トップページ > 作家名一覧 > ゆから始まる作家名一覧 > 柚月裕子

柚月裕子

柚月裕子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

柚月 裕子(ゆづき ゆうこ。釜石応援ふるさと大使。
岩手県釜石市の出身で、小学2年生から5年生までの間は盛岡市で過ごし、盛岡市立山岸小学校で学んだ。子どもの頃は転勤族で小学校を3回変わるなど、高校卒業後に父の転勤に伴って山形県山形市に転居。21歳で結婚し、ほどなく転勤で岩手に戻った両親をよそに同地に定住して、2児を設ける。
子育てが一段落した時に、山形市にて池上冬樹が世話人を務める「小説家になろう講座」の開催を知って、講師を務めるベテランの作家や編集者の話が聞きたいと講座に参加する。一方で地元タウン誌の手伝いで取材原稿を執筆して自分の文章を読んでもらえる喜びを知り、自分が思ったことを表現したいと小説の執筆を開始する。初めて講座に提出した短編で講師の志水辰夫に可能性を指摘されたことで地元・山形新聞社主催の「山新文学賞」への応募を決意し、2007年、「待ち人」が同賞に入選する。
大人になり、著名作家の話を聞きたくて参加した「小説家(ライター)になろう講座」(文芸評論家の池上冬樹が世話人)を受講したことが小説を書き始めたきっかけと語っている。『山新文学賞』で入選したのが自信となり、2008年、44歳の時に『臨床真理』で第7回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞を受賞し、主婦業のかたわらで作家としてデビュー。
2013年、『検事の本懐』で第15回大藪春彦賞を受賞。2016年、『孤狼の血』シリーズ3部作の第1作『孤狼の血』で4回目のノミネートだった第69回日本推理作家協会賞を受賞。同作品は2018年に映画化され、公開後の5月21日付けオリコン週間文庫ランキングでは同名原作小説が15位から9位にランクアップし、柚月にとって初のトップ10入りを果たした。また、シリーズ第2作『凶犬の眼』をベースとした映画の続編が制作されることが発表されている他、『岩手日報』にて2018年2月から2019年1月に連載した『孤狼の血』シリーズ3部作の完結編となる『暴虎の牙』の連載が『夕刊フジ』で2018年10月1日から開始された。

柚月裕子新刊

  • 発売日
    2019年6月14日
  • 書名
    蟻の菜園 ‐アントガーデン‐ (角川文庫)
  • 発売日
    2019年4月20日
  • 書名
    検事の信義
  • 発売日
    2019年4月19日
  • 書名
    慈雨 (集英社文庫)

受賞歴

柚月裕子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

柚月裕子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

shosetsumaru【今月の熱血新刊インタビュー
guriguricchichi【蟻の菜園 ‐アントガーデン‐ (角川文庫)/柚月裕子】を読んだ本に追加 → https://t.co/W2OM2FWIl6 #bookmeter
a_ranking_news(6/23) 紀伊國屋書店 電子書籍 小説・文芸ランキング12位:柚月裕子【著者】『検事の本懐 角川文庫』https://t.co/89rHgnGi7K
BunkoBestSaleAM12位『慈雨 (集英社文庫)』(柚月裕子/集英社) https://t.co/mT7AYRYFB3 警察官を定年退職し、妻と共に四国遍路の旅に出た神場。旅先で知った少女誘拐事件は、16年前に自らが捜査にあたった事件に酷似していた https://t.co/urBsxbcpVq
born_on_JULY_7@6hb1qB4klwEAFri 柚月裕子サンは山形市在住と聞き及んでいる。
animalsocialist人気作家たちの処女作読破運動。今回は柚月裕子さんの「臨床真理」を読む。
goodmovie1000[孤狼の血] 役所広司 (出演), 松坂桃李 (出演), 白石和彌 (監督) 柚月裕子のベストセラー小説を白石和彌監督が映画化。暴力団対策法成立直前の広島の架空都市・呉原を舞台に、刑事、ヤクザ、そして女の生き残りを賭けた戦いを描く。https://t.co/P68aVvgqn8
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
柚月裕子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)