トップページ > 作家名一覧 > ひから始まる作家名一覧 > 百田尚樹

百田尚樹

百田尚樹さんの情報(受賞歴、新刊、ニュース、インタビュー、関連つぶやき等)をまとめています。
代表作探し、おすすめ探し等にご活用ください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

経歴

百田 尚樹(ひゃくた なおき、1956年2月23日 - )は、日本の放送作家・フィクション小説家。大阪府大阪市東淀川区出身。
同志社大学法学部在学中に『ラブアタック!』(ABC)に出演し、みじめアタッカーの常連だった(1978年当時大学3回生で6回目の挑戦など)。大学生活5年目で中退、その後放送作家となり、『探偵!ナイトスクープ』のチーフライターを25年以上に渡り務めているほか、『大発見!恐怖の法則』などの番組の構成を手がけた。
2006年(平成18年)に『永遠の0』(太田出版)を発表し、小説家としてデビュー。2009年(平成21年)、『BOX!』が第30回吉川英治文学新人賞候補、第6回本屋大賞の5位に選出され、映画化もされた。2012年(平成24年)10月15日付オリコン“本”ランキング文庫部門で『永遠の0』が100万部を突破。文庫部門では13作目。
2013年(平成25年)、『海賊とよばれた男』で本屋大賞を受賞、その発言でも注目を集めた。同年9月から『週刊新潮』にて『フォルトゥナの瞳』を連載開始した。これは小説家デビュー以来、初の週刊誌連載となる。同年10月9日、第26回日本メガネベストドレッサー賞文化界部門を受賞。同年11月11日から2015年2月28日まで、NHK経営委員(1期のみ務める)。

百田尚樹新刊

  • 発売日
    2017年8月27日
  • 書名
    カエルの楽園 (新潮文庫)

受賞歴

百田尚樹関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

百田尚樹関連つぶやき(自動取得のため関連しない情報も含まれることがあります)

tabearukiman081V6・岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、鈴木亮平、ピエール瀧、綾瀬はるか、堤真一、野間口徹、須田邦裕、飯田基祐、矢島健一、浅野和之、近藤正臣、黒木華が出演する百田尚樹原作の「海賊とよばれた男」が12月に公開!小林隆についてもご紹介します!https://t.co/U0quFTjWYj
paipai_devil【百田尚樹】《韓国発狂》韓国の発展 日本が最大の『手本』発言 ⇒ 米NBCテレビ謝罪 で見えたヤバい黒幕の可能性 https://t.co/8zcvmCMJMe @kenkan_chさんから国民投票すれば、自衛隊容認が多数だと… https://t.co/BblMvb6feL
DNT1171【百田尚樹】米テレビが発言謝罪の真実!韓国の発展は日本が手本?まるで朝日新聞!ケント・ギルバート 2018年2月 https://t.co/TWlVeCBuBm @YouTubeさんから
charlie_1229百田尚樹チャンネルで見た【八重洲・イブニング・ラボ第48回講演会中継】面白かった。
kg107smile染谷将太、吉岡秀隆、鈴木亮平、ピエール瀧、綾瀬はるか、堤真一、野間口徹、須田邦裕、飯田基祐、矢島健一、浅野和之、近藤正臣、小林隆、黒木華が出演する百田尚樹原作の「海賊とよばれた男」が12月公開!V6・岡田准一を紹介!https://t.co/DZMfUPPsU2
Archangel7812百田尚樹さんのカエルの楽園を読了。これはあれのことかな?とか思いを巡らせながら一気に読んだのだけど……最後の解決は少々野暮過ぎじゃないかと。普通に生活してれば予想はつくことばかりだけど、あえてぼかしてることを明るみに曝すのはいただけない。そういうのは飽くまでも読み手が汲み取るもの
shodensha_news『いい加減に目を覚まさんかい、日本人!これ以上のさばらせるな!めんどくさい韓国とやっかいな中国&北朝鮮』緊急出版!今そこにある危機に、いつまで見て見ぬふりをするのか!百田尚樹とケント・ギルバートが大激論!「俺たちが言わずに誰が言う!」https://t.co/mLTX2LFwvw
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
百田尚樹さんと同じ賞の受賞作家
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)