トップページ > 公募新人賞一覧 > 文學界新人賞 > 一括表示

文學界新人賞

文學界新人賞の情報(応募要項・歴代受賞作・歴代受賞作家・ニュース・つぶやき等)をまとめています。投稿の傾向分析、購入する書籍の選択等にご利用ください。
作家名の後ろについている数字は本サイト上における受賞データ数(一部の賞は候補含む)を示しています。ジャンルは参考程度でお考えください。

書籍画像をクリックするとAmazonの該当ページを表示します。

Wikipediaによる概要

文學界新人賞(ぶんがくかいしんじんしょう)は、 文藝春秋が発行する文芸雑誌『文學界』の公募新人賞である。年に1度募集され、受賞作は『文學界』5月号に掲載される。受賞者には賞金50万円と記念品が与えられる。規定枚数が400字詰原稿用紙で70 - 150枚と、他の純文学系文芸誌が主催する新人文学賞と比べて短めであることが特徴的である。毎年9月末日が締切日。ウェブサイトでの応募も受け付けている。
純文学系の新人賞には他に、群像新人文学賞、新潮新人賞、すばる文学賞、文藝賞、太宰治賞などがある。

第115回2012年(応募総数:2223)

文學界新人賞

文學界新人賞

第114回2012年(応募総数:1650)

文學界新人賞

第113回2011年(応募総数:1985)

文學界新人賞

文學界新人賞

第112回2011年(応募総数:1778)

文學界新人賞

文學界新人賞

第111回2010年(応募総数:2052)

第110回2010年(応募総数:1639)

文學界新人賞

文學界新人賞

第109回2009年(応募総数:2008)

文學界新人賞

花村萬月・松浦理英子特別賞

第108回2009年(応募総数:1594)

文學界新人賞

第107回2008年

文學界新人賞

文學界新人賞

第106回2008年

文學界新人賞

第105回2007年

文學界新人賞

辻原登奨励賞

島田雅彦奨励賞

第104回2007年

文學界新人賞

文學界新人賞

第103回2006年

文學界新人賞

文學界新人賞

第102回2006年

文學界新人賞

島田雅彦奨励賞

第101回2005年

文學界新人賞

辻原登奨励参考作

第100回2005年

文學界新人賞

  • 該当なし

辻原登、松浦寿輝奨励賞

第99回2004年

文學界新人賞

島田雅彦奨励賞

第98回2004年

文學界新人賞

佳作

第97回2003年

文學界新人賞

第96回2003年

文學界新人賞

第95回2002年

文學界新人賞

  • 該当なし

佳作

第94回2002年

文學界新人賞

文學界新人賞

第93回2001年

文學界新人賞

  • 該当なし

文學界新人賞

第92回2001年

文學界新人賞

文學界新人賞

第91回2000年

文學界新人賞

島田雅彦奨励賞

第90回2000年

文學界新人賞

  • 該当なし

辻原登奨励賞

第89回1999年

文學界新人賞

  • 該当なし

第88回1999年

文學界新人賞

文學界新人賞

第87回1998年

文學界新人賞

  • 該当なし

奥泉光・島田雅彦奨励賞

第86回1998年

文學界新人賞

第85回1997年

文學界新人賞

島田雅彦・山田詠美奨励賞

第84回1997年

文學界新人賞

第83回1996年

文學界新人賞

文學界新人賞

第82回1996年

文學界新人賞

  • 該当なし

島田雅彦・辻原登奨励賞

第81回1995年

文學界新人賞

文學界新人賞

奥泉光、山田詠美奨励賞

第80回1995年

文學界新人賞

第79回1994年

文學界新人賞

第78回1994年

文學界新人賞

第77回1993年

文學界新人賞

文學界新人賞

第76回1993年

文學界新人賞

第75回1992年

第74回1992年

文學界新人賞

文學界新人賞

第73回1991年

文學界新人賞

第72回1991年

文學界新人賞

第71回1990年

文學界新人賞

第70回1990年

文學界新人賞

第69回1989年

文學界新人賞

文學界新人賞

第68回1989年

文學界新人賞

第67回1988年

文學界新人賞

文學界新人賞

第66回1988年

文學界新人賞

文學界新人賞

第65回1987年

文學界新人賞

第64回1987年

文學界新人賞

文學界新人賞

文學界新人賞関連記事(ニュース、インタビュー、書評等の外部リンク集)

文學界新人賞関連つぶやき

dokushosalon【中編】吉田修一著『最後の息子』新宿のバーで働く閻魔ちゃんと同棲しながら、ガールフレンドとの関係も続けている、ぼく。ビデオ日記の記録をめぐりながら、青春の日々を描く。第84回文學界新人賞受賞の表題作ほか2編。 https://t.co/kLK2lrqy3Q
Ry_Kamiyama※訂正です。文學界新人賞投稿エピソードで紹介した登場人物の元ダンサーのイメージ像は、菅沼小春さんではなく、菅原小春さんの間違いでした。失礼しました。
J870BdB9ygRx1Sc@the134340th 文學界新人賞、共に頑張りましょう!
night_figh@kisima1220yui あれ?!今調べてみたら、あの2人は芥川賞じゃなくて文學界新人賞だった!
cossack70学生時代によく読んだ鷺沢萠。私より2歳上、上智大ロシア語科ということもあり、親近感を覚えた。18歳で文學界新人賞を受賞。最年少。社会人になって遠ざかっていたが、頭のどこかに鷺沢萠の小説があった。先日、「新潮文庫の新刊」と帯… https://t.co/4z1KHHyTdC
nevilleodod世界でもっとも深い迷宮 Kindle Single 円城塔 物語生成プログラム 104回文學界新人賞 北海道札幌市生まれ 32回野間文芸新人賞 146回芥川龍之介賞受賞 3回早稲田大学坪内逍遙大賞奨励賞 Award, specia… https://t.co/wmCN2vqGg6
yoshinarism芥川賞は原則として「文藝、新潮、文學界、群像、すばる」の5つの文芸誌=レーベルに掲載された作品から選出される(例外はある)。新人作家の賞という暗黙の位置付けはあったが近年はそうでもない。直木賞は大衆小説がメインだが選考基準は不透明な印象。まぁ話題づくりだろうな。
同一ジャンルの賞
現在話題の小説ランキング
現在話題の作家ランキング
広告
新刊売上ランキング
(書名はAmazonリンク)
現在話題の賞ランキング
最新小説ニュース
(外部リンク)
ブログ(更新履歴等)