トップページ > 公募新人賞一覧 > メフィスト賞 > 2004年−第30回 メフィスト賞

メフィスト賞

2004年−第30回 メフィスト賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

メフィスト賞(メフィストしょう)とは、株式会社講談社が発行する文芸雑誌『メフィスト』から生まれた公募文学新人賞である。

第30回—2004年

メフィスト賞

その他の回のデータ(全データ一括表示

メフィスト賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

メフィスト賞関連つぶやき

honnado気がつけばメフィスト賞受賞作か講談社タイガから発売されるようになってるなぁ
MyMMN16【すべてがFになる】森博嗣のデビュー作。第1回メフィスト賞受賞作で、ゲーム化、漫画化、ドラマ化済のヒット作。なんのことかわからないかも知れないが、将棋棋士である藤井猛九段とはなんの関係もないことを明記しておく。
mys_sus_bot【グループ分け】次の作家を受賞した文学賞ごとにグループ分けしなさい[このミス大賞]中山七里[メフィスト賞]佐藤友哉北山猛邦
562ya#小説を書いてる人はどんな本を読んで育ったのか気になるから教えてほしい小説に限定するとパッと思い出せる範囲でエーリッヒ・ケストナーおちゃめなふたごシリーズ新本格、メフィスト賞出身の作家さん稲垣足穂夢野久作JDサリンジャー
kuratakeなるほど、ひらがなけやきは(森博嗣デビューに箔をつけるために賞を取らせたい出版社が企画した)メフィスト賞のようなものなのか。
payappa_doobagmod皆殺し探偵回やキーボードぶっ壊れ人狼が好きな人には是非メフィスト賞受賞作品で検索かけてほしい
Shigehiro_poto久しぶりにメフィスト賞作品を読んだ。「コンビニなしでは生きられない」爽快な読後感で楽しかった。自分好みだから、この作者さんの次回作も読みたいと思う。同じ受賞作の「恋と禁忌の述語論理」を少し連想した。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)