トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三津田信三

三津田信三

三津田信三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三津田 信三(みつだ しんぞう)は、日本の小説家、推理作家、ホラー作家。元編集者。2010年、『水魑の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞する。
奈良県生まれ。編集者としての主な企画には、「ワールド・ミステリー・ツアー13」シリーズ、「日本怪奇幻想紀行」シリーズ、ホラージャパネスク叢書などがある。2001年、『ホラー作家の棲む家』で小説家デビューを果たす。以降もホラー色の濃いミステリ小説を発表。2010年、『水魑の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞する(同時受賞は歌野晶午『密室殺人ゲーム2.0』)。
子供の頃は、江戸川乱歩の「少年探偵」シリーズやジュール・ヴェルヌのジュブナイルものなどを読んでおり、やがてガストン・ルルー『黄色い部屋の秘密』とA・A・ミルン『赤い館の秘密』を読んだのをきっかけとして、アガサ・クリスティーやディクスン・カー、ヴァン・ダイン、エラリー・クイーンなどの海外の本格ミステリに熱中し、中学生・高校生の時も愛読していた。
代表的な著作として、作者と同名の作家を登場人物とした作家三部作と、流浪の幻想小説家を語り手とした刀城言耶シリーズがある。作家三部作はメタ構造をもった幻想怪奇小説であることが多いが、刀城言耶シリーズは最後のページを読むまでその作品が推理小説なのか怪異譚なのかわからないという構造が特徴的である。密室からの人間消失や、閉鎖空間での連続殺人(いわゆるクローズド・サークル)に代表される本格ミステリあるいは新本格ミステリのテイストと、土俗的・民俗学的な怪異譚の融合を図った作風をもつ。死相学探偵シリーズは、累計18万部を突破している。著作は中国語や韓国語などに翻訳されている。

三津田信三新刊

  • 発売日
    2019年12月24日
  • 書名
    九孔の罠 死相学探偵7 (角川ホラー文庫)

受賞歴

三津田信三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

三津田信三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

gen3kobo大きな黒い鳥の群れが、行く手に望む孤島の上空を舞っていた。(あれは……)最初は鴉かと思ったが、ならばその大きさが尋常ではないことに、すぐ刀城言耶は気づいた。あれが鴉であれば、間違いなく化物である。『凶鳥の如き忌むもの』(三津田信三) #三津田信三 #刀城言耶
motiinkoわざと忌み家を建てて棲む三津田信三ホラー小説的な何か結局のところ何を書きたかったのか分からないもし読むなら最初の親子の日記のところは面白い#読書 #読了 https://t.co/q4xNYTeVH7
midorinoYUTAROU背筋がしっとりとするような、薄暗い話が好きである。こんな暑い日は行き過ぎた節電で薄暗く、ひと気のないガラリとした電車で三津田信三さんの小説が読みたい。珈琲はきっと形の定まらないぼんやりとした人型のようなものが運んできてくれ… https://t.co/fNXR9xcRBe
tomo_el三津田信三「七人の鬼ごっこ」読了自殺志願者が他殺の形跡を残して失踪し彼の幼なじみが次々と謎の死を遂げていく幼い頃の失われた記憶にはどんな秘密が隠されているのか500頁という長尺なのに先が気になってスイスイノンシリーズだが刀… https://t.co/aNIS6aZ7Xw
bbbnbbbnb2259三津田信三さんの『お塚様参り』という話に似ている。「ある女性が丑の刻参りを行うため、山に入るが、背後から次々と違う動物が現れる。女性は最後になにか恐ろしいものが出てくるのではないかと恐怖する」という短編
coutinggood実話怪談読みたすぎて三津田信三先生の本を三冊一気に読んだ。割れ女…キヨちゃん…光子さま…
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三津田信三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)