トップページ > 公募新人賞一覧 > 鮎川哲也賞 > 2012年−第22回 鮎川哲也賞

鮎川哲也賞

2012年−第22回 鮎川哲也賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

鮎川哲也賞(あゆかわてつやしょう)は、東京創元社が主催する公募の新人文学賞。「創意と情熱溢れる鮮烈な推理長編」を募集する。
1988年、東京創元社が全13巻の書き下ろし推理小説シリーズ「鮎川哲也と十三の謎」を刊行する際、その最終巻を「十三番目の椅子」として一般公募した。翌年、その企画を発展する形で鮎川哲也賞が創設された。正賞はコナン・ドイル像、賞金は印税全額。受賞作は、毎年10月前後に東京創元社より刊行される。
贈呈式は毎年、飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモント〈悠久の間〉にて、ミステリーズ!新人賞と合同で行われる。

第22回—2012年(応募総数:140)

鮎川哲也賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

鮎川哲也賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

  • 2019.4.27 作家の読書道 第205回:今村昌弘さん

    2017年に鮎川哲也賞受賞作『屍人荘の殺人』でデビューした今村昌弘さん。意表を突くクローズドサークルの設定が話題となり、年末の各ミステリランキングで1位になり、本格ミステリ大賞も受賞。第2作となる『魔眼の匣の殺人』も期待を裏切らない内容で、今後の活躍が楽しみな新鋭です。でも意外にも、昔からミステリ作家を目指していたわけではなかったのだとか。ではどんな本が好きだったのか、そして作家を目指したきっかけは?

  • 2019.4.4 東京創元社、第29回「鮎川哲也賞」を決定

    4月2日開催の最終選考会で受賞作を決定。

  • 2019.3.13 【今週はこれを読め! エンタメ編】高校生たちの日常の謎短編集〜青崎有吾『早朝始発の殺風景』

    「青春ってきっと、気まずさでできた密室なんだ」。格言付きのカレンダーに加えてもらいたいような至言である。『早朝始発の殺風景』は、高校生たちがさまざまな状況で推理を繰り広げる連作短編集。前述のフレーズは最終話「三月四日、午後二時半の密室」に出てくるフレーズだが、きっと本書の登場人物たち全員の、いや、読者である私たちを含めた全員の感情をなぞったものであるに違いない。

鮎川哲也賞関連つぶやき

K_POT4SSIUMその作風からデビュー当時はミステリ界に論争を巻き起こした。大森望によれば、『コズミック』刊行直後の鮎川哲也賞受賞パーティーでは、
logica_mystery志摩子:文学には芥川賞といった賞があるわね。推理小説にもそういうものはあって、日本には本格ミステリ大賞、江戸川乱歩賞、鮎川哲也賞なんかがあるわ。ああ、勿論、海外にも推理小説の賞はあるわよ。
audiobookPR第23回鮎川哲也賞受賞名探偵の証明 (著:市川哲也 朗読:別府なるみ) 声優が小説を朗読するオーディオブックストア♪耳で聴く本 kikubon(キクボン) https://t.co/BAEMjCHFL7 #聞く本 #書籍 #オーディオブック
QMA_Mys_Bot1[連想]主催は日本推理作家協会/第1回の受賞者は中島河太郎/東野圭吾、西村京太郎らも受賞/受賞作は講談社より出版 → 江戸川乱歩賞/鮎川哲也賞/アガサ・クリスティー賞/ばらのまち福山ミステリー文学新人賞 ※鮎哲賞=創元。クリスティー賞=早川
QMA_Mys_Bot2[並べ替え]古アパート「泥濘荘」で起こる連続殺人事件を名探偵・森江春策が解明する、第1回鮎川哲也賞を受賞した芦辺拓の小説は?[喜人3殺の劇1人] → 殺人喜劇の13人
novel_LINE_jp\ 相沢沙呼 @sakomoko さん/『午前零時のサンドリヨン』で鮎川哲也賞&『小説の神様』シリーズが話題に!相沢さん作品は、青春時代ならではの繊細さとミステリーに惹かれて時間を忘れて読んでしまう不思議…
qma_lsjnat_bot日本の文芸賞、創設順⇒日本推理作家協会賞→江戸川乱歩賞→吉川英治文学新人賞→横溝正史賞→鮎川哲也賞→松本清張賞→メフィスト賞→大藪春彦賞
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)