トップページ > 公募新人賞一覧 > 鮎川哲也賞 > 1997年−第8回 鮎川哲也賞

鮎川哲也賞

1997年−第8回 鮎川哲也賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

鮎川哲也賞(あゆかわてつやしょう)は、東京創元社が主催する公募の新人文学賞。「創意と情熱溢れる鮮烈な推理長編」を募集する。
1988年、東京創元社が全13巻の書き下ろし推理小説シリーズ「鮎川哲也と十三の謎」を刊行する際、その最終巻を「十三番目の椅子」として一般公募した。翌年、その企画を発展する形で鮎川哲也賞が創設された。正賞はコナン・ドイル像、賞金は印税全額。受賞作は、毎年10月前後に東京創元社より刊行される。
贈呈式は毎年、飯田橋にあるホテルメトロポリタンエドモント〈悠久の間〉にて、ミステリーズ!新人賞と合同で行われる。

第8回—1997年

鮎川哲也賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

鮎川哲也賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

鮎川哲也賞関連つぶやき

manekineko14110/31第28回鮎川哲也賞 360~650枚 印税 消印
nickwilde_qma【ライ/四】Q.2012年に第22回鮎川哲也賞を受賞した青崎有吾の小説は? A.『体育館の殺人』 どうだ、簡単だろ?
raisen_bot2_qmaNo.125 次の女流作家と受賞したことがある文学賞の正しい組み合わせを選びなさい⇒加納朋子―鮎川哲也賞、夏樹静子―フランス犯罪小説大賞、宮部みゆき―山本周五郎賞
MZK__0039●今村昌弘『屍人荘の殺人』第27回鮎川哲也賞受賞作。○○○によってミステリの舞台が作られ、そこでしかありえない謎解きが行われる。冒頭の葉村・明智コンビの推理合戦も面白かった。また、比留子の「探偵役」の在り方に惹かれた。#読書週間だからRTといいねの数だけ好きな本を紹介しよう
QMA_Mys_Bot1[多答]次のうち日本のミステリー小説の公募新人賞を全て選びなさい → ○横溝正史ミステリ大賞、鮎川哲也賞、江戸川乱歩賞 ×大藪春彦賞、日本推理作家協会賞 ※選択肢この5つとの情報有り。○でも×でも好きな方をどうぞ
lonllywolf『屍人荘の殺人』今村昌弘を読んで見た。鮎川哲也賞受賞作品。キタキタ^^破壊力抜群にして、堂々たる本格の力作。こぞって絶賛の嵐なのも頷けるってもんよ!ド派手な展開に目を奪われがちだが、手掛かりの丁寧さが素晴らしい。そして消去法による犯人探し。ラストなんか涙が出るよ→
logica_mystery志摩子:文学には芥川賞といった賞があるわね。推理小説にもそういうものはあって、日本には本格ミステリ大賞、江戸川乱歩賞、鮎川哲也賞なんかがあるわ。ああ、勿論、海外にも推理小説の賞はあるわよ。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)