トップページ > 公募新人賞一覧 > 小説推理新人賞 > 2012年−第34回 小説推理新人賞

小説推理新人賞

2012年−第34回 小説推理新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

小説推理新人賞(しょうせつすいりしんじんしょう)は、1979年より双葉社が主催する公募新人文学賞である。短編の推理小説を募集する。受賞作の発表は例年、双葉社が発行する小説誌『小説推理』8月号で行われ、受賞作が掲載される。受賞者には正賞及び副賞として100万円が贈られる。

第34回—2012年(応募総数:346)

小説推理新人賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

小説推理新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

小説推理新人賞関連つぶやき

blue_airship増田忠則『三つの悪夢と階段室の女王』を読み終える。第35回小説推理新人賞受賞作を含む四話を収録した作品集で、とにもかくにも受賞作「マグノリア通り、曇り」が掛け値なしに素晴らしい。自業自得の主人公を追い込んでゆく、息をのむ迫力と滑らかな展開が一致した傑作だと思う。
raisen_bot2_qmaNo.352 次の大沢在昌の小説とそれが受賞した文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒心では重すぎる―日本冒険小説協会大賞、パンドラ・アイランド―柴田錬三郎賞、感傷の街角―小説推理新人賞
kiichiros正式発表があったから明かしてもいいですね。鈴木輝一郎小説講座の受講生が2017年第39回小説推理新人賞の最終に残りました。選には漏れましたが、今回は受賞作なし。よく健闘したでござる。
katsukix『第40回小説推理新人賞 応募要項』新人賞をとって作家になる!|https://t.co/9cY4Jn2UUi
kouhokudou_bot乱歩賞が、公募による長編推理小説新人賞に変わったのは、第三回からなんだ
QMA_Mys_Bot2[パネル]「第15回オール讀物推理小説新人賞」を受賞した、作家・赤川次郎のデビュー作は『○○○○』?[人列亡霊車魔体幽悪島] → 幽霊列車
hon_web今日は幽霊の日|【間もなく発売】オール讀物推理小説新人賞受賞作「幽霊列車」第2弾が、初めての新装版として登場。表題作「幽霊候補生」ほか、計五本を収録。 |文春文庫『赤川次郎クラシックス 幽霊候補生』赤川次郎 | https://t.co/AJoKPx5gQp
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)