トップページ > 公募新人賞一覧 > すばる文学賞 > 1986年−第10回 すばる文学賞

すばる文学賞

1986年−第10回 すばる文学賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

すばる文学賞(すばるぶんがくしょう)は、集英社が主催する純文学の公募新人文学賞である。集英社出版四賞の1つ。受賞作は同社が発行する文芸誌『すばる』11月号に掲載される(第17回までは12月号)。受賞者には正賞として記念品、副賞として100万円が授与される。毎年3月末日締め切り。
純文学系の新人賞には他に、群像新人文学賞、新潮新人賞、文學界新人賞、文藝賞、太宰治賞などがある。

第10回—1986年

その他の回のデータ(全データ一括表示

すばる文学賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2018.4.18 作家の読書道 第193回:奥田亜希子さん

    すばる文学賞受賞作品『左目に映る星』(「アナザープラネット」を改題)以降、一作発表するごとに本読みの間で「巧い」と注目を集めている奥田亜希子さん。長篇も短篇も巧みな構築力で現代に生きる人々の思いを描き出す筆力は、どんな読書経験で培われてきたのでしょうか。デビューに至るまでの創作経験などとあわせておうかがいしました。

  • 2018.2.21 作家の読書道 第191回:原田ひ香さん

    2007年に『はじまらないティータイム』ですばる文学賞を受賞してデビュー、『東京ロンダリング』や『人生オークション』、最新作『ランチ酒』などで話題を呼んできた原田ひ香さん。幼い頃、自分は理系だと思っていた原田さんが、小説家を志すまでにはさまざまな変遷が。その時々で心に響いた本について、教えてもらいました。

  • 2017.9.5 すばる文学賞に山岡ミヤさん

    第41回すばる文学賞(集英社主催)は5日、神奈川県在住の山岡ミヤさん(31)の「光点」に決まった。

すばる文学賞関連つぶやき

yurubngkbot渡辺淳一文学賞株式会社集英社と公益財団法人一ツ橋綜合財団が主催する文学賞。純文学・大衆文学の枠を超えた、人間心理に深く迫る豊潤な物語性をもつ小説作品が顕彰される。受賞作品は、『すばる』および『小説すばる』で発表される。2016年(H28)~現在
kazushitakeda#フォロワーが体験した事が無さそうな体験すばる文学賞で二次選考通過した
mamejimanすばる文学賞、一次で落ちました。|Masaki Iijima @mamejiman|note(ノート) https://t.co/Jux9yYDck1
rokumarugo605すばる文学賞一次落ちでしたー残念…またアップしとかなきゃ
ringoikawaすばる文学賞か・・・(参加していないいろいろ公募あるね来年のエントリー今から考えておかんといけん感じか
sukima_shaそうか、もうすばる文学賞一次通過者出ているんですね。
shirubiyanke目黒の有隣堂にすばるがなかった…誰かすばる文学賞の一次選考の結果を教えてくれ…
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)