トップページ > 作家名一覧 > みから始まる作家名一覧 > 三津田信三

三津田信三

三津田信三さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

三津田 信三|みつだ しんぞうは、日本の小説家、推理作家、ホラー作家。元編集者。2010年、『水魑の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞する。
奈良県生まれ。編集者としての主な企画には、「ワールド・ミステリー・ツアー13」シリーズ、「日本怪奇幻想紀行」シリーズ、ホラージャパネスク叢書などがある。2001年、『ホラー作家の棲む家』で小説家デビューを果たす。以降もホラー色の濃いミステリ小説を発表。2010年、『水魑の如き沈むもの』で第10回本格ミステリ大賞(小説部門)を受賞する(同時受賞は歌野晶午『密室殺人ゲーム2.0』)。
子供の頃は、江戸川乱歩の「少年探偵」シリーズやジュール・ヴェルヌのジュブナイルものなどを読んでおり、やがてガストン・ルルー『黄色い部屋の秘密』とA・A・ミルン『赤い館の秘密』を読んだのをきっかけとして、アガサ・クリスティーやディクスン・カー、ヴァン・ダイン、エラリー・クイーンなどの海外の本格ミステリに熱中し、中学生・高校生の時も愛読していた。
代表的な著作として、作者と同名の作家を登場人物とした作家三部作と、流浪の幻想小説家を語り手とした刀城言耶シリーズがある。作家三部作はメタ構造をもった幻想怪奇小説であることが多いが、刀城言耶シリーズは最後のページを読むまでその作品が推理小説なのか怪異譚なのかわからないという構造が特徴的である。密室からの人間消失や、閉鎖空間での連続殺人(いわゆるクローズド・サークル)に代表される本格ミステリあるいは新本格ミステリのテイストと、土俗的・民俗学的な怪異譚の融合を図った作風をもつ。死相学探偵シリーズは、累計18万部を突破している。著作は中国語や韓国語などに翻訳されている。

受賞歴

三津田信三関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

三津田信三関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

myspitz1987三津田信三『忌物堂鬼談』読了。諸事情で、夜毎に忌物に纏わる怪談を聞くことになる主人公。一つひとつの話が内容はもちろんのこと、視点や趣向が異なっていたり、犯人当てならぬ忌物当てをするミステリ的な話もあり面白い。それぞれの怪談にオチがないのもリアルさがあって良かった。
jamyokomizomayaエロミステリ10選② 隻眼の少女/麻耶雄嵩 幽女の如き怨むもの/三津田信三 学園島の殺人/山口芳宏 虹の歯ブラシ/早坂吝 少女を殺す100の方法/白井智之
dotkawahagi_bk忌物堂鬼談/三津田信三怪異に追われ、助けを求めて走る由羽希。幼き頃の記憶に残る遺仏寺を這々の体で目指していた。しかし、必死の思いでたどり着いた寺は廃寺のように荒れ果てており、とても誰かがいる雰囲気ではない。絶望していると、堂の中… https://t.co/UeahCv9rKe
Flachhugel_milk三津田信三『ついてくるもの』の「ルームシェアの怪」は何回も読んでいて内容も知っているのに怖いわー。 https://t.co/gWa5RfUS2c
mys_sus_bot【エフェクト】三津田信三のミステリー小説に登場する幻想小説家 『刀城言耶』→とうじょうげんや
ban_1971 #読んだ本 三津田信三「厭魅の如き憑くもの」。ホラーと本格の融合という大テーマの他、終盤の推理のトライ&エラー連発にまさかの大仕掛、そしてそれを成立させる気の配り方など、読後の満足感がすごい。
syenzaramasuma1三津田信三先生いつもありがとうございます
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
三津田信三さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)