トップページ > 作家名一覧 > ゆから始まる作家名一覧 > 柚月裕子

柚月裕子

柚月裕子さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

柚月 裕子(ゆづき ゆうこ。釜石応援ふるさと大使。
釜石市出身。小学2年生から5年生までの間は盛岡市で過ごし、盛岡市立山岸小学校で学んだ。子どもの頃は転勤族で、岩手県内をあちこち転校していたという。成人するまでは岩手県で過ごす。
少女時代からシャーロック・ホームズシリーズに親しむ。大人になり、著名作家の話を聞きたくて参加した「小説家(ライター)になろう講座」(文芸評論家の池上冬樹が世話人)を受講したことが、小説を書き始めたきっかけと語っている。『山新文学賞』で入選したのが自信となり、2008年、『臨床真理』で第7回『このミステリーがすごい!』大賞の大賞を受賞しデビュー。
2013年、『検事の本懐』で第15回大藪春彦賞を受賞。2016年、4回目のノミネートだった『孤狼の血』で第69回日本推理作家協会賞を受賞。同作品は2018年に映画化され、公開後の5月21日付けオリコン週間文庫ランキングでは同名原作小説が15位から9位にランクアップし、柚月にとって初のトップ10入りを果たした。また、小説の続編『凶犬の眼』をベースとした映画の続編が制作されることが発表されている他、小説『孤狼の血』シリーズ3部作の完結編となる『暴虎の牙』の連載が『夕刊フジ』で2018年10月1日から開始された。

柚月裕子新刊

  • 発売日
    2019年5月14日
  • 書名
    悪意の迷路: 日本ベストミステリー選集
  • 発売日
    2019年4月19日
  • 書名
    慈雨 (集英社文庫)
  • 発売日
    2019年3月8日
  • 書名
    もの書く人のかたわらには、いつも猫がいた: NHK ネコメンタリー 猫も、杓子も。 (NHKネコメンタリー 猫も、杓子も。)

受賞歴

柚月裕子関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

柚月裕子関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

raisen_bot2_qmaNo.235 次の「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した小説と、その作者の正しい組み合わせを選びなさい⇒禁断のパンダ―拓未司、トギオ―太朗想史郎、臨床真理―柚月裕子
QMA_Mys_Bot1[線結び]次の「このミステリーがすごい!」大賞で大賞を受賞した小説と 、その作者の正しい組み合わせを選びなさい → 『完全なる首長竜の日』―乾緑郎、『トギオ』―太朗想史郎、『臨床真理』―柚月裕子 ※選択肢足りてないかも?『完全なる首長竜の日』は並べ替えでも出題される模様。
mayu_mahihapi先日電話した母に、柚月裕子の検事シリーズを読んでいる話をしたら、もう全部読んだよと。去年の本屋大賞の後に、盤上の向日葵を貸したところ、気に入ったので文庫は読破したと…さすがママン。
itemon2001@shun_akikusa こんばんは。将棋。柚月裕子先生の推理小説『盤上の向日葵』を読み直したくなりました。
tekapo1986柚月裕子さん初めて読む作家。楽しみ。 https://t.co/wicbUZ6JEl
BocSck99図書館で、伊坂幸太郎さんの《シーソーモンスター》と柚月裕子さん《検事の信義》を新刊借りた。
QV_hatta今朝は新橋行ってて川崎に戻り再び都内に戻り品川。品川駅の本屋で柚月裕子の新しい文庫本見つけたので買ったところ( ^-^)
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
柚月裕子さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)