トップページ > 公募新人賞一覧 > 文學界新人賞 > 一括表示

文學界新人賞

文學界新人賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文學界新人賞(ぶんがくかいしんじんしょう)は、 文藝春秋が発行する文芸雑誌『文學界』の公募新人賞である。年に1度募集され、受賞作は『文學界』5月号に掲載される。受賞者には賞金50万円と記念品が与えられる。規定枚数が400字詰原稿用紙で70 - 150枚と、他の純文学系文芸誌が主催する新人文学賞と比べて短めであることが特徴的である。毎年9月末日が締切日。ウェブサイトでの応募も受け付けている。
純文学系の新人賞には他に、群像新人文学賞、新潮新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。

第115回2012年(応募総数:2223)

文學界新人賞

文學界新人賞

第114回2012年(応募総数:1650)

文學界新人賞

第113回2011年(応募総数:1985)

文學界新人賞

文學界新人賞

第112回2011年(応募総数:1778)

文學界新人賞

文學界新人賞

第111回2010年(応募総数:2052)

第110回2010年(応募総数:1639)

文學界新人賞

文學界新人賞

第109回2009年(応募総数:2008)

文學界新人賞

花村萬月・松浦理英子特別賞

第108回2009年(応募総数:1594)

文學界新人賞

第107回2008年

文學界新人賞

文學界新人賞

第106回2008年

文學界新人賞

第105回2007年

文學界新人賞

辻原登奨励賞

島田雅彦奨励賞

第104回2007年

文學界新人賞

文學界新人賞

第103回2006年

文學界新人賞

文學界新人賞

第102回2006年

文學界新人賞

島田雅彦奨励賞

第101回2005年

文學界新人賞

辻原登奨励参考作

第100回2005年

文學界新人賞

  • 該当なし

辻原登、松浦寿輝奨励賞

第99回2004年

文學界新人賞

島田雅彦奨励賞

第98回2004年

文學界新人賞

佳作

第97回2003年

文學界新人賞

第96回2003年

文學界新人賞

第95回2002年

文學界新人賞

  • 該当なし

佳作

第94回2002年

文學界新人賞

文學界新人賞

第93回2001年

文學界新人賞

  • 該当なし

文學界新人賞

第92回2001年

文學界新人賞

文學界新人賞

第91回2000年

文學界新人賞

島田雅彦奨励賞

第90回2000年

文學界新人賞

  • 該当なし

辻原登奨励賞

第89回1999年

文學界新人賞

  • 該当なし

第88回1999年

文學界新人賞

文學界新人賞

第87回1998年

文學界新人賞

  • 該当なし

奥泉光・島田雅彦奨励賞

第86回1998年

文學界新人賞

第85回1997年

文學界新人賞

島田雅彦・山田詠美奨励賞

第84回1997年

文學界新人賞

第83回1996年

文學界新人賞

文學界新人賞

第82回1996年

文學界新人賞

  • 該当なし

島田雅彦・辻原登奨励賞

第81回1995年

文學界新人賞

文學界新人賞

奥泉光、山田詠美奨励賞

第80回1995年

文學界新人賞

第79回1994年

文學界新人賞

第78回1994年

文學界新人賞

第77回1993年

文學界新人賞

文學界新人賞

第76回1993年

文學界新人賞

第75回1992年

第74回1992年

文學界新人賞

文學界新人賞

第73回1991年

文學界新人賞

第72回1991年

文學界新人賞

第71回1990年

文學界新人賞

第70回1990年

文學界新人賞

第69回1989年

文學界新人賞

文學界新人賞

第68回1989年

文學界新人賞

第67回1988年

文學界新人賞

文學界新人賞

第66回1988年

文學界新人賞

文學界新人賞

第65回1987年

文學界新人賞

第64回1987年

文學界新人賞

文學界新人賞

文學界新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

文學界新人賞関連つぶやき

yurubngkbot九州芸術祭文学賞公益財団法人九州文化協会が九州・沖縄各県、福岡市・北九州市・熊本市の3政令指定都市との共催で運営、公募する新人賞である。応募資格は九州(沖縄を含む)在住者に限られる。受賞作は『文學界』4月号に掲載されるともに、作品集が刊行される。1970年(S45)~現在
juurijurio12月9日曇り。娘と本屋さんに。藤野可織さんのデビュー作の入った、いやしい鳥、を買った。文學界新人賞受賞だけど河出文庫ででてた。中村文則さんの銃、も同じパターンか。あっちは新潮。体調が悪くて家で本の整理を午前はしてた。 https://t.co/5VLUmc90FJ
orionaveugle・長崎健吾「故郷と未来」(群像新人評論賞受賞作)・佐々木敦「FOR YOUR EYES ONLY――映像作家としてのアラン・ロブ=グリエ」(「文學界」)
tomaru0614文學界新人賞今年のはあまりにもレベルが低すぎて受賞作0だったらしいし、毎回低いところの争いらしいから私が受賞する確率も1%くらいある
respect_rimbaud値段的にはIWC)プティ・プランスだな。来年の4月、多分文學界新人賞は落選しているだろうから、気合い入れにその時買おう。
Raise_40962006年文學界新人賞受賞作の木村紅美『風化する女』がすごく良かったので感想を書きました。一見素朴な弔いの物語なんだけれど、細やかで丁寧な細工が美しい。極々ありふれた話なのに泣いてしまう。短い本なので、ぜひ/彼岸行きの切符 木村紅… https://t.co/URDlNhmBvp
arisaemaurashi一応、文芸春秋社の文學界新人賞に応募しました。発表は来年春です。まだまだ修行不足ですから、受賞は無理かもですが。発表されたら、落選作をnoteにアップする予定です。みなさん、よろしくお願いします。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)