トップページ > 公募新人賞一覧 > 文學界新人賞 > 2005年−第101回 文學界新人賞

文學界新人賞

2005年−第101回 文學界新人賞の情報(受賞作・受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文學界新人賞(ぶんがくかいしんじんしょう)は、 文藝春秋が発行する文芸雑誌『文學界』の公募新人賞である。年に1度募集され、受賞作は『文學界』5月号に掲載される。受賞者には賞金50万円と記念品が与えられる。規定枚数が400字詰原稿用紙で70 - 150枚と、他の純文学系文芸誌が主催する新人文学賞と比べて短めであることが特徴的である。毎年9月末日が締切日。ウェブサイトでの応募も受け付けている。
純文学系の新人賞には他に、群像新人文学賞、新潮新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。

第101回—2005年

文學界新人賞

辻原登奨励参考作

その他の回のデータ(全データ一括表示

文學界新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

文學界新人賞関連つぶやき

yurubngkbot九州芸術祭文学賞公益財団法人九州文化協会が九州・沖縄各県、福岡市・北九州市・熊本市の3政令指定都市との共催で運営、公募する新人賞である。応募資格は九州(沖縄を含む)在住者に限られる。受賞作は『文學界』4月号に掲載されるともに、作品集が刊行される。1970年(S45)~現在
milk_ninja_botハードボイルドに憧れて原尞さんの受賞作からずっとレッチリのスノー((ヘイ・オー))が創元社文學界新人賞容赦ない。ぼくにとってのペルピニャン駅の伝言板にある6枚切りと6枚切り食パンはただやるべきことを言う。
dokushosalon【中編】吉田修一著『最後の息子』新宿のバーで働く閻魔ちゃんと同棲しながら、ガールフレンドとの関係も続けている、ぼく。ビデオ日記の記録をめぐりながら、青春の日々を描く。第84回文學界新人賞受賞の表題作ほか2編。 https://t.co/kLK2lrqy3Q
respect_rimbaud文學界新人賞向け小説は、年が明けたら書き始めよう。
orega2061憑きもんがとれた。1年に3回、新潮新人賞3月、文學界新人賞9月、そして群像新人文学賞10月に投稿。各70枚で210枚。脳みその健康にはいい。さてこれで読書に集中できる。まず『ゲンロン8 特集ゲームの時代』を購読する。あずまんは東大… https://t.co/6lBGnFzmD5
kec_twitt読書好きの皆さんは文芸誌ちゃんと読んでますか。文芸誌というのは小説の少年ジャンプみたいなものですね。 #はてなブログ今月号の『文學界』の新人賞の選評がおもしろい - ノーミソ刺激ノートhttps://t.co/OxLmLdMJTS
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)