と、流浪の幻想小説家を語り手とした刀城言耶シリーズがある。作家三部作はメタ構造をもった幻想怪奇小説であることが多いが、刀城言耶シリーズは最後のページを読むまでその作品が推理小説なのか怪異譚なのかわからないという構造が特徴的である。密室からの人間消失や、閉鎖空間での連続殺人(いわゆるクローズド・サークル)に代表される本格ミステリあるいは新本格ミステリのテイストと、土俗的・民俗学的な怪異譚の融合を図った作風をもつ。死相学探偵シリーズは、累計18万部を突破している。著作は中国語や韓国語などに翻訳されている。

三津田信三新刊

  • 発売日
    2018年9月28日
  • 書名
    犯罪乱歩幻想
  • 発売日
    2018年6月28日
  • 書名
    碆霊の如き祀るもの (ミステリー・リーグ)
  • 発売日
    2018年6月19日
  • 書名
    多々良島ふたたび ウルトラ怪獣アンソロジー (ハヤカワ文庫JA)
  • イラストレーター
    開田裕治

受賞歴

三津田信三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

三津田信三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

aae22500三津田信三編『怪異十三』を読んでる。収録されている菊地秀行『茂助に関わる談合』は本当に不気味で怖い話。血生臭い描写は一切ないのに、戦慄に襲われる。
kyoRokyoRo1234【LS】三津田信三の小説に登場 「刀城言耶」 とうじょうげんや
QMA_horror_bot【暁】【順番当て】次の作家・三津田信三の「死相学探偵シリーズ」の作品を刊行された順に選びなさい 『十三の呪』→『四隅の魔』→『六蠱の躯』→『五骨の刃』
kamemusitake_@Coo_jrbdw462 のぞきめは主人公がなぁ…(笑)構成としてはほかのホラー映画と比べたら悪くないんですけど、原作と比べられるとちょっと…ってのと最近見たのも併せて入れました。私が三津田信三好きなのでその影響もあるかも。
chikp44三津田信三『わざと忌み家を建てて棲む』読み終わった〜!!どんな話かとか言うつもりもないし人に勧める気もさらさらないけど、とても面白かったとだけ言いたい。面白かった。愉しかったよ。 https://t.co/41KXor2s4V
dotkawahagi_bkとにかく、三津田信三は手記とか日記とかの形で内容を書いてくるからそういう形式が好きな私ははまってしまった。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三津田信三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)