トップページ > 公募新人賞一覧 > 日本ホラー小説大賞 > 一括表示

日本ホラー小説大賞

日本ホラー小説大賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

日本ホラー小説大賞(にほんホラーしょうせつたいしょう)は、日本の公募新人文学賞。株式会社KADOKAWAと一般財団法人角川文化振興財団が主催している。

第19回2012年(応募総数:317)

大賞

第18回2011年(応募総数:811)

大賞

  • 該当なし

長編賞

短編賞

第17回2010年(応募総数:823)

大賞

長編賞

短編賞

第16回2009年(応募総数:683)

大賞

長編賞

短編賞

第15回2008年(応募総数:671)

大賞

長編賞

短編賞

短編賞

第14回2007年(応募総数:605)

大賞

  • 該当なし

短編賞

第13回2006年(応募総数:661)

大賞

  • 該当なし

長編賞

短編賞

第12回2005年(応募総数:580)

第11回2004年

大賞

  • 該当なし

佳作

短編賞

佳作

第10回2003年

大賞

長編賞

短編賞

第9回2002年

大賞

  • 該当なし

第8回2001年

大賞

長編賞

短編賞

第7回2000年

大賞

  • 該当なし

第6回1999年

佳作

第5回1998年

大賞

  • 該当なし

第4回1997年

大賞

長編賞

短編賞

第3回1996年

大賞

  • 該当なし

佳作

第2回1995年

大賞

短編賞

第1回1994年

大賞

  • 該当なし

佳作

佳作

日本ホラー小説大賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.7.28 作家の読書道 第196回:真藤順丈さん

    ダ・ヴィンチ文学賞大賞の『地図男』や日本ホラー小説大賞大賞の『庵堂三兄弟の聖職』など、いきなり4つの文学賞に入選してデビューを果たした真藤順丈さん。その後も着実に力作を発表し続け、最近では戦後の沖縄を舞台にした一大叙事詩『宝島』を発表。骨太な作品を追求するその背景には、どんな読書遍歴が?

  • 2018.4.24 日本ホラー小説大賞、2作品を発表

    第25回日本ホラー小説大賞(KADOKAWAなど主催)が24日発表され、大賞に秋竹サラダさん(26)の「魔物・ドライブ・Xデー」と福士俊哉さん(58)の「ピラミッドの怪物」に決まった。

  • 2017.9.20 作家の読書道 第186回:澤村伊智さん

    日本ホラー小説大賞を受賞したデビュー作『ぼぎわんが、来る』(「ぼぎわん」を改題)が話題を集め、その後の作品も評判を呼んで日本ホラー小説界期待の新星として熱く注目されている澤村伊智さん。実は幼少の頃から筋金入りの読書家です。愛読してきたレーベル、作品、作家について、がっつりお話くださいました。読み応え満点!

日本ホラー小説大賞関連つぶやき

k_ori_dev林真理子さんは昔からこういう事ばっかり。日本ホラー小説大賞の選考もこんな感じだった。 https://t.co/5qJnLB3UrO
yoidoreotoko第25回日本ホラー小説大賞に、東洋大学OBの秋竹サラダ氏!https://t.co/euWcAViXMU 東洋大学の理工学部出身とか・・・。
MysteryBonita6【本日発売単行本情報②】奈々巻かなこ先生(原作・恒川光太郎先生)の「夜市」!日本ホラー小説大賞受賞作、待望の初マンガ化!! 大学生のいずみが好意を寄せる裕司に誘い出されたのは、人ではない者たちが跋扈する不思議な市場「夜市」で…!? https://t.co/qarFsOfkXw
LS_slot_bot2小説「ぼっけえ、きょうてえ」で、日本ホラー小説大賞と山本周五郎賞を受賞した、タレントとしてもおなじみの女流作家は?→岩井志麻子(同一リール:小野不由美、鹿島田真希、村田沙耶香)
NonEffect_bot386.(芸)『八日目の蝉』などの作品を手がけた映画監督です【成島出】なるしまいずる(ラ)2009年に『寅淡語怪録』で日本ホラー小説大賞短編賞を受賞【朱雀門出】すざくもんいづる(文)『広辞苑』を編纂した国語学者です【新村出】しんむらいずる
USA_KUN2511流石日本ホラー小説大賞取っただけある……。
takeori日本ホラー小説大賞を受賞した福士俊哉「黒いピラミッド」、ムチャクチャ面白かった。冒険小説×ホラーの煽りそのままで、中島らも「ガダラの豚」、貴志祐介「天使の囀り」(の導入部分)と似たテイストでこれらが好きな人や呪いものが好きな人には… https://t.co/n0m82kAwoE
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)