トップページ > 作家名一覧 > ふから始まる作家名一覧 > 船山馨

船山馨

船山馨さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

船山 馨(ふなやま かおる、1914年3月31日 - 1981年8月5日)は、日本の小説家。
北海道札幌市生まれ。なお、馨によると甚三郎はクリスチャンで、トルストイなどの文学愛好者でもあったという。養父は新聞記者・森笛川。札幌二中(現北海道札幌西高等学校)に在学中、組合教会に通った。1932年、早稲田高等学院に入学するも、1学期で退学。1934年に明治大学予科に入学し、1937年に商学部の1年のときに退学する。1937年に北海タイムス(のちに北海道新聞に統合)の社会部学芸記者となる。1939年にふたたび上京し、四社連合に勤める。1940年、寒川光太郎・椎名麟三・野口富士男・佐々木翠らの『創作』(のち『新創作』)の同人に加わり、「私の絵本」を執筆。「私の絵本」は、『文芸』の第2回同人雑誌推薦作候補となった。同年、青年芸術派を結成、『青年芸術派叢書』の1巻として長編小説『衣裳』を書き下ろし出版する。さらには第13回、14回と2回続けて作品が芥川賞候補となるなど早くも文壇でも一目置かれる存在へとなっていく。この間、1944年に佐々木翠(本名・坂本春子)と結婚している。
戦後は文芸雑誌「序曲」の同人となり、『笛』『半獣神』『魔術師』など実存主義的傾向の強い作品を発表し、椎名・野間宏・埴谷雄高らとともに第一次戦後派の一人と目されるが、1948年にヒロポン中毒となり、やがて執筆活動に支障をきたすまでの状態となり、文壇からは半ば見放された状態となる。ヒロポン依存から回復後は推理小説や時代小説を手がけるなど執筆ジャンルの幅を広げていくも、長らく汚名返上出来ずに雌伏の時を過ごす。1967年に地方紙に連載した歴史ロマン『石狩平野』がベストセラーとなり、小説新潮賞を受賞し、文壇の表舞台へも復活を果たした。その後も『お登勢』『見知らぬ橋』『蘆火野』『放浪家族』、遺作となった『茜いろの坂』まで、新聞小説を主に置きながら精力的に作品を発表し、また多くの作品がテレビドラマ・舞台化されるなど、中間小説の大家として活躍し、国民ロマンの巨匠の異名を取った。
1981年8月5日、心不全のため東京都新宿区中井の自宅で死去。享年67。おしどり夫婦として知られた妻の春子も同日の夜に狭心症のため急死したことも、船山の死と共に報じられ話題となった。戒名は寂照院天真談応居士。墓は東京都中野区上高田の竜興禅寺にある。
2014年5月10日、兵庫県洲本市の江国寺で、『お登勢』の題材となった庚午事変及び平運丸遭難事件の犠牲者の追悼行事が行われた。

受賞歴

船山馨関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2011.2.23 作家の読書道 第112回:林真理子さん

    小説もエッセイも大人気、文学賞の選考委員も務める林真理子さんが元文学少女だったことは有名な話。"小説の黄金期"をくぐり抜けてきたその読書遍歴のほんの一部と、作家になるまでの経緯、そして作家人生ではじめて書いたという児童文学『秘密のスイーツ』についてなどなど、おうかがいしてきました。

船山馨関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

straight_life【今なら15%引き!】 舞台「お登勢」のパンフレット、セール中です!【日】沢口靖子、葛山信吾、国生さゆり、大高洋夫、金子昇、松山政路、山本陽子、松田隆男、小林滋生、福本伸一、各務立基、船山馨、飯島早苗、水谷幹夫さん。https://t.co/goBjLmOGQQ
kotoba_wakareただ、私は自分の過去と別れたいのだ。 「茜いろの坂」船山馨
tapioca454幕末の暗殺者(上)/船山馨、だけ読んだけどなかなか面白かった。剣の腕も頭も冴え、見目もいい武市先生にのめり込んでく以蔵さんを「年増女に魅せられた少年のようなものであった」って表現するのが仄暗いエロスでよかった…あと最初の殺人に怯え… https://t.co/nGw5IjV47Q
jawp_shiritori悪徳 (1958年の映画) あくとく https://t.co/seOicwMev7 「悪徳」 (あくとく)は、日映により1958年(昭和33年)に製作され、大映の配給で同年2月19日に公開された日本映画。モノクロ/スコープ/102分。船山馨の原作を「現代人」の猪俣勝人が脚色…
natsuki_izu「幕末の暗殺者」というと個人的には船山馨の短編集。この「薄野心中」の斎藤さん(と「新選組血風録」の斎藤さん)が、私がそもそも斎藤一ファンになったきっかけでした。当時ですら古本屋で買ったから、今はもう入手困難かなあ。岡田以蔵もこの中の短編で好きになりましたね。
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
船山馨さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)