トップページ > 公募新人賞一覧 > 日本ホラー小説大賞 > 2006年−第13回 日本ホラー小説大賞

日本ホラー小説大賞

2006年−第13回 日本ホラー小説大賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本ホラー小説大賞(にほんホラーしょうせつたいしょう)は、かつて存在した日本の公募新人文学賞。株式会社KADOKAWAと一般財団法人角川文化振興財団が主催していた。

第13回—2006年(応募総数:661)

大賞

  • 該当なし

長編賞

短編賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

日本ホラー小説大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.1.16 第160回芥川賞は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R1分34秒』に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定!

    第160回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)が発表された。選考会は1月16日(水)、東京・築地の新喜楽で開かれ、「芥川賞」は上田岳弘の『ニムロッド』と町屋良平の『1R(いちらうんど)1分34秒』の2作品に、直木賞は真藤順丈の『宝島』に決定した。

  • 2018.11.29 ホラー小説大賞2作品、次回から刷新

    日本ホラー小説大賞は、次回から横溝正史ミステリ大賞と統合され、「横溝正史ミステリ&ホラー大賞」へとリニューアルする。多彩な作品を生みだし、ホラーというジャンルを切りひらいてきたこの賞を締めくくる第25回は、初めて2作が大賞となった。古代エジプトの呪いにまつわる福士俊哉さん(58)の『黒いピラミッド』(KADOKAWA)と、読者賞とのダブル受賞となった秋竹サラダさん(26)の学園ホラー『祭火小夜の後悔』(同)。2作の刊行を機に、年齢も作風も対照的な2人の著者に話を聞いた。

  • 2018.7.28 作家の読書道 第196回:真藤順丈さん

    ダ・ヴィンチ文学賞大賞の『地図男』や日本ホラー小説大賞大賞の『庵堂三兄弟の聖職』など、いきなり4つの文学賞に入選してデビューを果たした真藤順丈さん。その後も着実に力作を発表し続け、最近では戦後の沖縄を舞台にした一大叙事詩『宝島』を発表。骨太な作品を追求するその背景には、どんな読書遍歴が?

日本ホラー小説大賞関連つぶやき

FictionEbook15位『ぼぎわんが、来る 比嘉姉妹シリーズ (角川ホラー文庫)』(澤村伊智/KADOKAWA / 角川書店) 尼:https://t.co/QpQEnjQzMn 映画化決定!!!最終選考委員のみならず、予備選考委員もふくむすべての選考員が賞賛した第22回日本ホラー小説大賞〈大賞〉受
BunkoBestSaleAM4位『ぼぎわんが、来る (角川ホラー文庫)』(澤村伊智/KADOKAWA) https://t.co/sUuKYxGhi1 映画化決定! 全選考委員が絶賛した第22回日本ホラー小説大賞受賞作! https://t.co/fVxLT6ad90
CL1opJPL2aIn2MI新しい本買った(❁´ω`❁)この本、第25回日本ホラー小説大賞、大賞&読者賞 受賞してる本! https://t.co/nyjhEeYEmm
livequiz_workその412014年10月に刊行された浅田次郎の小説は『○○○山の物語』?神坐す 2014年4月に日本ホラー小説大賞を受賞した雪富千晶紀の小説死咒の島 2015年11月に将棋棋士の吉田正和と結婚したかるたの永世クイー… https://t.co/XXUV3r2x7c
yomyom_book【平山 夢明】(1961年11月17日)。日本の作家。ホラー小説、実話怪談のほか、監修、映画評論(デルモンテ平山名義)、映画監督、ラジオパーソナリティーなど、幅広く活動している。ポプラ社刊『ダイナー』で第31回吉川英治文学新人賞最… https://t.co/18mHOcepAX
air_dotter@kana_09_07 映画原作で作者デビュー作の「ぼぎわんが、来る」が日本ホラー小説大賞を取ってるみたいですね
moooomaaaaaxxx選評を眺めていたら横溝正史ミステリ大賞に合併吸収で日本ホラー小説大賞はなくなってしまうのか。「夜葬」「迷い家」とか最近もいい作品を出していたので残念。「粘膜人間」「バイロケーション」もそうだし、瀬名秀明、貴志祐介、小林泰三、恒川光太郎を輩出した名門なのに。ぼっけえきょうてえ、も!
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)