トップページ > 作家名一覧 > ゆから始まる作家名一覧 > 柚月裕子

柚月裕子

柚月裕子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

柚月 裕子|ゆづき ゆうこ。釜石応援ふるさと大使。
岩手県釜石市の出身で、小学2年生から5年生までの間は盛岡市で過ごし、盛岡市立山岸小学校で学んだ。子どもの頃は転勤族で小学校を3回変わるなど、高校卒業後に父の転勤に伴って山形県山形市に転居。21歳で結婚し、ほどなく転勤で岩手に戻った両親をよそに同地に定住して、2児を設ける。
子育てが一段落した時に、山形市にて池上冬樹が世話人を務める「小説家になろう講座」(現:山形小説家・ライター講座)の開催を知って、講師を務めるベテランの作家や編集者の話が聞きたいと講座に参加する。一方で地元タウン誌の手伝いで取材原稿を執筆して自分の文章を読んでもらえる喜びを知り、自分が思ったことを表現したいと小説の執筆を開始する。初めて講座に提出した短編で講師の志水辰夫に可能性を指摘されたことで地元・山形新聞社主催の「山新文学賞」への応募を決意し、2007年、「待ち人」が同賞に入選する。
大人になり、著名作家の話を聞きたくて参加した「小説家になろう講座」(文芸評論家の池上冬樹が世話人)を受講したことが小説を書き始めたきっかけと語っている。『山新文学賞』で入選したのが自信となり、2008年、44歳の時に『臨床真理』で第7回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞を受賞し、主婦業のかたわらで作家としてデビュー。
2013年、『検事の本懐』で第15回大藪春彦賞を受賞。2016年、『孤狼の血』シリーズ3部作の第1作『孤狼の血』で4回目のノミネートだった第69回日本推理作家協会賞を受賞。同作品は2018年に映画化され、公開後の5月21日付けオリコン週間文庫ランキングでは同名原作小説が15位から9位にランクアップし、柚月にとって初のトップ10入りを果たした。また、シリーズ第2作『凶犬の眼』をベースとした映画の続編が制作されることが発表されている他、『岩手日報』にて2018年2月から2019年1月に連載した『孤狼の血』シリーズ3部作の完結編となる『暴虎の牙』の連載が『夕刊フジ』で2018年10月1日から開始された。

受賞歴

柚月裕子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

柚月裕子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

5KkWiJUCZFyUTAZ『狂犬の眼』柚月裕子#読了前作の『孤狼の血』とはかなり雰囲気が違った。前作は生々しい抗争のなか、大上と日岡が泥臭く戦うといった感じだったが、今作は日岡の成長、男気あふれる登場人物たちと、前作よりは人間味というか温度を感じる作… https://t.co/nAgykLzbtV
sun8now【暴虎の牙】 柚月裕子 広島のマル暴刑事・大上章吾の前に現れた、最凶の敵。愚連隊「呉寅会」を率いる沖虎彦の暴走を、大上とその愛弟子である日岡は止められるのか?  ⇒ https://t.co/nDKpRJhvOF
malariya_18柚月裕子さんの『臨床真理』を読了。ミステリーとしては少しありきたりな印象。ですが、文章力や人物描写が凄まじく、グイグイ惹き込まれます。リアルを通り越してむしろ生々しさすら感じるレベル。また、障害者に関するセンシティブな… https://t.co/tP5nsnnyq0
shirotan_gw #読了 柚月裕子「ウツボカズラの甘い息」ある病を患う主婦の文絵は再会した同級生から化粧品ビジネスに誘われ大金と生き甲斐を得るが…。詐欺と殺人、犯人の姿が最後まで見えなくてハラハラ読んだ!けど終盤の展開が結構急で、文絵に寄せ… https://t.co/3nH1uD38ml
Kariyasua柚月裕子 盤上の向日葵読むでよ。だいぶ前から気になってたけど、分厚いから二の足踏んでた。好きな初手は6八銀です、よしなに。 https://t.co/3DyNNT047X
kentlares【暴虎の牙/柚月裕子】を読んだ本に追加 → https://t.co/4sOvwPKxBJ #bookmeter
malimari1234孤狼の血 柚月裕子 著#読了ヤクザとの癒着を噂されている刑事とコンビを組むことになった新人警察官、日岡の奮闘記(?)警察のお話、というよりはどっちかというとがちがちの極道のお話でびびりましたが面白かったです笑 https://t.co/dEBMePncCk
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
柚月裕子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)