トップページ > 公募新人賞一覧 > 鮎川哲也賞 > 2012年−第22回 鮎川哲也賞

鮎川哲也賞

2012年−第22回 鮎川哲也賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

鮎川哲也賞(あゆかわてつやしょう)は、東京創元社が主催する公募の新人文学賞。「創意と情熱溢れる鮮烈な推理長編」を募集する。
1988年、東京創元社が全13巻の書き下ろし推理小説シリーズ「鮎川哲也と十三の謎」を刊行する際、その最終巻を「十三番目の椅子」として一般公募した。翌年、その企画を発展する形で鮎川哲也賞が創設された。正賞はコナン・ドイル像、賞金は印税全額。受賞作は、毎年10月前後に東京創元社より刊行される。
贈呈式は毎年、飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモント〈悠久の間〉にて、ミステリーズ!新人賞と合同で行われる。

第22回—2012年(応募総数:140)

鮎川哲也賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

鮎川哲也賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.10.22 【今週はこれを読め! SF編】謎解きミステリと時間SFとのあまりにみごとな融合

    鮎川哲也賞を受賞したデビュー作。時間SFとパズラーを組みあわせた意欲作。タイムトラベルも本格推理も、破綻なくストーリーを語り進め、読者の予想を超える結末にたどりつくためには、強度のあるロジックが要求される。本作は、その要件を高いレベルでクリアしている。途中、登場人物が奇異に思える行動に出る場面もあるけれど、それはその人物の来歴や性格によるものとして、じゅうぶん了解可能だ。

  • 2019.4.27 作家の読書道 第205回:今村昌弘さん

    2017年に鮎川哲也賞受賞作『屍人荘の殺人』でデビューした今村昌弘さん。意表を突くクローズドサークルの設定が話題となり、年末の各ミステリランキングで1位になり、本格ミステリ大賞も受賞。第2作となる『魔眼の匣の殺人』も期待を裏切らない内容で、今後の活躍が楽しみな新鋭です。でも意外にも、昔からミステリ作家を目指していたわけではなかったのだとか。ではどんな本が好きだったのか、そして作家を目指したきっかけは?

  • 2019.4.4 東京創元社、第29回「鮎川哲也賞」を決定

    4月2日開催の最終選考会で受賞作を決定。

鮎川哲也賞関連つぶやき

youtaiga_mcz鮎川哲也「リラ荘殺人事件」読了個人的に鮎川哲也賞受賞作が合うのか、沢山読んで楽しんでいました。ただ、肝心の鮎川さんの作品は初めて読んだんですよ。時代背景は古いですが、それを感じさせない程先が気になる展開、構成でした。まさに賞の… https://t.co/dgCE7MBWUQ
mikage_H#創元推理文庫復刊2021『殉教カテリナ車輪』飛鳥部勝則鮎川哲也賞受賞作で、しかもこれだけ根強い人気があるのになぜ復刊されないのか…。今年こそはぜひ!
_anonymous_fool【時空旅行者の砂時計/方丈 貴恵】鮎川哲也賞受賞ということで、読んでみました。タイムトラベルという道具をどう使うのか?がポイントで整合性という点では飛び道具の使い方は、アンフェアではないと思い… → https://t.co/unEpNomyBW #bookmeter
E_IM0918眼鏡屋は消えた。もう中古で買っちゃったからいいけど復刊自体はして欲しい気もする。鮎川哲也賞若い順に追ってくとどうしてもあれにぶち当たるから
tenroin_osaka『屍人荘の殺人』で第27回鮎川哲也賞を受賞された今村昌弘先生によるトークイベント!!創作のためのコツからアイデアの捻り方、創作秘話まで、徹底的にお聞きしたいと思います☺️https://t.co/xBGI1h873h
QMA_Mys_Bot1[線結び]次のミステリーの賞とその賞金額の正しい組み合わせを選びなさい → 江戸川乱歩賞―1000万円、横溝正史ミステリ大賞―400万円、鮎川哲也賞―印税の全額 ※なんとなくイメージ通りに結べば意外と当たる。余裕があれば賞の主催(順に日本推理協会、角川、創元)も押えておきたい
kikubon_jp【第27回鮎川哲也賞受賞作】『屍人荘の殺人』から続くミステリシリーズ<剣崎比留子シリーズ>!神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と同じ大学の探偵少女、剣崎比留子と共に怪事件に挑む!『屍人荘の殺人』『魔眼の匣の殺人』(著:今村昌… https://t.co/LJNlR5lCAp
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)