トップページ > 公募新人賞一覧 > ロマン大賞 > 2011年−2011年 ロマン大賞

ロマン大賞

2011年−2011年 ロマン大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

ロマン大賞(ロマンたいしょう)は、1992年から集英社が主催していた公募文学賞。同社のライトノベル系文芸誌『Cobalt』及びコバルト文庫の読者を対象とした作品を募集していた。
1992年から1995年までの名称はファンタジーロマン大賞であったが、1996年よりロマン大賞となる。
大賞入選作には正賞の楯と副賞100万円(税込)、佳作入選作には正賞の楯と副賞50万円(税込)が贈られた。入選作品は原則としてコバルト文庫で出版されるが、スーパーファンタジー文庫またはスーパーダッシュ文庫から刊行された作品も一部にある。
2014年度をもって終了。ノベル大賞に統合となった。

2011年—2011年(応募総数:348)

参考情報:結果発表

大賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

ロマン大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

ロマン大賞関連つぶやき

kmon1_23@ciel061311 大賞とれなかったけど、ちょこちょこ映ってくれるので、そのちょこちょこで幸せになれますヽ(=´▽`=)ノ残念!パンチラにはパンチラのロマンがあると思う私です!以上(笑)
AwardAuthor江戸時代、前代未聞のベンチャー事業に生涯を賭けた男がいた。ミッションは「日本独自の暦」を作ることー。碁打ちにして数学者・渋川春海の二十年にわたる奮闘・挫折・喜び、そして恋!早くも読書界沸騰!俊英にして鬼才がおくる新潮流歴史ロマン。本屋大賞受賞作『天地明察』冲方丁
Rapid_kaikyo2今日は東京大賞典にロマンを買いに見に行って楽しかった(^o^)大赤字wだったけど牛すじ煮込み丼も食べれたし、コパノリッキーの横綱相撲も見れたし満足満足。
Ginsyachi_chanコパリキは、最初に最低人気で勝ったG1フェブラリーと、今日引退レース東京大賞典を勝ったG1は共に田辺で7枠13番か。やっぱ競馬はロマンだな
takapachi2ヤナガワ牧場みたいな小さな牧場からからキタサンブラックとコパノリッキーが産まれるの奇跡だしロマンあるよ
forza_juvefc@msf0729 ご無沙汰されて絡まれてみます勝って引退ってかっこ良いよねー有馬はキタサンブラックで大賞典がコパノリッキーとかやっぱり年末の競馬にはロマンがありますな~
book_kenkyunewsおはようございます。関東でも一部地域では夕方着になりますが、週報金杯号が店頭に並びつつあります。前号に続き縮刷版や大賞典後の南関重賞も掲載。年末年始のロマンを今年最後のGI後からはじめましょう。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)